profile-image

大坪嘉行

@YoshiyukiOhtsubo

作者について:

日本の研究力はV字回復が可能です。

そのためには、研究現場が現在どのようになってしまっているかを総合的、俯瞰的に明らかにし、行政によって適切な(場当たり的でない)政策課題設定がなされる必要があります。これには、研究力の向上阻害要因が発生するメカニズムの解明が必要です。

端的に言えば、大学の組織としての機能の減弱・喪失が大問題です。組織成員が協力しあって生産性を高め合う状態にはなく、連携を欠く、競合・競争する小型の研究室の集合体になってしまっています。

大学の問題は、財務省が指摘するような小さな問題ではなく、もっと総合的で複雑なものです。研究現場の問題が適切に認識されさえすれば、政策課題設定が適切になって研究力は急激に回復するはずです。

東北大学准教授  

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B1YV43VQ

このユーザのスライド一覧

日本の研究力低迷問題の原因と解決方法_提案資料

user-img 大坪嘉行

日本の研究力低迷問題の原因と解決方法_スライド資料_平易版

スライド平易版
user-img 大坪嘉行