戦略的なITのためのDevOps-ビジネス駆動な開発と運用の相互作用とそのエッセンス

132 Views

July 12, 18

スライド概要

Macnica Networks Day 2018 での講演資料です。

お問い合わせ:
https://www.servantworks.co.jp/contact/
contact@servantworks.co.jp

profile-image

サーバントワークス株式会社 代表取締役/チーフアジャイルコーチ/エバンジェリスト DASA Ambassador DASA DevOps 認定トレーナー NOTA株式会社 アドバイザー 講演や支援のご相談はぜひお気軽に(ご相談は無料です)! PSPO II, PSM II, SPS, PAL-EBM, PAL I, PSU I, PSK I, PSD I, PSPO I, PSM I, CSM

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

戦略的な IT のための DevOps ビジネス駆動な開発と運用の相互作用とそのエッセンス 長沢 智治 nagasawa@evangelism.jp www.evangelism.jp @ tnagasawa evangelism.jp Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

2.

自己紹介 - キャリア 1996 - 2000 2000 - 2006 2007 - 2018 2018 - ソフトウェア エンジニア 改善 コンサルタント エバンジェリスト 独立 Software Engineer Kaizen Consultant Evangelist Advisor インテック Rational Software、 IBM など Microsoft など OOAD / UML 反復型開発 RUP / UML CMMI プロセス改善 Agile / DevOps チーム開発 / 働き方 事業支援 プロダクト支援 Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

3.

自己紹介 - 事業展開 Evangelist Advisory Evangelist Teacher Agile Writer Research Expert Service Evangelism Lead Lecturer Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

4.

自己紹介 - 講演や書籍 講演 生放送 書籍 基調講演 開発プロセス入門 DVCS 入門 スクラム入門 プロジェクト管理 チーム開発入門 プレゼンテーション DevOps オンエア中 Summer 2013 DevOps Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

5.

お持ち帰りいただきたいこと • ビジネス背景とテクノロジーの進化 • DevOps が求められる領域 • DevOps による協働のエッセンス • DevOps という言葉を使わないアプローチ Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

6.

ビジネス ビジネスとIT 1990 IT 便利 IT 2010 2000 IT 有効 2020 IT 不可欠 既存のビジネスモデル IT コア 新しいビジネスモデル ビジネス 意思決定 システム特性 品質 IT部門が主導 経営陣が主導 守るプロダクト (SoR) コード品質 client/server システム品質 web マーケットが主導 攻めるプロダクト (SoE) ビジネス品質 cloud & devices データ品質 IoT & AI テクノロジー Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

7.

ビジネスを牽引するIT 2010 2020 ビジネスに学習機会を提供 継続的な投資とデリバリー IT 不可欠 IT コア 新しいビジネスモデル マーケットが主導 直接タッチ 競争の激化 攻めるプロダクト (SoE) ビジネス品質 データ品質 デバイス cloud & devices クラウド IoT AI IoT & AI Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

8.

エンターテイメントでの比喩 映画 数年単位のサイクル 莫大な予算と準備期間 公開・配給 (1リリース) 制作と上映の分離 ドラマ 3ヶ月単位のサイクル 最小の予算と準備期間 1週間単位の見直し 制作と放映がシームレス Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

9.

Build - Measure - Learn (BML) IL BU ビジネスを開発する RN LEA D Idea 高速に回し続ける Product Data MEASUR E 引用: Lean Startup, Build ‒ Measure - Learn Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

10.

Product 攻めのプロダクト 守りのプロダクト 直接利益を生む / 実験的 間接的な貢献 / 堅実的 デバイス IoT クラウド AI Product 社内ソーシャル 社内システム 開発ツール Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

11.

Product 攻めのプロダクト 守りのプロダクト 直接利益を生む / 実験的 間接的な貢献 / 堅実的 デバイス IoT クラウド Product 社内ソーシャル 社内システム 開発ツール AI 境界線がなくなってきた Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

12.

