Twinmotion 2022.1のご紹介【Twinmotion 2022.1のご紹介】

4K Views

February 17, 22

スライド概要

2022年2月3日に行われた ウェビナー「Twinmotion 2022.1 のご紹介」(主催:株式会社アルファコックス)の講演資料です。
講演動画はこちら
https://youtu.be/Jc0ds2IIC80

イベント情報はこちら
https://www.alphacox.com/seminar/20220203/

profile-image

エピック ゲームズ ジャパン

@EpicGamesJapan

スライド一覧

Unreal Engineを開発・提供しているエピック ゲームズ ジャパンによる公式アカウントです。 勉強会や配信などで行った講演資料を公開しています。 公式サイトはこちら https://www.unrealengine.com/ja/

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

Twinmotion 2022.1 新機能概要 Epic Games Japan 杉山 明

2.

Epic Gamesについて ノンゲーム パブリッシング ライセンシング ゲーム

3.

様々な分野で 幅広く活用 建築 自動車 映画&テレビ シミュレーション ゲーム 放送 ライブ イベント 製造 広告

4.

クリエイターのためのコンテンツ制作環境

5.

Capturing Reality: Reality Capture

7.

BIM ライフサイクルでのビジュアライゼーション Conceptual design Operations, renovations デジタルツイン バーチャル販売 Sales, marketing Detailed design BIM バーチャル コラボレーション 没入型デザイン オープンワールド ビジュアル コミュニケーション Engineering Archicad, SketchUp, Revit, Rhino, 3ds Max, IFC, AutoCAD, etc. デジタル ファブリケーション 高品質な レンダリング Fabrication, construction Documentation |

8.

TwinmotionとUnreal Engineの連携 Architect / Engineer Visualization specialist / Digital specialist デジタルツイン Datasmith バーチャルコラボレーション BIM デジタルトレーニング 改良/イテレート チーム間での コラボレーション Archicad, SketchUp, Revit, Rhino, Vectorworks, 3ds Max, IFC, AutoCAD, etc. 高速に反復可能な ビジュアライゼーション コンフィギュレーター カスタムアプリケーション クラウドでの共有 体験 歩行者/ 車両の簡易 シミュレーション VR/没入型の 出力 |

9.

Twinmotion

10.

Twinmotionとは ➢ 高品質な画像、パノラマ、 標準、360°VRビデオを わずかな時間で出力 ➢ 建築、建設、都市計画、造園の 専門家向け ➢ 直感的なアイコンベースの インタフェース

11.

Twinmotionの紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=p6NjjvehUNY

12.

主な利用分野 エクステリア インテリア ランドスケープ 都市計画

14.

Twinmotion 2022.1 新機能

15.

Twinmotion 2022.1 新機能 https://www.youtube.com/watch?v=YF2w4X0deOI

16.

Twinmotion 2022.1 COLLABORATION CONTINUOUS IMPROVEMENT フォトリアルな表現 高品質なアセット 共有 & リモート ワーク これまでの 利点の継承 パストレーサー HDRIスカイドーム Twinmotion Cloud 使いやすさ アセットの充実 表現力の向上 Datasmith 点群データのサポート IMAGE FIDELITY

17.

Twinmotion 2022.1 主な新機能 ➢ パストレーサー ➢ HDRIスカイドーム ➢ LiDAR点群データインポート ➢ Twinmotion Cloud https://www.youtube.com/watch?v=gOsmrm_1IXM

18.

Twinmotion 2022.1 その他の新機能 ➢ Datasmith マルチ同期 ➢ 多数の新しいアセット ➢ Megascans ➢ ピボット編集 ➢ 全画面表示モードでの編集 ➢ 3Dconnexionマウスのサポート

19.

ビジュアルクオリティの向上

20.

パストレーサー パス トレーサー レンダリング エンジ ンを統合して、Twinmotion によって 生成されるレンダリングの全体的な忠 実度を向上 ビューポートでパス トレーサーかラ スタライズを選択し、出力ドックでそ れぞれの品質を制御することが可能 https://www.youtube.com/watch?v=XlFQ2HbiGvY

21.

パストレーサー 制限事項: • DirectX 12が必要 • レイトレースをサポートするGPU が必要 • macOSはサポート対象外 • パフォーマンスはGPUに依存 • 収束予測はなし 非サポートの機能: • Twinmotion Cloudプレゼンテーシ ョン • コースティクス • デカール • 天候の高さフォグ • ボリュメトリックライトシャフト • ライト ヘイズ • 点群 • 旗のアニメーション • 太陽の形状の可視化

22.

HDRI スカイドーム HDRI スカイドームを統合して、 Twinmotion Cloudの静止画、動 画、パノラマ、プレゼンターで の視覚的リアリティーを向上 パス トレーサーで HDRI テクス チャからライティングを使用し て、ダイナミック スカイから HDRI スカイドームへの切り替 えが可能 285種類のHDRI素材を提供 独自のHDRIも設定可能 https://www.youtube.com/watch?v=aPRWhyVa4k8

23.

平行投影ビューでのレンダリング 平行投影ビューをパス トレーサー でレンダリングが可能

24.

多数の新しいアセット

25.

新しいQuixelアセット Quixel Megascans の Plants カテゴリと Decals カテゴリを Twinmotion アセット ライブラリに統合 バリエーションのオプションをサポート アセットは、ローカルで使用するために ダウンロードするまでクラウドに格納

26.

