これからのソフトウェア開発でのプロジェクト管理の展望【リックソフトセミナー】

234 Views

March 13, 14

スライド概要

2014年3月13日に開催されたアトラシアン エキスパートのリックソフト主催セミナーの講演資料です。\r\nITS/BTSの15年の歴史のふりかえりとこれからの展望について解説しました。

お問い合わせ:
https://www.servantworks.co.jp/contact/
contact@servantworks.co.jp

profile-image

サーバントワークス株式会社 代表取締役/チーフアジャイルコーチ/エバンジェリスト DASA Ambassador DASA DevOps 認定トレーナー NOTA株式会社 アドバイザー 講演や支援のご相談はぜひお気軽に(ご相談は無料です)! PSPO II, PSM II, SPS, PAL-EBM, PAL I, PSU I, PSK I, PSD I, PSPO I, PSM I, CSM

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

RickSoft Seminar, 2014/3/13, Tokyo これからのソフトウェア開発での プロジェクト管理の展望 長沢 智治 エバンジェリスト アトラシアン株式会社 @tomohn http://re-workstyle.com

2.

プロジェクト管理のふりかえり 1996 2000 インテック ソフトウェア エンジニアとして 社会人をスタート Rational Software RUP を中心とした開発プロセス の啓発とコンサルティング 2005 2003 IBM Rational RUP を中心とした開発プロセスの啓発と Borland コンサルティング CMMI, アジャイルなどのプロセス改善 2007 コンサルティング ALM の啓発活動 Microsoft .NET / ALM のエバンジェリズム 活動と市場開拓 2014

3.

プロジェクト管理のふりかえり Unified Process Agile Manifesto BTS / ITS の成熟期 1996 2000 プロジェクト Rational Software の複雑さの軽減 RUP を中心とした開発プロセス の啓発とコンサルティング 2005 インテック ソフトウェア エンジニアとして 社会人をスタート 2003 IBM Rational RUP を中心とした開発プロセスの啓発と Borland コンサルティング CMMI, アジャイルなどのプロセス改善 2007 s コンサルティング ALM の啓発活動 ツールとプロセスの再編 s Microsoft e n i s .NET / ALM のエバンジェリズム u ๏プラットフォームとツール統合 B 活動と市場開拓 2014 Happy Birthday ! f o S e r a tw ๏プロセスとツール統合 ๏ツール間の統合

4.

プロジェクト管理のふりかえり Unified Process Agile Manifesto BTS / ITS の成熟期 1996 2000 プロジェクト Rational Software の複雑さの軽減 RUP を中心とした開発プロセス の啓発とコンサルティング 2005 インテック ソフトウェア エンジニアとして 社会人をスタート 2003 IBM Rational RUP を中心とした開発プロセスの啓発と Borland コンサルティング CMMI, アジャイルなどのプロセス改善 2007 s コンサルティング ALM の啓発活動 ソフトウェア開発の変革 s Microsoft e n i s .NET / ALM のエバンジェリズム u ๏ウォーターフォールの限界 B 活動と市場開拓 2014 Happy Birthday ! f o S e r a tw ๏従来の工程とロールの崩壊 ๏未経験の領域への取り組み

5.

プロジェクト管理のふりかえり Unified Process Agile Manifesto BTS / ITS の成熟期 1996 2000 プロジェクト Rational Software の複雑さの軽減 RUP を中心とした開発プロセス の啓発とコンサルティング 2005 • 時は来た! IBM Rational RUP を中心とした開発プロセスの啓発と 2007 s 2014 Happy Birthday ! 2003 CMMI, アジャイルなどのプロセス改善 10 年以上の遅れを取り戻す! • 社会人をスタート コンサルティング ALM の啓発活動 • ソフトウェア エンジニアとして Borland コンサルティング • インテック ソフトウェア開発の変革 s Microsoft e n i s .NET / ALM のエバンジェリズム u ๏反復型な開発への移行 B 活動と市場開拓 f o S e r a tw ๏検査と適応による自分探し ๏分業から協調へ (例: DevOps)

6.

