第5回:Wi-Fiデバイス管理の重要性

>100 Views

May 31, 24

スライド概要

第5 回目となる今回のテーマは「Wi-Fi デバイス管理の重要性」です。Wi-Fi を運用するうえ
で、デバイス管理は必要不可欠です。管理すべき対象は、企業が管理するデバイス(PC やプ
リンター、IoT 機器など)だけではなく、私物のスマートフォンやポータブルWi-Fi、ハッキングデバ
イス等も含まれます。

profile-image

日本初のクラウド型フルマネージドWi-Fi セキュリティ・ソリューション「WiSAS(ワイサス)」を開発・提供しているスプライン・ネットワーク㈱による公式アカウントです。製品資料、セキュリティに関する資料など勉強会や配信などで行った講演資料を公開しています。 公式サイトはこちら https://wisas.jp/

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

連載企画 <第 5 回:Wi-Fi デバイス管理の重要性> 第 5 回目となる今回のテーマは「Wi-Fi デバイス管理の重要性」です。Wi-Fi を運用するうえ で、デバイス管理は必要不可欠です。管理すべき対象は、企業が管理するデバイス(PC やプ リンター、IoT 機器など)だけではなく、私物のスマートフォンやポータブル Wi-Fi、ハッキングデバ イス等も含まれます。 対象エリアに存在する全ての Wi-Fi デバイスを適切に仕分け管理(正規/不正)することに より、デバイス間の接続状況の正しさを正確に把握することができ、危険な Wi-Fi 接続を迅速 に判断して排除することが可能となります。 WiSAS におけるデバイスの分類カテゴリは以下の 3 種類です。 a) セーフ : これは企業が安全と判断した、警戒する必要のないデバイスです。 自社で設置した機器や許可されたデバイスなどがこれに該当します。 b) ブロック : このカテゴリは、迅速な排除が必要な脅威デバイスを指します。 野良デバイスやなりすましなど、不正と判断されるデバイスは、位置情報の特定や接続遮断など の対策を速やかに施すべきです。 c) グレー : このカテゴリのデバイスは、安全性が確定できていないものです。 継続的なモニタリングを通じて新たなグレーデバイスを瞬時に検出し、セーフ or ブロックのカテゴリ に仕分けることが重要です。 情報システムの担当者として、Wi-Fi デバイスのカテゴリ分けとその後の適切な対応は日常の運 用において絶えず意識すべき課題です。

2.

有線ネットワーク環境と違い、Wi-Fi 環境(無線 LAN 環境)は日々変化します。その多くは ステルス(見えない脅威)であり、あるいは IoT 機器などは、エージェントソフトをインストールで きないため、ログ監視対象から外れています。昨年は、IoT 機器を狙ったサイバーテロや内部か らの情報漏洩事件が多発いたしました。いずれも Wi-Fi 領域の脆弱性を突いた犯行です。企 業の情報資産を守るためには、デバイス管理の重要性を再認識すべきだと考えます。 弊社の WiSAS は、Wi-Fi 環境の脆弱性診断だけでなく常時監視と適切なデバイス管理を容 易にし、Wi-Fi(無線 LAN)に絡んだセキュリティ事故のリスクを最小限に留めることを可能と します。 ご興味お持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。 ☆★問い合わせ先 ☆★ 株式会社スプライン・ネットワーク WiSAS 事業部(ワイサス事業部) 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町 1-8 SYLA DAIKANYAMA 6 階 e-mail:[email protected] Tel:03-5464-5468