自分のハンドルは自分で握れ

タグ

スライド概要

デブサミ2020 14-A-8

profile-image

市谷聡啓

@papanda

作者について:

白と黒の魅惑

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2020-02-14 22:39:39

各ページのテキスト

1. ⾃分のハンドルは ⾃分で握れ デブサミ2020 14-A-8 “キャリアトランスフォーメーションを みんなで考えよう” Ichitani Toshihiro 市⾕聡啓

2. 市⾕ 聡啓 Ichitani Toshihiro (My KeyWord) 越境 正しいものを正しくつくる da n a ap p @ 仮説検証型アジャイル開発 https://ichitani.com/

3. DX (Digital Transformation) ⽀援 仮説検証、アジャイル開発の 実践⽀援 仮説検証型アジャイル開発 によるプロダクト作り 講演、研修、執筆

4.

5. ともに考え、ともにつくるプロダクト開発の実践 「チーム・ジャーニー」 2020年2⽉17⽇発刊 本⽇先⾏発売中

6. ⼤事なことは最初に (17年の検証結果をお伝えします)

7. その場その場の環境に 何となくで⾝を委ねる のではなく、⾃分が良い 感じなのでは?と思った ⽅向に⼀歩でも良い。 はみだして⾏け。

8. 2003年 (24歳)

9. n次受け開発者。客先常駐。 請負という名の派遣。 組み込み系。システム開発 オープン化の時代。

10. でも、俺たちには関係ない

11. 先輩も、同僚も、誰も 気にしていない 何となくやっていきで いけそう …でも、これで良いんだっけ?

12. 本当に良いのか分からない。 から、外に出よう

13.

14. 圧倒

15. 「⽬の前最適化に陥るな」

16. デブサミとは? ⾃分と世の中とのDiffを 取るための年1回の場所

17. そこに⾏けば 先達(スター)の背中が⾒える ただし、圧倒的遠くに。

18. 私が追い求めたこと

19. ⾃分が作ったソフトウェアを 使ってくれる⼈の近いところ で仕事をする

20. 「⾃分が作っているものに どれほどの意味があるか」 … を知るためのジャーニー

21. 2013年

22. 間違ったものを正しくつくる 問題

23. 作り⽅がどれほど上⼿くても 作っているものを そもそも間違えていたら?

24. 作り⼿が⼼の中に引いた線

25. 何を作るべきかは、 顧客が考える、 プロダクトオーナーが考える、 ⾃分ではない誰かが考える

26. 顧客に、プロダクトオーナーに 何かを考えてくれそうな⼈に 踏み込んでみたら。誰も答え なんて持っていなかった。

27. ⾃分のあり⽅を世に問う為に ⾃らの会社を作ることを 選んだ

28. なぜ、経営者を選んだのか?

29. ⾃分がこれ (仮説検証とアジャイル) で価値を出せると信じて。 でも、証明が出来なかったから。

30. ⾃分ですべてを背負うしか 無かった。過程と結果を。

31. ⼈に説明したり、説得するのに 時間をかけることよりも、 ⾃分⾃⾝を賭けて、踏み出す ことを選んだ。

32. 正しいものを正しくつくる

33. 正解などない。だからこそ、 何を考え、どう作るのか、 向き合い続ける。 ⾃分⾃⾝を駆り⽴てるための ⾔葉。

34. 最後に。 デブサミで前に⽴って 話す者のつとめとして。

35. 会社を変える、世界を変える ⼤きなことをムリに⼝に しなくたって良い

36. ただ、⾃分の場所を今よりも 良い感じの状況にする為には ⾃分⾃⾝に問いかけてほしい

37. ⾃分は何をする者なのか

38. ⾃分を⾃分で再定義し続ける

39. 問い続けていると、いつか 経営者であることを 選ぶときが来るかもしれない

40. その場その場の環境に 何となくで⾝を委ねる のではなく、⾃分が良い 感じなのでは?と思った ⽅向に⼀歩でも良い。 はみだして⾏け。

41. そうしたら。

42. そうしたら、⼈には 説明しづらい、わかりにくい ⼈⽣だけど。 ⾃分⾃⾝で⽣きている感じが して。きっと楽しいから。

43. ⾃分のハンドルは ⾃分で握れ デブサミ2020 14-A-8 “キャリアトランスフォーメーションを みんなで考えよう” Ichitani Toshihiro 市⾕聡啓