エンジニアが幸せな人生を過ごすための学び方、関わり方、あり方

5K Views

March 07, 21

スライド概要

DevLOVE関西 現場甲子園2015の発表資料

profile-image

最近はエバンジェリストに仕事が変わりました。 組み込みTDDも取り組んでいます

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

エンジニアが幸せな 人生を過ごすための 学び方、関わり方、あり方 コニカミノルタ株式会社 久保 明

2.

伝えたいこと 1

3.

エンジニアとしての幸せ 人生の幸せ 両方とりたい 2

4.

現実

5.

成長を感じれない 助け合えない イライラ

6.

理想 個人としての成長 チームの成長 心の安定 5

7.

学び方 関わり方 あり方 6

8.

自己紹介 7

10.

仕事内容 色のものさし 9

11.

仕事内容 組み込みソフト PCソフト サーバー管理 10

12.

仕事内容 ソフト開発全般 11

14.

家庭 3歳の娘 13

15.

家庭 馬鹿親 14

16.

学び方 15

17.

個人として成長したい 16

18.

大切なこと 本質を掴む 17

19.

読書 発表 勉強会 実践 18

20.

読書のコツ 質を高める 量を増やす 19

21.

読書のコツ 源流 優秀な人のオススメ書籍 20

22.

読書のコツ 目次を読む 知りたいことを明確に 21

23.

読書のコツ 全部読む 一度だけ 22

24.

読書のコツ 重要なところだけ 何度も 23

25.

勉強会 24

26.

知識の確認 25

27.

仲間を見つける 26

28.

参加した勉強会 DevLOVE関西 27

29.

参加した勉強会 テスト駆動開発による組込 みプログラミングの集い 28

30.

参加した勉強会 RxTStudy 29

31.

参加した勉強会 Effective C++ 読書会 30

32.

参加した勉強会 C++ のためのAPIデザイン 読書会 31

33.

参加した勉強会 スクラム道関西 32

34.

参加した勉強会 POMeetup 33

35.

参加した勉強会 京都DDD 読書会 34

36.

参加した勉強会 京都アジャイル勉強会 35

37.

参加した勉強会 継続的デリバリー読書会 36

38.

参加した勉強会 あーだCoder 37

39.

参加した勉強会 TDDBC 38

40.

参加した勉強会 AgileJapan 39

41.

参加した勉強会 Jenkins勉強会 40

42.

参加した勉強会 関西関数型道場 41

43.

参加した勉強会 Qt勉強会 42

44.

参加した勉強会 要求開発アライアンス 43

45.

参加した勉強会 派生開発カンファレンス 44

46.

参加した勉強会 SPIJapan 45

47.

参加した勉強会 PFP 46

48.

参加した勉強会 関西DDD.java 47

49.

参加した勉強会 デブサミ関西 48

50.

参加した勉強会 TOC関西 49

51.

参加した勉強会 XP祭り関西 50

52.

節操がない・・・ 51

53.

平日、ほぼ毎日勉強会 52

54.

土日は、プログラミング 53

55.

30歳以降で初参加 54

56.

いつからでも始められる 55

57.

きっかけ 高い志 56

58.

きっかけ 有名人に会いたい 57

61.

自分を満たそう 60

62.

実践 PF (プロジェクトファシ リテーション) 61

63.

朝会 状況確認、リズム 62 62

64.

タスクかんばん 達成感 63 63

65.

バーンダウン&計画づくり リズム、自発的行動 64 64

66.

ふりかえり 改善魂、リズム 65 65

67.

実践 XDDP 66

68.

XDDP 派生開発に特化 派生開発特有の問題に対応 3点セットの成果物 67 67

69.

実践 ZIPC(MDD) 68

70.

特定非営利活動法人組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会(SESSAME)事務局 話題沸騰ポット(GOMA-1015 型)要求仕様書 第7版より

71.

実践 ペアプログラミング 組込み環境でのTDD プランニングポーカー インセプションデッキ 70

72.

実践 Jenkins 71

73.

実践 最初はビルドだけ 72

74.

実践 単体テスト 静的解析 ドキュメント生成 メトリクス計測 73

75.

実践 Git RedMine 74

76.

実践 通信仕様⇒自動生成 75

77.

実践 定型業務は、自動化する 76

78.

実践 ペーパープロトタイピング 77

79.

原動力 高いモチベーション 78

80.

原動力 やりたい! 79

81.

自分を満たそう 80

82.

発表 派生開発カンファレンス 81

83.

発表 SPIJapan 82

84.

発表 ZIPCカンファレンス 83

85.

発表 AgileJapan 84

86.

無理な気がする? 85

87.

チームに伝えるのも発表 86

88.

関わり方 87

89.

チームとしての成長 88

90.

現実

91.

