ScrumFestMikawa2023_アジャイルのライトウィングとレフトウィング

0.9K Views

September 16, 23

スライド概要

スクフェス三河で共同登壇した資料です
以下はAIが作ってくれた要約です
アジャイルのライトウィング(開発技法)とレフトウィング(チームビルディング)を、ひとりで両方できる必要はなく、得意な領域で力を発揮し、不得意な領域はチームメンバーの助けを借りることができることが分かりました。アジャイル開発を実践する上で、ライトウィングとレフトウィングを両方満たす必要があります。

profile-image

最近はエバンジェリストに仕事が変わりました。 組み込みTDDも取り組んでいます

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

アジャイルのライトウィングとレフトウィングは ひとりで両方できなくてもいいんじゃない? “ひとりでできるもん”から “みんなでできるもん”への道のり Satoshi Harada Akira Kubo 2023 ほいトラック © KONICA MINOLTA

2.

はじめに • この発表を聞いて欲しい人 • アジャイルのライトウィング(開発技法)とレフトウィング(チームビルディング)を 両方ひとりでできるもん。。。じゃない人 • この発表から得られるアウトカム • アジャイルのライトウィングとレフトウィングはどちらも欠かすことができない • だけど、ひとりで両方できなくてもよい • 得意な領域で力を発揮し、不得意なところは助けてもらおう アジャイルのライトウィングとレフトウィングは みんなでできればそれでよい! 1 © KONICA MINOLTA

3.

自己紹介(Satoshi Harada) Satoshi Harada @harada_psj Agile Coach / Scrum Master / Software Developer Scrum Fest Sapporo 2021 Regional Scrum Gathering Tokyo 2022 Scrum Fest Sendai 2022 Scrum Fest Mikawa 2022 2 © KONICA MINOLTA

4.

自己紹介(Akira Kubo) Akira Kubo @HappyLuckyAkira Software Development Evangelist / Agile Coach / 火消し 小5の娘が可愛 くて仕方ない バカ親 DevLOVE甲子園西日本大会 2015 Agile Japan 2017 大阪サテライト 3 © KONICA MINOLTA

5.

コニカミノルタ? 4 © KONICA MINOLTA

6.

Agile CoE • コニカミノルタ Agile CoE • 社内のアジャイル開発経験者が集まった、専門家集団 • アジャイルコーチングとアジャイルの教育啓蒙を行う • 2016頃から活動(アジャイル開発の取り組みはそれ以前から) • Agile CoEにおけるHaradaとKuboの立ち位置 チームの中に入って、 アジャイルやスクラム の導入、技能向上の 支援を行う コーチ陣 Agile CoE チームメンバー 支援先の開発チーム 5 © KONICA MINOLTA

7.

本日のお品書き 1.アジャイルのライトウィングとレフトウィング 2.“みんなでできるもん”への実践ストーリー 3.ライトウィングで取り組んだこと 4.まとめ 6 © KONICA MINOLTA

8.

アジャイルのライトウィングとレフトウィング

9.

アジャイルのライトウィングとレフトウィングとは • 2012年に平鍋さんが「アジャイルのライトウィン グとレフトウィング」の絵を公開 • https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/09/right wing-and-leftwing-of-agile.html • アジャイルのゴールに向かうには、アジャイルの ライトウィングとレフトウィングがある • レフトウィングはチームワークやプロセス • ライトウィングは技術的なプラクティス • 開発現場をアジャイルにしたいのなら、 ライトウィングとレフトウィングを両方 満たす必要がある 両方満たす必要がある! 出展: https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html 8 © KONICA MINOLTA

10.

我々はライトウィングとレフトウィングを 両方できているのだろうか? https://unsplash.com/photos/21Cg_fsFBGc

11.

両立できてる??? チームへのスクラムの適用やふりかえりは 積極的に進めているけど、 技術的な取り組みはまだできてないなぁ CI/CD環境の構築やTDDは積極的に進めてい るのだけど、 それを組織的に広めていくのが難しい… エンジニアリングの実務経験があまり無から、 CI/CDやTDDってよくわからないや 10 © KONICA MINOLTA

12.

