アジャイル実践における開発環境の変化〜要求の捉え方、プロジェクト運営、ツール支援

スライド概要

プライベートセミナーで実施した講演資料です。

お問い合わせ:
https://www.servantworks.co.jp/contact/
contact@servantworks.co.jp

profile-image

長沢 智治

@nagasawa

作者について:

サーバントワークス株式会社 代表取締役/チーフアジャイルコーチ/エバンジェリスト DASA Ambassador DASA DevOps 認定トレーナー NOTA株式会社 アドバイザー 講演や支援のご相談はぜひお気軽に(ご相談は無料です)! PSPO II, PSM II, SPS, PAL-EBM, PAL I, PSU I, PSK I, PSD I, PSPO I, PSM I, CSM

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2015-12-05 15:00:00

各ページのテキスト

1. アジャイル実践における 開発環境の変化 要求の捉え方、プロジェクト運営、ツール支援 To m oh a r u Na gasawa Seni or Evang eli st at Atlass ian @tnagasawa

2. 1996 インテック 2000 2003 Rational Software 日本アイ・ビー・エム ソフトウェアエンジニア プロセス改善コンサルタント プロセス改善コンサルタント 2005 2007 2014 Borland Software Microsoft プロセス改善コンサルタント エバンジェリスト ソリューション アーキテクト プロダクト マネージャ 監訳 / 共著書 多数 プレゼンテーション協力 シニア エバンジェリスト Speaker

3. Agenda ビ ジ ネス と ソ フ ト ウェア 開 発 現場 と ツ ール活用 デ モ ンスト レ ー ション

4. 199 x ビジネスとソフトウェア

5. ビジネスとソフトウェア 199 x 200 x 201 x ビジネス ビジネス ビジネス S/W S/W S/W ビジネスモデル 確 立 しや す い 確立 しづ らい 意思決定者 開 発 部門 経営 者層 マーケ ット /消 費者 技術と配布 ク ラ イア ン ト /サ ーバー WE B / ア プリ IOT / デバイ スとク ラ ウド

6. DevOps ビジネス駆動ムーブメント アイデア/バグ 問題 コード インシデント リリース 変更 ビジネスのリズム | サイクルタイム・共同所有・透明性・自動化/省力化

7. DevOps ビジネス駆動ムーブメント ビジネスのリズム | サイクルタイム・共同所有・透明性・自動化/省力化

8. DevOps ビジネス駆動ムーブメント アイデア BUILD LEARN ビジネス データ プロダクト ICT MEASURE リーンスタートアップ | Build - Measure - Learn

9. リリース 1 リリース 2 リリース 3 Scope Quality Cost Delivery ナカミ ビジネス品質 効率 Time to Market

10. リリース 1 リリース 2 リリース 3 リリース 4 Scope Quality Cost Delivery ナカミ ビジネス品質 効率 Time to Market

11. 開発環境の変化 199 x 200 x 201 x ビジネス ビジネス ビジネス S/W S/W S/W 方法論 開発ツール 適用範囲 定 義 済み の プ ロ セスモ デル 経験 則に よるプ ロセ スモデル IDE 工 程 重視 のA LM 協調 重視 のA LM 開発者 開発 チーム 企画 ・開 発・運 用

12. プロジェクトの複雑さ 方法論 定 義 済み の プ ロ セスモ デル 経験 則に よるプ ロセ スモデル 無秩序 やや 複雑 合意の難しさ 単純 複雑 やや 複雑 不確実性の高さ Stacy Matrix

13. プロジェクトのアプローチの選択肢 方法論 定義済 みの プ ロセスモ デル Defined Process Model ウォーターフォール 過去に経験があり、技術も安定している 過去に存在するものは調達すればよい 経験則 によ る プロ セ スモ デル Empirical Process Model アジャイル 過去に経験がない、ビジネス価値を創出 新たなチャレンジが多い 無秩序 やや 複雑 単純 複雑 やや 複雑

14. プロジェクトのアプローチの特徴 方法論 定義済 みの プ ロセスモ デル Defined Process Model 経験則 によ る プロ セ スモ デル Empirical Process Model 工程ごとの人と成果物 各工程に注力したマネジメント スキルと経験は平準化し対応 失敗が許されない 軌道修正がしづらい 工程/人と成果物が連動し続ける 全工程に注力したマネジメント スキルと経験は練っていく 早めに失敗できる 軌道修正を前提とする

15. プロジェクトのアプローチの特徴 方法論 定義済 みの プ ロセスモ デル Defined Process Model 4 3 2 1 スキルと経験を平準化して計画 成果は、個別のタスクの生産性 経験則 によ る プロ セ スモ デル Empirical Process Model チームで計画、成果をマネージ フォローと遂行の支援へ I’m done I’m I’mdone done 4 3 2 1 2.5 We’re done I’m done I’m I’mdone done 3.5 We’re done

16. プロジェクト マネジメント スタイル 統制型マネージメント 親分がほとんど知っている 親分に従うことがベスト 個別最適化でよい(サイロでOK) 自律型マネージメント 親分も知らないことがある 親分ひとりでは手に負えない 親分にフォローしてもらい伸ばす チーム指向(サイロはNG)

17. ビジネス価値を継続的にデリバリーする時代 ビジネス ICT ビジネス駆動 定期的な価値向上 価値の流れ 透明性 自律型マネジメント 自律と改善

18. 開発環境の変化 199 x 200 x 201 x ビジネス ビジネス ビジネス S/W S/W S/W 方法論 開発ツール 適用範囲 定 義 済み の プ ロ セスモ デル 経験 則に よるプ ロセ スモデル IDE 工 程 重視 のA LM 協調 重視 のA LM 開発者 開発 チーム 企画 ・開 発・運 用

