3DモデルとPower BIの悪魔合体 「建物みえるくん」をつくってみた!

26.7K Views

May 18, 23

スライド概要

2023/4/21に実施されたHololab Conference 2023のセッションスライドです。

■セッションアーカイブはこちら
https://youtube.com/playlist?list=PLcIuMEVR3eYfERlJDNtlGCdLKFFBjC9Ap

ーーー
■公式HP
https://hololab.co.jp/

■公式Twitter
https://twitter.com/HoloLabInc

profile-image

ホロラボです Unityを使用したHoloLensのアプリ開発を中心にしています。 最近では建設業でのBIMデータ、製造業でのCAD データ、空間の3Dスキャン(点群データやメッシュデータ)も扱っています。 物理世界とデジタル世界をどのように連携するか。ということを日々考えています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

3DモデルとPower BIの悪魔合体 「建物みえるくん」をつくってみた! 2023/4/21 HoloLab Conference 2023 株式会社ホロラボ AECグループ Silver Bullet Club Image by Pete Linforth from Pixabay

2.

BIMとは?

4.

Autodesk

5.

BIM DIMENSIONS 3D モデリング 4D 計画 5D コスト分析 6D 持続可能性 7D ライフサイクル、施設管理 8D 安全、リスク分析 9D 無駄のない建設 10D 生産性の向上 https://biblus.accasoftware.com/en/bim-dimensions/

6.

目の前の話 - 紙からデータへ - 3Dモデリング - 見える化 Big Picture - DX - BIM標準ガイドライン - ISO19650

7.

目の前の話 - 紙からデータへ - 3Dモデリング - 見える化 Big Picture ギャップ - DX - BIM標準ガイドライン - ISO19650

8.

BIMはちいさくはじめるのが難しい Photo by Jukan Tateisi on Unsplash

9.

現場レベルの情報が流通していない Photo by Andrzej Suwara on Unsplash

10.

よろしい、ならば自分たちからオープンにしよう!

11.

3DモデルとPower BIの悪魔合体 「建物みえるくん」をつくってみた! 2023/4/21 HoloLab Conference 2023 株式会社ホロラボ AECグループ Silver Bullet Club Image by Pete Linforth from Pixabay

12.

Silver Bullet Club 株式会社ホロラボ AECグループ チーム転職2回 IT 製造業 XR(建設業) 及部 敬雄 佐藤 竜也 宮崎 剛太 @TAKAKING22 @satoryuofficial @gmya_zaki

13.

建設のプロジェクトの中で出てくるBIM 3Dモデルの BIM データのBIM

17.

3Dモデル (旧Forge Viewer) ダッシュボード

18.

建物みえるくんのユースケース 部屋を特定する 部屋に関連した 情報を調べる アクションをする

19.

建物みえるくんのユースケース 現在 部屋を特定する 部屋に関連した 情報を調べる 平面図 設計図書 施工図書 アクションをする

20.

建物みえるくんのユースケース 現在 部屋を特定する 部屋に関連した 情報を調べる 平面図 設計図書 施工図書 3Dモデル ダッシュボード アクションをする

21.

建物みえるくんの価値 複数の書類を調べなくても1つの画面で完結する 経験を積まなくても検索すれば欲しい情報を得ることができる Webブラウザさえあればどこからでも情報にアクセスできる

22.

建物みえるくんのシステム構成図

23.

BIM × BI 3Dモデルはあくまでユーザインタフェースの選択肢の1つ 他のデータソースと関連付けていく ターゲットとなるユーザーや問題に合わせて、 必要なダッシュボードを横に並べていく

26.

Silver Bullet Clubの 次回作をご期待ください!! Fin.

29.

自然言語で 建物に関する情報を 問い合わせる

30.

自然言語で 回答が返ってくる

31.

建物みえるくん改の仕組み + LangChain

32.

注意すべき点 実運用に乗せるにはまだ心許ない - レスポンスの精度 - 扱えるデータサイズ

33.

BIM × AI 自然言語で問い合わせることができるという強力さ 回答の精度や扱えるデータサイズは確実に向上していく 仕事のパートナーとしての可能性 音声入力との親和性

34.

BIM×BI BIM×AI

35.

システム中心でみたときのBIM Autodesk

36.

システム中心でみたときのBIM どういう機能があるのか 3Dモデルなのかデータベースなのか

37.

人間中心でみたときのBIM https://www.autodesk.com/autodesk-university/de/class/BIMniyorufurosesugaigenosume-ISO19650niokeruRevittoBIM360noxiaoguodehuoyongshu-2021

38.

人間中心でみたときのBIM 誰がいつどのように関わっているのか 業務プロセス どのような問題があるのか その問題を解決するとなにが嬉しいのか

39.

建物、関わる人、リソース、時間

41.

+ +

42.

+ データを貯める 見せる +

43.

データを貯める どのように見せるかと同じくらい、 どのようにデータを貯めるかは重要である データ基盤があることでさまざまな打ち手をうてるようになる さまざまな打ち手をうつことで、 どのようなデータを貯めればよいかがわかってくる

44.

BIMの未来をつくりにいく Photo by Sebastien Gabriel on Unsplash

45.

BIMの未来をつくりにいく 実在するユーザーの課題を解決する BIMがあるから嬉しいことを増やしていく 小さくてもいいので BIMライフサイクルのフィードバックループをまわす

46.

BIMの未来をつくりにいく 実在するユーザーの課題を解決する BIMがあるから嬉しいことを増やしていく 小さくてもいいので BIMライフサイクルのフィードバックループをまわす BIMに関する会社や組織を越えたオープンな情報交換の場

47.

https://bim-brasto.connpass.com/

48.

PoCの向こう側に共に行きませんか? Photo by Lucas Clara on Unsplash