両立はけっこう大変 • 「両方できているよ!無問題!」という人はそれ ほど多くないのでは? • ひとりでできれば、それは素晴らしい • だが、ライトウィングとレフトウィングの両方を 実務レベルで習得するのはなかなか大変 • 特に、技術のライトウィングは技術進化やト レンドを追いかける必要がある それって結構大変よね ひとりで頑張る??? 出展: https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html 11 © KONICA MINOLTA

13.

我々はライトウィングとレフトウィングを ひとりでできなくてもいいんじゃない? 12 https://unsplash.com/photos/oMpAz-DN-9I

14.

“みんなでできるもん”への実践ストーリー

15.

それまでの開発チーム支援体制(2023/2 – 2023/5) 信頼 チームメンバー (開発者) コーチ陣 Agile CoE 開発チーム • 仕事の進め方(プロセス)やチームワークを改善することで、一定の効果はあった • しかし、プロセスやチームワークが改善されることで、開発チームのボトルネックは開発技術にあるとい うことが明確になってきた • 具体的には、TDD・ペアプロモブプロ・リファクタリングといった技術プラクティス • 「技術力のあるメンバーがそろったチームになる」というチームメンバー共通の目標が設定される • この過程で、チームメンバーとコーチの信頼関係ができた © KONICA MINOLTA

16.

コーチはひとりでできるもん? まずは私だけで刃を研ぐ方法を教えようと思った TDD、リファクタリング、バージョン管理、などなど しかし、自分の斧の刃も鈍ってきていた ブランク、時の流れ、昔取った杵柄!? 最前線にいない人が過去の経験でチームに技術の話をして、 はたしてメンバーの共感を引き出せるのか? ひとりでやるのは得策だろうか??? 15 © KONICA MINOLTA

17.

現在の開発チーム支援体制(2023/6 – 現在) 信頼 チームメンバー (開発者) コーチ陣 Agile CoE 開発チーム 1. チームメンバーに技術コーチの必要性を確認 • チームメンバーだけでできないことは、外部に助けを求める • チームもチーム内だけでがんばらない 2. 技術コーチとのペアコーチ体制を結成 • コーチもひとりだけでできないことは、他に助けを求める • コーチも自分ひとりで頑張らない 3. 技術コーチとチームメンバーの引き合わ • チームメンバーと築いていた信頼関係で、技術コーチがスムーズに加入 • 信頼関係があると助けを求めやすい © KONICA MINOLTA

18.

“みんなでできるもん”とは • コーチはひとりでがんばらない • コーチにも得意領域がある • コーチも複数人体制でアジャイルのレフト ウィング・ライトウィングをバランスよく満 たし、アジャイルのゴールに寄与すればよい アジャイルのライトウィングとレフトウィング https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html • チームメンバーもチーム内だけでがんばらない • ひとりで何もかもカバーしようとすると 辛い 「ひとりでできる」ことを 目指して頑張らない 周囲に助けを求めることを良しとし、 「みんなでできる」ことを目指す チームメンバー 17 © KONICA MINOLTA

19.

助けを求めるために みんなでやるほうがいいのはわかった。 でも、助けを求めるのってハードル高いんだよなぁ… 「いい人は周りに迷惑かけたらいいと思う」 • 「迷惑かけたらダメ」っていう呪いにかかってる • いい人は、自分でなんでも無理してやろうとしすぎ • その頑張りの方が迷惑 • あなたの考える迷惑は、迷惑じゃない • 迷惑かけよう! • 相手に何かやってもらえたら、うっかり感謝できる 18 © KONICA MINOLTA

20.

ライトウィングで取り組んだこと

21.

