DevLOVE現場甲子園2014 東日本大会 一回表

>100 Views

March 24, 22

スライド概要

profile-image

木村 卓央(Takao Kimura) 合同会社カナタク 代表社員/アジャイルコーチ 2003年頃にアジャイルに出会い、アジャイルコミュニティへの参加を通してアジャイルを学び。個人や小さいチームでアジャイルの実践を行ってきた。 2009年よりスクラムマスターとして経験を積み、2012年にはアジャイルコーチとして、他社へのアジャイル導入支援や、アジャイル研修などを行っている。 LeSS Study主催 Agile Discussion!!主催 Fearless Change アジャイルに効くアイデアを広めるための48のパターン 共訳 大規模スクラム Large-Scale Scrum(LeSS) アジャイルとスクラムを大規模に実装する方法 共訳

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

一回表 隊トラック スクラム導入の勘所 リアルな現場と学びの話しをしよう ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

2.

自己紹介 アジャイルコンサルタント KIMURA 木村 Takao 卓央 認定スクラムマスター/認定スクラムプロダクトオーナー/認定スクラムデベロッパー スクラムギャザリング東京  2011  コンテンツ委員 スクラムアライアンスリージョナルギャザリング東京2013-2014  実行委員 アジャイルサムライ  横浜道場主催 PMIアジャイル研究会準備委員会 スクラム道 TOCfE横浜塾主催 @tw_takubon http://facebook.com/kimura.takao http://about.me/tw_takubon ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

3.

自己紹介 n SIer時代 (96~05) l 大手メーカー系の受託開発 l プログラマー〜プロジェクトリーダー n フリーランス時代(05~09) l 証券系システム会社で保守開発 n アットウェア時代(09~14) l アジャイル推進室設立 n カナタク時代(14~ l アジャイルコーチとして独立 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

4.

©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. http://about.me/tw_takubon

5.

アジャイルサムライ横浜道場 9/9 横浜市西区公会堂第2会議室 「ユーザーストーリーを集める」の章をやります http://bit.ly/yokohama_dojo ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

6.

TOCfE 横浜塾 9/16 横浜の“味蕾亭”にて もやもや解消 「クラウド編」その2 https://www.facebook.com/groups/yokohama.juku/ ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

7.

スクラム(アジャイル開発プロセス)を導 入してる? 既に導入しています 8人 これから始める or 始めたい 9人 いつかは・・・ 5人 その他 0人 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. 24人中 2014/08/23 DevLOVE甲子園 1回表 チーム隊調べ

8.

なぜ?始めるきっかけは何ですか? 上の人に言われた 1人 良いプロセスだと思い 自分(メンバー)から始めたいと言った 13人 その他 0人 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. 24人中 2014/08/23 DevLOVE甲子園 1回表 チーム隊調べ

9.

アジャイル導入理由 重要でない やや重要 重要 とても重要 市場投入までの時間短縮 優先順位を管理する ITとビジネスの目標を揃える 生産性を高める ソフトウェアの品質を高める プロジェクトの可視化 リスクを減らす 開発プロセスの簡素化 コスト削減 ソフトウェアの保守性・拡張性を高める チームの士気を高める エンジニアの規律を増やす・改善する 分散したチームを管理する ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. 7th ANNUAL STATE of AGILE DEVELOPMENT SURVEY 9

10.

早いの〜うまいの〜安いの〜 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

11.

どうやって始めましたか? 書籍などを読んで自力で 8人 アジャイルコーチに来てもらいました ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. 0人 24人中 2014/08/23 DevLOVE甲子園 1回表 チーム隊調べ

12.

©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. https://www.timeticket.jp/items/1095

13.

SOUND ONLY 01 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

14.

要望は曖昧なままで良いと言う誤解 イノベーションは、カオスと秩序が、柔軟性と安定性が、 均衡している領域からもっとも⽣生まれやすい。 <中略> イノベーションを得るためには、カオスの縁でバランスを 取らなくてはならない。 2004 アジャイルプロジェクトマネジメント P20 Jim Highsmith 訳:平鍋健児 高嶋優子 小野剛 スクラムでは、要件と計画を事前に正確に⼿手に⼊入れる事はできないとする。 だからと⾔言って、要件定義やプランニングの作業を事前に⾏行わないの だろうか?  そんなことはない!  スクラムでは、バランスを⾒見いだそうと する。つまり、予⾒見的な事前の作業と、適応型のジャストインタイムの 作業との間でバランスを取ろうとするのだ 2014 エッセンシャルスクラム P43 Kenneth S. Rubin 訳:岡澤裕二 角征典 高木正弘 和智右桂 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

15.

SOUND ONLY 02 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

16.

スクラムの理論 n 3本柱 Ø 透明性 Ø 検査 Ø 適応 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. flickr - isawnyu 16

17.

私がスクラムを開始する際に注意してる こと ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. https://www.flickr.com/photos/wanaku/5025005729

18.

スクラムを開始する前に実施すること n エンビジョニング l インセプションデッキ作成 n スクラム開発プロセスの準備 l ストーリー収集 Ø 優先順位の高いものは分割・詳細化 l スプリント期間 l スクラムイベントの曜日・時間 l 完了の定義 n その他 l 研修 l ワーキングルール l スターマップ ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

19.

上手く立ち上がれないと ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. https://www.flickr.com/photos/miguelnavaza/7808163644

20.

上手く立ち上がれると次のボトルネックが見えてくる ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. https://www.flickr.com/photos/miguelnavaza/7808142160

21.

今日、お話したこと n 2つの事例 l 要望は曖昧なままでは進める事は困難。優先順位 の高いストーリーは、詳細化する l スクラムの3本柱 Ø 透明性 Ø 検査 Ø 適応 n スクラムを始める前の準備は重要 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.