オープンソースプロジェクト「Project Spirare」で始めるノーコード AR コンテンツ開発

0.9K Views

May 16, 24

スライド概要

2024/4/18に実施されたHololab Conference 2024のセッションスライドです。

■セッションアーカイブはこちら
https://www.youtube.com/playlist?list=PLcIuMEVR3eYegP17SKG_UPgERmmGStEr_

ーーー
■公式HP
https://hololab.co.jp/

■公式Twitter
https://twitter.com/HoloLabInc

profile-image

ホロラボです Unityを使用したHoloLensのアプリ開発を中心にしています。 最近では建設業でのBIMデータ、製造業でのCAD データ、空間の3Dスキャン(点群データやメッシュデータ)も扱っています。 物理世界とデジタル世界をどのように連携するか。ということを日々考えています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

オープンソースプロジェクト 「Project Spirare」で始める ノーコード AR コンテンツ開発 株式会社ホロラボ 古田 裕介 田野 哲也

2.

自己紹介 古田裕介 たるこす (@tarukosu) 株式会社ホロラボ Researcher 2

3.

自己紹介 た の てつ や 田野 哲也 ソフトウェアエンジニア Playful Fields すまのべ! Unityを中心にXR系コンテンツの 開発をやっています。 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 3

4.

Project Spirare 概要 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 4

5.

Project Spirare とは • ホロラボが開発を進めているオープンソースプロジェクト • AR コンテンツの作成と表示がノーコードで簡単に行える Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 5

6.

Spirare Editor と Spirare Browser Spirare Editor Spirare Browser PC 用コンテンツ作成アプリ 各種端末用コンテンツ表示アプリ Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

7.

2種類の配置方式 地理配置 空間配置 特定の場所 (マーカー, VPS マップなど) を基準として、 そこからの相対位置 (x, y, z) で オブジェクトの位置を指定 緯度・経度・高さ(楕円体高)で オブジェクトの位置を指定 3D都市モデルおよびPLATEAUオルソはProject PLATEAU で提供されるデータを利用 (https://www.mlit.go.jp/plateau/) 地形データは、測量法に基づく国土地理院長承認(使用)R3JHs 778を得て使用 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 7

8.

空間配置モードの Editor, Browser Spirare Editor Spirare Browser PC 用コンテンツ作成アプリ 各種端末用コンテンツ表示アプリ Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

9.

地理配置モードの Editor, Browser Spirare Editor Spirare Browser PC 用コンテンツ作成アプリ 各種端末用コンテンツ表示アプリ 3D都市モデルおよびPLATEAUオルソはProject PLATEAU で提供されるデータを利用 (https://www.mlit.go.jp/plateau/) 地形データは、測量法に基づく国土地理院長承認(使用)R3JHs 778を得て使用 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

10.

実機デモ(空間配置モード) • 空間配置の基準位置として QR マーカーを利用 Spirare Editor Spirare Browser Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 10

11.

デモ動画(地理配置モード) 3D都市モデルおよびPLATEAUオルソはProject PLATEAU で提供されるデータを利用 (https://www.mlit.go.jp/plateau/) 地形データは、測量法に基づく国土地理院長承認(使用)R3JHs 778を得て使用 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 12

12.

Spirare Editor, Browser を試すには 詳細な手順はブログ記事をご参照ください ・ Spirare Editor: ビルド済みアプリケーションをダウンロード可能 ・ Spirare Browser: 一度だけ Unity Editor でのビルドが必要 Project Spirare による AR コンテンツ作成 [AR Foundation, QR マーカー編] Project Spirare による AR コンテンツ作成 [AR Foundation, Geospatial API 編] Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 13

13.

Project Spirare の仕組み Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 14

14.

(再掲)Spirare Editor と Spirare Browser Spirare Editor Spirare Browser PC 用コンテンツ作成アプリ 各種端末用コンテンツ表示アプリ Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

15.

3D コンテンツ用フォーマット POML(ポムル) Spirare Editor PC 用コンテンツ作成アプリ Babylon.js を利用 Spirare Browser 3D コンテンツデータ POML モデルデータ 画像データ Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 各種端末用コンテンツ表示アプリ Unity を利用

16.

POML(ポムル) とは • Project Spirareで仕様を定義している 3D コンテンツのためのフォーマット • XML ベース • 特定のゲームエンジンに依存しない • 3D モデル、画像、動画などの表示位置を記述する • 個別のデータ自体は POML には含まず外部ファイルを参照する 3D コンテンツデータ POML モデルデータ (.glb) 画像データ (.png, .jpg) POML の仕様 <poml> <scene> <model src="./Whale.glb"> </model> <image src="./HoloLab.png"> </image> </scene> </poml>

17.

POML(ポムル) による拡張性 Spirare Browser (AR) Spirare Editor 3D コンテンツデータ Spirare Browser (VR) POML モデルデータ プログラムで生成 Web アプリケーション 画像データ カスタムアプリケーション 3D都市モデルおよびPLATEAUオルソはProject PLATEAU で提供されるデータを利用 (https://www.mlit.go.jp/plateau/) 地形データは、測量法に基づく国土地理院長承認(使用)R3JHs 778を得て使用 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 18

18.

Project Spirare 活用事例 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 19

19.

アプリ組込み:torinome AR VPSモード 地理配置モード torinome Webで地図上にオブジェクト配置 torinome ARで現地にて重畳表示 ※位置合わせはARCore Geospatial APIを利用 POML 読み込み torinome AR(iPadアプリ)にSpirareを組み込んでいるため、torinome APIが出力した POML形式のデータを読み込むだけで、現実へのCGの重畳表示を簡単に実現。 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 20

20.

アプリ組込み:観光案内ARアプリ 空間配置モード 歴史的建造物が並ぶ観光地向けの案内を行うためのARアプリ開発時、現地の街並み をスキャンした3Dモデルに対してSpirare Editorで各種オブジェクトの配置を実施。 実際のARアプリにもSpirareを組み込み、現地でのCGの重畳表示を実現。 ※VPSは他社ライブラリを使用 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 21

21.

提案活動:品川テクノロジーテラス 地理配置モード 2024年3月に開催された品川テクノロジーテラスで展示するコンテンツのイメージを 伝える際にSpirareアプリを活用。使用する予定の3DモデルをMR表示で見せることで 文字やイラスト以上にイメージを伝えることができ、コンテンツ案の早期確定に繋がった。 ※動画は実際に展示した完成品で、提案時にはない各オブジェクトの動きや演出が加えられている Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 22

22.

事前検証:Meta Quest 3 精度チェック 空間配置モード Meta Quest 3発売直後、デジタルミュージアムを閲覧するためのMRデバイスとして 採用可能か判断するため、オブジェクトを配置して質感や6DoF精度のチェックを実施。 Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 23

23.

おわりに Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 24

24.

おわりに • Spirare Editor と Spirare Browser を使うことでノーコードで AR コンテンツ開発ができる • 有償にて Spirare をベースとしたカスタムアプリ開発も可能です • ホロラボ社員またはお問い合わせフォームよりご連絡ください Project Spirare による AR コンテンツ作成 [AR Foundation, QR マーカー編] Project Spirare によるARコンテンツ作成 [AR Foundation, Geospatial API 編] Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved ホロラボお問い合わせフォーム 25