20231210_日本看護科学学会2023_交流集会

254 Views

December 11, 23

スライド概要

profile-image

K-DiPSを開発しています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

第43回日本看護科学学会学術集会 交流集会:C000588 2023年12月10日(日)9時40分〜10時40分 災害時要支援者からのSOS発信と 事業所による安否確認及びBCP作成機能を ® 実装したK-DiPS BCP 中井寿雄1) 中井有里1) 板谷智也2) 松本祐佳里3) 長谷川珠代3) 1)高知県立大学看護学部 2)宮崎大学医学部看護学科 3)福岡大学医学部看護学科 1

2.

Agenda for the Meeting 1.K-DiPS SoloとK-DiPS BCPの紹介 2.ディスカッション・質疑応答

3.

アプリ開発の背景 2018年西日本豪雨:電源が残り少なく死を覚悟 • 自衛隊救助ボートには「人工 呼吸の人は乗せられない」 • 一般の救助ボートに助けられ たまひよOnline https:// news.yahoo.co. jp/articles/ e5a478e2f6bf 16963529fd4 d007c15e114 8d55fb? page=1 難を逃れられた 2019年千葉県で64万戸停電 9/9から9/24(約2週間) 9/9から9/ 24(約2週間)、 千葉県で約64万 戸 東京新聞Web版 2019年9月14 日 経済産業省 R1 • 台風15号: 20時間が限界 • 重身施設に駆け込み危機を https:// www.meti.go.jp/ shingikai/ sankoshin/ hoan̲shohi/ denryoku̲anzen /pdf/ 021̲01̲00.pdf 免れた 3

4.

2021年より個別避難計画の作成が努力義務に 内閣府 https://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/r03/101/news̲02.html 読売新聞 https://www.bosai.yomiuri.co.jp/biz/article/3957 4

5.

自己目的化の罠 • つまり、手段の目的化! ➡ 個別計画を作ることが目的になっていないか? • 内閣府の図に従って、「紙で聞き取り→Excelに入力→印刷→ 要支援者に確認→印鑑→コピー→配布」している ➡ 他者に個人情報を託すことで、緊急時の個人情報開示に時間 を要する ➡ 多くのプレーヤーの共助という名の助け(ほぼ無償で)が必 要なスキーム→実行可能性と持続可能性は??? 5

6.

個別避難計画の実行性と持続可能性を担保するには? • • • 災害時に持病の情報を正確に伝えることは難しい 自治体に個人情報を託すことで、開示の手続きに時間を要する スマートフォン(スマホ)は常に携帯している ↓ 仮説1:自分のヘルスケアデータを支援者と共にスマホに入力し ておくことで、災害時に正確かつ迅速に伝えられるのではない か? 仮説2:スマートフォンに入力した内容をPDF化することで個別 避難計画としての活用が可能ではないか?

7.

® K-DiPS Solo スマホはいつでも持っている! 自己情報管理アプリ 7

8.

2023年11月にPDF化機能を実装しました! ® K-DiPS Soloの情報をPDFに変換 K-DiPS® Solo 自分の判断で 開示! PDFに変換 • • • スマホに自己情報を入力し管理 個別避難計画として活用 紙媒体で PDF化→プリントして停電に備える バックアップ 8

9.

例えば、医療情報 K-DiPS Soloの項目 1.本人情報 2.支援者情報 3.ADL 4.医療情報 5.バイタルサイン 6.自由記載 9

10.

面倒な入力は回避し写真で保存! タップ! カメラ起動 10

11.

App Store, Google Playよりダウンロード! https://apps.apple.com/jp/app/k-dips-solo/id1539857534 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.ipublishing.k̲dips.solo&hl=ja&gl=US 11

12.

PDFをプリントアウト! この用紙がそのまま個別避難計画、自己情報提供書に! 開発中のPDF機能をスクショしたものです。正式リリース時と内容やレイアウトが異なる場合があります。 12

13.

K-DiPS Soloで情報を管理したとしても ® K-DiPS Soloユーザーの避難先が わからなければ支援できない! • 東日本大震災や熊本地震の被災後に、医療的ケア児・者がど こにいるかわからず支援が遅れた(NHK、2016) 。 • 医療的に脆弱な人々は、一般避難所には避難しない(Dostal, 2015; Nakai et al, 2016; Matsumoto et al, 2022) ➡ 仮説3:平時からクラウドを介してつながっておけば迅速な 居場所確認と適切な介入に寄与するのではないか? 13

14.

® K-DiPS BCP クラウドを介して 支援者とつながる! 14

15.

スマホ・PC連携 (本人情報・支援者情報・自由記載) K-DiPS Solo S K-DiP • • BCP K-DiPS SoloからK-DiPS BCPに連携申請 本人情報、支援者情報、自由 記載がクライドを介して共有 される 15

16.

自動作成 優先対応者順に安否確認リスト ☆の数で優先度をソート ↓ 16 K-DiPS Soloの未利用者でも、 リストは手入力で作成が可能

17.

安否確認機能 • • メッセージを入力し送信 災害の危険が迫っ たときに事業所か ら安否確認 複数人への一斉送信も可能 被災後の居場所の 把握 ➡ 居場所が分かれば 迅速な支援、物資 の供給が可能 受信時は安否確 認を知らせる ポップアップ メッセー ジを入力 して応答 17

18.

2023年8月台風6号による沖縄の停電 医療的ケア児の被害 NHK NEWS WEB NHK バッテリー不足で救急搬送 • • 蓄電池でしのいでいたが、残量が 少なく救助要請 https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20230802/5090024298.html • 琉球新報 エアコンが停止して脱水や熱中症 のリスク • ガソリンスタンドが営業しておら ず発電機の燃料切れの恐れ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230804/k10014152531000.html 18 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1758655.html

19.

SOS発信機能 • • 停電時だけでなく、緊急時に使用 • 使用しなくても安心が得られる 支援者と運用と取り決めておき、日頃 から訓練実施 登録者全員にメールが送信される! 19

20.

社会実装の状況 ® PDF化によりK-DiPS Soloの活用を検討 • • • • • • 浜松市発達医療総合福祉センター友愛のさと診療所 いろどり訪問看護リハビリステーション 訪問看護ステーションI Am デイサービスセンター幸のつどい 南国中央病院 レインボー高知他、各地の家族会など K-DiPS® BCPの先行利用事業所 • • • 熊本大学病院小児在宅医療支援センター(熊本県医療的ケア児支援センター) 長野県児童発達支援センターにじいろキッズらいふ 高知中央訪問看護ステーション 災害対策として導入検討中 • • 奈良県土庫病院大腸肛門センター(オストメイトの災害対策) 芸西病院リハビリテーション部(発達障害児の災害対策:避難対策で共同研究中) 20

21.

お問い合わせ お気軽にご連絡ください 高知県立大学看護学部 中井寿雄 電話 088-847-8576(直通) E-mail: nakai̲[email protected] 21