DevOps - ビジネス駆動ムーブメント Biz Product Dev Ops Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

13.

DevOps - リズムの同調 Biz Product Dev Ops Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

14.

DevOps - それぞれのミッションと価値観 Biz •売り上げ / 利益率 •MAU / App DL •満足度 •EI / 口コミ Product Dev •要求の実現度 •サイクルタイム •品質 Ops •安定稼働 •MTBF •SLA: 99.9..% Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

15.

DevOps - 共通のミッションと指標 Biz •売り上げ / 利益率 •MAU / App DL •満足度 •EI / 口コミ 共通指標 Dev •要求の実現度 •サイクルタイム •品質 リードタイム MTTR Mean Time to Resolved 対立 Ops •安定稼働 •MTBF •SLA: 99.9..% Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

16.

DevOps - 共通の価値観の例 相互依存宣言 Declaration of Interdependence 継続的な価値の流れによる投資対効果 顧客との信頼関係と確かな成果 透明性による不確実性の予測 個人のチカラが発揮できる環境 責務を共有するチーム 状況に応じた戦略と改善 ©2005 David Anderson, Sanjiv Augustine, Christopher Avery, Alistair Cockburn, Mike Cohn, Doug DeCarlo, Donna Fitzgerald, Jim Highsmith, Ole Jepsen, Lowell Lindstrom, Todd Little, Kent McDonald, Pollyanna Pixton, Preston Smith and Robert Wysocki. http://pmdoi.org Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

17.

DevOps - 共通の価値観の例 http://modernagile.org Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

18.

チーム指向 同じ景色を見ているか? 共通の目的 やり方や過程を共有 お互いの強みと弱みで補完 Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

19.

チームと集団 集団 チーム 異なる景色をみている 同じ景色を見ている それぞれの成果の総和→目的 それぞれのやり方と標準化 それぞれの作業・価値観 形式知を重視 共通の目的 やり方や過程を共有 お互いの強みと弱みで補完 集合知 (暗黙知) を重視 Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

20.

ビジネスと開発と運用の集団 ビジネス 開発 運用 集団 (IT) 集団 (ビジネス) Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

21.

DevOps - チームになるムーブメント ビジネス 開発 運用 IT チーム ビジネス チーム Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

22.

DevOps - 集合知は繰り返しのリズムで加速 IL BU ビジネスを開発する RN LEA D Idea 高速に回し続ける Product Data MEASUR E Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

23.

DevOps - CLAMS IL BU Culture Automation RN Lean LEA D Idea Measure Sharing Product Data MEASUR E Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

24.

DevOps - アプローチ方針の例 BUILD Product Idea ビジネス MEASURE 開発 Data 運用 リードタイム ① 現状把握 バリューストリームマッピング サイクルタイム サイクルタイム サイクルタイム ② ボトルネックを発見・原因究明 全体最適化, 個別最適化 (自動化など) リードタイム ③ 検査と適応、透明性で改善し続ける あるべき姿へ 共有、計測、自動化、ムダ取り Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

25.

DevOps - 作成物の共通認識と粒度調整 理解が容易 粒度が粗い Idea ビジネス Product 運用 開発 理解が困難 <> Code 粒度が細かい Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

26.

DevOps - 作成物の共通認識と粒度調整 理解が容易 粒度が粗い Idea ビジネス 運用 Product Issue Pull Req commit 開発 理解が困難 <> Code 粒度が細かい Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

27.

まとめ • ビジネス背景とテクノロジーの進化 • DevOps が必要な領域を見極める • チームになることでスピードと変化への適応 • DevOps という言葉を使わないアプローチ • GitHub などのツール適用は意義が重要 Copyright © 2018 Tomoharu Nagasawa, All rights reserved.

28.

Thanks ご清聴ありがとうございました 連絡先 nagasawa@evangelism.jp www.evangelism.jp @ tnagasawa evangelism.jp ご質問、ご相談は、お気軽にご連絡ください