まずはチームの現状を見極める アジャイルのライトウィングとレフトウィング https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html • レフトウィングとライトウィングの両軸からチー ムの状況を観察する • レフトウィング(チームワーク)が得意なア ジャイルコーチがひとりで頑張ろうとすると、 ライトウィング(開発技法)の問題を見逃し てしまう恐れがある • アジャイルのレフトウィング(チームワーク)に 傾倒するのは甘い罠 • レフトウィングは必要だが、レフトウィング だけ強化してもアジャイルのゴールには近づ かない • 技術のライトウィングが必要であることを 直視し、ライトウィング強化の方法を模索す る ライトウィング 見逃してない? チームメンバー 20 © KONICA MINOLTA

22.

今やっていることを減らす アジャイルのライトウィングとレフトウィング https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html • 開発チームはたいていパンパンに忙しい • 新たな試みだけでは負荷が増える • きこりのジレンマ🪓 • 新たな取り組みを加える前に、今やっていること を減らす チームメンバー 21 © KONICA MINOLTA

23.

小さく始めて早く体験 • 具体的なプラクティスとしては、 • テレワーク向けの開発環境 (VSCode+Live Share) • リファクタリング • TDDハンズオン • モブプロ • Gitによるコード共同所有 などなど アジャイルのライトウィングとレフトウィング https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html • 技術のプラクティスを一方的に説いても、自分た ちに何が役立つのかわからないと伝わらない • 技術のプラクティスによってチームに何がも たらされるのか理解してもらう必要がある • 小さく始めて早く体験してもらった • 斧の切れ味が良くなるとどうなるか体感 チームメンバー 22 © KONICA MINOLTA

24.

目指している姿に近づいたことを可視化する アジャイルのライトウィングとレフトウィング https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html • チームが目指している姿から短期ゴールを設定 • チームが目指している姿:技術力のあるメン バーがそろったチームになる ここを 目指 そう! • 短期ゴール設定で使ったツール • 技術習熟度のアセスメント(定性的効果) • 効果測定のメトリクス(定量的効果) • 目指している姿に近づいたことを可視化 • 技術習熟度のアセスメントと効果測定のメト リクスを取り組みの開始前と開始後で取得 • 自分たちは目指している姿に近づいてい るんだということを見えるようにする 今ここ チームメンバー 23 © KONICA MINOLTA

25.

コーチもみんなで!ペアコーチ体制 • ライトウィング(開発技術)の強化をメインテー マとしつつも、レフトウィング(チームワーク) のアプローチも取り入れていた • 1週間サイクルでふりかえりとプランニング アジャイルのライトウィングとレフトウィング https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html • ライトウィングを主にKuboがコーチし、レフト ウィングは主にHaradaがコーチ • お互いに双方の知識はあるが、より専門性を 活かしやすい方に注力 • コーチ同士でもフィードバックをし合う • 一歩引いた視点でフィードバックできるメ リットがある(モブプロのペース配分、チー ムメンバーの理解度など) コーチもひとりで頑張らない コーチもみんなで できればいいんじゃないかな? チームメンバー 24 © KONICA MINOLTA

26.

まとめ

27.

アジャイルのレフトウィングとライトウィングの両立 • アジャイルのゴール(ビジネス価値の実現、 顧客満足、市場創造)を実現するために、レ フトウィングとライトウィングは両方必要 • 特に技術のライトウィングは見逃されがちだ が、ライトウィングの必要性・重要性を直視 しなければいけない • 直視しなければいけないが、ひとりで両 方やりなさいといことではない 出展: https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html 26 © KONICA MINOLTA

28.

“ひとりでできるもん”から”みんなでできるもん”へ • ひとりだけで頑張ってゴールまでボールをもって いかなくてもよい • ひとりで頑張らなくていいんだ アジャイルのライトウィングとレフトウィング https://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/ 09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html • ライトウィングから攻めるのが得意な人も、レフ トウィングから攻めるのが得意な人もいる • 得意な人を頼ってうっかり感謝しよう! • 同じゴールを共有しながら、それぞれを得意な人 が協力し、アジャイルのゴールを目指していけば それでよい 開発者も、みんなでできるもん コーチも、みんなでできるもん 27 © KONICA MINOLTA

29.

我々はライトウィングとレフトウィングを みんなでできればそれでよい 28 https://unsplash.com/photos/oMpAz-DN-9I