6-1 末梢神経系

>100 Views

November 08, 23

スライド概要

https://note.com/kohakudo589

profile-image

「くすりのことをわかりやく、基本から臨床まで」 をモットーに、初学者向けの薬情報をまとめています。 資料は、薬剤師が作成しています

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

6-1 末梢神経系 末梢神経系に作用する薬

2.

末梢神経系 自律神経 中枢 臓器 遠心性神経 無意識的に働き、呼吸・循環・体温・消化など の生命活動の維持に関わる 交感神経 副交感神経 ON OFF アクセル‥“闘争か逃走か” ブレーキ‥“休養と栄養” 体性神経 感覚神経 中枢 感覚受容器 求心性神経 受容器で捉えた感覚情報を脳に伝える 運動神経 中枢 骨格筋 遠心性神経 大脳からの運動指令を骨格筋などへ伝える

3.

末梢神経系

4.

神経伝達物質と受容体 • ACh の受容体は、ニコチン受容体 とムスカリン受容体に大別される アセチルコリン ACh ニコチン 受容体 NN 神経節 NM 骨格筋 ノルアドレナリン NA α1 標的 臓器 β1 β2 ムスカリン 受容体 M • NA の α 受容体と β 受容体に大別さ れる • さらに細かく分けられる→サブタイプ 標的臓器 β3 特定の種類の受容体 特定の臓器に存在 薬物によって受容体の選択性が異なる

5.

自律神経系の原則 ① 自律性支配 無意識(自律的に)標的器官を調 節する ② 二重支配 一つの標的器官は、交感神経と 副交感神経の両方から支配される ③ 拮抗支配 同じ器官に対して、交感神経と 副交感神経は拮抗的に作用する (逆の作用) 原 則 交感神経 動け! NA β1 休め! M2 ACh 副交感神経

6.

ON OFF

7.

神経終末での情報伝達 刺 激 伝 導 NT, 神経伝達物質 合成 NT 再取り込み トランス ポーター シナプス小胞 自己 受容体 分解 分泌 酵素 受容体 刺激 受容体 細胞内反応

8.

神経系に作用する薬物の機序 神経の作用を 強める薬 刺 激 伝 導 NT, [5]再取り 神経伝達物質 合成 込み阻害薬 NT トランス ポーター シナプス小胞 自己 受容体 放出促進 再取り込み 分解 分泌 酵素 [1]受容体 作動薬 受容体 刺激 受容体 細胞内反応 [3]分解酵 素阻害薬

9.

神経終末での情報伝達 神経の作用を 弱める薬 [6]自己 受容体作 動薬 刺 激 伝 導 NT, 神経伝達物質 合成 NT トランス ポーター シナプス小胞 自己 受容体 自己受容体 ‥NT放出を抑制している 抑制系を作動させる =作用を弱める 分解 分泌 受容体 刺激 再取り込み 酵素 受容体 細胞内反応 [2]受容体 遮断薬