ノウハウが共有できない 自分のことで精一杯 できる人に仕事が集中

92.

解決策 91

93.

94.

95.

96.

97.

98.

99.

100.

101.

102.

103.

行動科学マネジメント 102

104.

特徴 能力 意思 やる気 103

105.

特徴 いつでも どこでも 誰でも 104

106.

特徴 行動に着目 105

107.

特徴 結果の差は行動の差 106

108.

良い結果が出ない原因 やり方がわからない 続け方がわからない 107

109.

よく見る例 設計しといて 仕様書書いておいて 108

110.

よく見る例 OJT 109

111.

よく見る例 放置プレイ 110

112.

昔 111

113.

泳げない人が多い 112

114.

今 113

115.

大体泳げる 114

116.

違いは? 115

117.

スイミングスクール 116

118.

段階的に教える 117

119.

「やり方」を教える 118

120.

やったこと 行動の差 文書化 説明 119

121.

チェックポイント MORS 120

122.

チェックポイント 具体性 121

123.

チェックポイント Measurable Observable Reliable Specific 122

124.

チェックポイント 計測できる 観察できる 信頼できる 明確化された 123

125.

≒DONEの定義 124

126.

共通言語 125

127.

具体例 「設計・実装・テストを して欲しい」 126

128.

具体例 既存コード 1. インターフェ イスを抽出す る 詳細設計書 過去機種資料 2. 変更要求仕 様書をレ ビューする 仕様マップ 4. テスト仕様書 レビューする 5. インターフェ イスを実装す る ビジネスロジック 変更要求仕様書 7. 内部データを 実装する 3. 内部データを 抽出抽出 変更箇所抽 出 製品コード 単体テスト コード テスト仕様書 9. 単機能テスト をする 6. 詳細設計書 をレビューす る 8. コードレ ビューをする 127

129.

具体例 既存コード 1. インター フェイスを 抽出する 過去機種資料 ビジネスロジック 変更要求仕様書 128

130.

具体例 知識レベルによる細分化 入力と出力を明記 全体像の記載 129

131.

継続のコツ 意思力 130

132.

継続のコツ フィードバック 131

133.

フィードバック 行動特性 132

134.

フィードバック 行動後の結果 により継続 133

135.

フィードバック PST 134

136.

フィードバック Positive Sokuji Tashika 135

137.

給料 136

138.

ポジティブ 後で 不確か 137

139.

ビール 138

140.

ポジティブ 即時 確か 139

141.

具体例 相談されたい 140

142.

具体例 チーム: 「ディスプレイ 大きいのが欲しい」 私:「上司に掛け合いま しょう」 141

143.

具体例 「上司居なかったから 見つけるまで待つ」 142

144.

具体例 「上司居なかったわ」 143

145.

60秒以内 144

146.

あり方 145

147.

「あり方」に問題があると 幸せを感じられない 146

148.

「あり方」 147

149.

前提 姿勢 思い込み 148

150.

成長することは いいことだ 149

151.

成長しないことは 悪いことだ 150

152.

成長することは 楽しいことだ 151

153.

「やったらよろしやん」 152

154.

「え。でも」 「やりたいんでしょ?」 「え。でも」 平行線 153

155.

前提の違い 154

156.

大変なことになる 155

157.

大丈夫 156

158.

CAUTION!:いい人限定

159.

迷惑かけてはいけない

160.

迷惑かけてもいい 159

161.

頑張ってる「のに」 うまくいかない 160

162.

頑張ってる「から」 うまくいかない 161

163.

感謝できてます? 162

164.

無理して 頑張ってると感謝できない 163

165.

あなたの迷惑は、 迷惑じゃない 164

166.

あなたのがんばりが迷惑 165

167.

あなたの苦手なことを 得意な人がいる 166

168.

具体例 ガントチャート作るの苦手 167

169.

具体例 「それ、私やりますから 設計手伝ってください」 168

170.

具体例 ガントチャート: 早く出来た 設計: 良い物ができた 169

171.

具体例 頑張る=成長を阻害 170

172.

前提の変え方 気づくと一瞬 怖いまま、やってみる 171

173.

迷惑かけて感謝しよう 172

174.

タブーに挑戦しよう 173

175.

怖さの先に新しい世界 174

176.

まとめ 学び方 関わり方 あり方 175

177.

最後にもうひとつ 176

178.

誰と重要 177

179.

人生に占める仕事の割合 178

180.

「誰と」は自分で決められない 179

181.

ご縁 180

182.

リーダーはメンバーの人生 を預かってる 181

183.

「あなたと働けて よかった」 182

184.

Thank you very much! 183

185.

参考文献 マンガでよくわかる 教える技術2 <チームリーダー編> マンガでよくわかる 教える技術 8割の「できない人」が「できる人」に 変わる! 行動科学マネジメント入門 短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント 184