新しい家具アセット 数多くの新しい家具アセットがダウンロード可能に これらのアセットは主に次のカテゴリに含まれています: ● Furnitures/Home/Livingroom/Chairs/ ● Furnitures/Home/Kitchen/Chairs/ ● Furnitures/Home/Livingroom/Tables/ 新しいアセットは、クラウドを通じて提供 https://www.youtube.com/watch?v=Vge8NTfqReQ

28.

新しいデモシーン ‘Lakehouse retreat’ 新しいデモシーンの追加 File -> Demo scenes からアクセス 屋内、屋外に関するさまざまな機能 を試すことが可能なデータ

29.

ファイルの入出力

30.

LiDAR 点群インポーター 業界でよく使用される形式 (主に 建築または産業用アプリケーショ ン) でスキャンされたのレーザー スキャン データをサポート LAS、LAZ、XYZ、TXT、PTS、 E57形式に対応 制限事項: ● 編集機能なし ● Datasmith エクスポーター プラグ インとの互換性なし ● パストレーサーは非サポート ● Twinmotion Cloudも非サポート ● E57形式は macOSでは非サポート

31.

Datasmith Direct Link、複数ファイルの同期 複数ファイルとの同期のワークフロー Revit and Rhino Datasmith Direct Link sending data to Twinmotion Datasmith Direct Link

32.

マテリアル置換テーブル Datasmith ワークフローを使用してマテリア ルを置換するための定義可能なマッピング テーブルを統合 完全にカスタマイズ可能で、ソース マテリ アルを (ユーザー ライブラリからも) Twinmotion 品質のマテリアルに置き換えて、 テーブルですべての設定 (縮尺、色など) を 定義可能

33.

Unreal Engineへのブリッジ機能 Beta 4 をリリース Twinmotion 2022.1、UE 4.27をサポート

34.

TwinmotionとUnreal Engineの連携 Architect / Engineer Visualization specialist / Digital specialist デジタルツイン Datasmith バーチャルコラボレーション BIM デジタルトレーニング 改良/イテレート チーム間での コラボレーション Archicad, SketchUp, Revit, Rhino, Vectorworks, 3ds Max, IFC, AutoCAD, etc. 高速に反復可能な ビジュアライゼーション コンフィギュレーター カスタムアプリケーション クラウドでの共有 体験 歩行者/ 車両の簡易 シミュレーション VR/没入型の 出力 |

35.

Twinmotion Cloud

36.

Twinmotion Cloudリンクの共有とプレゼンテーションの更新 プレゼンテーションのリンク (および任意のパスワード) を既存のコミュニケーションにコピーすれば、そのプレ ゼンテーションを共有可能 プレゼンテーションのリンクが常に最新バージョンにア クセスできるように、更新中のプレゼンテーションに対 するサポートも追加。それにより、既存のプレゼンテー ションの新しいバージョンがアップロードされると、ド ライブの既存のプレゼンテーションは自動的に更新 タブレット端末、およびモバイル端末をサポート 教育版、体験版ユーザーも利用可能に https://www.youtube.com/watch?v=NjQyqKPESm8

37.

Twinmotion Cloud: パノラマセット レンダリングされた 360 度パノラマのセットを簡単に共有し、 厳選された、軽量で忠実度の高いレンズをプロジェクトでクライ アントに提供するソリューションを実装 各セットに対して最大 100 パラノマを追加可能

38.

その他の改善点

39.

3Dconnexion SpaceMouse のサポート すべての SpaceMouse 所有者にとって、 3D ナビゲーションがよりスムーズかつ効 率的に さらに 3Dconnexion デバイスでは、 Unreal Engine を含む異なる 3D アプリケ ーション間で途切れなく切り替えること が可能 3Dconnexion デバイスは Windows のみで フルサポート

40.

Center pivot ツール & Local axis ツール インポートされたオブジェクトのギズモ が、オブジェクトから離れて配置されな いように改善 Center pivot ツールは、選択したオブジェ クトの中央下部にギズモを再配置するこ とが可能 Local axis ツールは、ワールド指向のギズ モからローカル指向のギズモに切り変え て、オブジェクトの配置および複製中の 操作をしやすくすることが可能 https://www.youtube.com/watch?v=lAD5Gr2s1XM

41.

Twinmotion エディタで最小限度の UI 全画面モードでオブジェクトを選択、移動、 削除するオプションを追加 これにより、ビューポートのすべてのインタ ーフェースが完全に含まれなくなり、没入型 のエクスペリエンスが向上 Work in maximized view while designing

42.

雪シェーダー サブサーフェス スキャタリ ングを使用して雪のマテリ アルをさらにリアルにし、 これらの天候エフェクトの 信頼性を向上。また、雪で 覆われている領域と雪のな い領域の間の遷移をより美 しくするために外観マスク を改善 注意と制限事項: ● パス トレーサーはサブ サ ーフェス スキャタリング を未サポート ● 回転するオブジェクトでは UV がスライド ● ランドスケープはサブ サ ーフェス スキャタリング を未サポート

43.

デカール • 改善されたシャドウ処理 • すべての PBR チャンネルの公開 • 精密なコントロール: • 「最小オフセット」値が設定さ れて、デカールを非表示にせず に下部のスライドバーを使用可 能 • デカールが着色可能になり、ベ ースカラーの明るさが調整可能 • デカールに 「反射」、「バン プ」、「グロー」、「金属的質 感」の入力と設定のための「設 定」コントロールが追加 • 「サイズ」値を小数点以下 2 桁 に設定できるようになり、より 正確なダウンサイジングが可能 注意点:パス トレーサーは非サポート

44.

VR機能 VR 用のレンダリング品質設定および自動調整 設定を追加し、バグの修正、LOD 切り換えの 修正、ナビゲーションと UI を改善