19. 方法論 開発ツール 適用範囲 企画 定 義 済み の プ ロ セスモ デル 経験 則に よるプ ロセ スモデル IDE 工 程 重視 のA LM 協調 重視 のA LM 開発者 開発 チーム 企画 ・開 発・運 用 計画 開発 ビルド デプロイ

20. 方法論 開発ツール 適用範囲 企画 定 義 済み の プ ロ セスモ デル 経験 則に よるプ ロセ スモデル IDE 工 程 重視 のA LM 協調 重視 のA LM 開発者 開発 チーム 企画 ・開 発・運 用 計画 開発 ビルド デプロイ

21. 方法論 開発ツール 適用範囲 企画 定 義 済み の プ ロ セスモ デル 経験 則に よるプ ロセ スモデル IDE 工 程 重視 のA LM 協調 重視 のA LM 開発者 開発 チーム 企画 ・開 発・運 用 計画 開発 ビルド デプロイ

22. 方法論 開発ツール 適用範囲 企画 定 義 済み の プ ロ セスモ デル 経験 則に よるプ ロセ スモデル IDE 工 程 重視 のA LM 協調 重視 のA LM 開発者 開発 チーム 企画 ・開 発・運 用 計画 開発 ビルド デプロイ

23. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ

24. チームと成果物

25. チームと成果物とツール リポジトリ 情報 Hub

26. ツール効果 価値観の違い 成果物の違い(内容と粒度)

27. アイデア コード ビジネス価値 ビルド

28. アイデア 企画書 バックログ コード ビジネス価値 使えるソフトウェア 動くソフトウェア ビルド

29. アイデア ビジネス価値 使えるソフトウェア 企画書 バックログ 動くソフトウェア 情報 Hub コード ビルド

30. アイデア 企画書 バックログ コード ビジネス価値 使えるソフトウェア 動くソフトウェア ビルド

31. バックログからデプロイの流れのデモ backlog ステージング用 master CI / Docker build Docker run 各開発用 DEM-1 CI / Docker build Docker run 本番稼働用 Docker run

32. 継続的デリバリーとツール活用 ビジネス フィードバック 開発チームの意思決定 開発チームの作業 ❽-1 ビルドとテスト の実行 DEM-1 ❸ʼ 専用チャット ルームの作成と議論 ❶ フィードバックの収集 デプロイの作業 DEM-1 ❾ 成功時トリガー HipChat アイデア Bamboo ➓-1 各環境へのデプロイ ❸ 意思決定とタスク割り出し Confluence DEM-1 ❷ バックログ項目化 Bamboo ❼ コミット トリガー ❽-2 docker build & push ➓ -2 docker pull and run ❻ プルリクエストとマージ ユーザー フィードバック DEM-1 JIRA Service Desk JIRA Software Bitbucket インシデント ❺ git commit / push DEM-1 DEM-1 ❹ 目的ごとの ブランチを作成 Portfolio for JIRA ビジネス意思決定 バグ 技術的負債 コード HipChat SourceTree チャット|通知|ChatOps (C) nagasawa@outlook.com

33. 継続的デリバリーとツール活用 ビジネス フィードバック 開発チームの意思決定 開発チームの作業 ❽-1 ビルドとテスト の実行 DEM-1 ❸ʼ 専用チャット ルームの作成と議論 ❶ フィードバックの収集 デプロイの作業 DEM-1 ❾ 成功時トリガー HipChat アイデア Bamboo ➓-1 各環境へのデプロイ ❸ 意思決定とタスク割り出し Confluence DEM-1 ❷ バックログ項目化 Bamboo ❼ コミット トリガー ❽-2 docker build & push ➓ -2 docker pull and run ❻ プルリクエストとマージ ユーザー フィードバック DEM-1 JIRA Service Desk JIRA Software Bitbucket インシデント ❺ git commit / push DEM-1 DEM-1 ❹ 目的ごとの ブランチを作成 Portfolio for JIRA ビジネス意思決定 バグ 技術的負債 コード HipChat SourceTree チャット|通知|ChatOps (C) nagasawa@outlook.com

34. 継続的デリバリーとツール活用 ビジネス フィードバック 開発チームの意思決定 開発チームの作業 ❽-1 ビルドとテスト の実行 DEM-1 ❸ʼ 専用チャット ルームの作成と議論 ❶ フィードバックの収集 デプロイの作業 DEM-1 ❾ 成功時トリガー HipChat アイデア Bamboo ➓-1 各環境へのデプロイ ❸ 意思決定とタスク割り出し Confluence DEM-1 ❷ バックログ項目化 Bamboo ❼ コミット トリガー ❽-2 docker build & push ➓ -2 docker pull and run ❻ プルリクエストとマージ ユーザー フィードバック DEM-1 JIRA Service Desk JIRA Software Bitbucket インシデント ❺ git commit / push DEM-1 DEM-1 ❹ 目的ごとの ブランチを作成 Portfolio for JIRA ビジネス意思決定 バグ 技術的負債 コード HipChat SourceTree チャット|通知|ChatOps (C) nagasawa@outlook.com

35. JIRA = 情報 Hub

36. JIRA = 情報 Hub による俯瞰した見通し

37. アイデア BUILD LEARN データ プロダクト MEASURE

38. Thank you! To m o h a r u N a g a s a w a • S e n i o r E v a n g e l i s t • A t l a s s i a n • @t nag a sawa