プロジェクト管理のふりかえり ビジネス LEARN s s e n i s u B BUILD MEASURE 継続的デリバリー e r a w t f o S 利害関係者の拡大 開発の現場

7.

Excel によるプロジェクト管理の特徴 定着度最強! 表現力! 表現力とコスト 一覧表示 人手による表現 (手間) 方眼紙 データの裏付けの手間 作成と破棄が容易 Excel 惜しい! オレオレ管理表の量産 誰もが使える データの分散傾向 共有できる 正しい情報と同期の手間 分散できる 集計できる 権限コントロール ガバナンス

8.

BTS/ITS によるプロジェクト管理の特徴 中央集中管理! 表現力! 表現力とコスト 一覧と詳細 単一の表現 ブラウザからアクセス 運用/メンテナンスコスト 容易な立ち上げ Tracking System 惜しい! オレオレ管理表の量産 権限コントロール データを Excel に出力 入力/更新の容易性 データの更新と信頼性 共有できる! 閉じた情報共有 他部門との共有 他ツールとの連携に課題

9.

プロジェクト管理とソフトウェア現場 ビジネス 利害関係者の拡大 開発の現場 LEARN s s e in s u B f o S e r a tw MEASURE 継続的デリバリー < Excel BUILD Tracking System

10.

プロジェクト管理のスケーリングと特徴 データ収集と更新の課題 (1件ごとのデータと表現) データ収集と更新の課題 (表単位のデータと表現) データ分散と裏付けの課題 (表単位) データ分散と裏付けの課題 (一連のライフサイクル単位) 権限とガバナンス トレーサビリティと連携 < Excel Tracking System 誰でも使える / わかった気になれる 利害関係者が広がると課題が浮き彫りになる 意外と広範囲に使える道具 意外と適用範囲がチームレベルに

11.

これからのプロジェクト管理ツールの役割 情報の粒度の調整 人と情報と成果の Hub トレーサビリティのドライバ 複雑さの軽減 Tracking System 気持ちよく情報共有から協調へ

12.

「業務」とは何か? OUTPUT INPUT Activity Tracking System

13.

「ソフトウェア開発」とは何か? タ ス ド コード コ ー ド ド ビル バックログ コ コ ー ド ビル ド ド バグ ス ク バグ ド ド ー コ ド ド OUTPUT ー コ ク バグ バ ス グ Activity タ タ ス ド ク ク バグ ー ス タ コ ビ グ ル バ バ ク ド グ ス タ タ ス バ ク ク グ ス バグ タス System タ Tracking ク バグ グ バ コー ー コ ド ビ コー ルド ド ド ー ビルド コ ビルド ド ー コ コー ド ー コ ド ー ー バグ タ コー ド コ ー ード コ コ ド ー ク コ ス タ タス コ INPUT ク タス ク グ バ ド ード グ バ コー ル タ グビ グ ロ ス ク ク ク ッ ス バ タ バグ クロ ド ビル バッ バグ ク ド コー ド ド コ ー ド ー コ

14.

「ソフトウェア開発」とは何か? バックログ タスク ソースコード 例① Feature バグ 例② Bugfix ビルド / コード ソースコード

15.

ソフトウェア デリバリーと複雑さ アイデア

16.

ソフトウェア デリバリーと複雑さ アイデア 要件の 優先順位 ビルド

17.

ソフトウェア デリバリーと複雑さ アイデア 要件の 優先順位 ビルド 各ファイルの 変更履歴

18.

ソフトウェア デリバリーと複雑さ アイデア 要件の 優先順位 ビルド タスク テスト ブランチ / 変更セット 各ファイルの 変更履歴 バグ

19.

複雑さに立ち向かうコツ 粒度 アイデア > ビルド > バックログ > タスクやバグ > ソースコード 表現 自由形式 現物 箇条書き ファイル

20.

プロジェクト管理ツールの活躍する場面 アイデア 要件の 優先順位 ビルド タスク テスト ブランチ / 変更セット 各ファイルの 変更履歴 バグ

21.

プロジェクト管理ツールの活躍する場面 アイデア 要件の 優先順位 ビルド タスク テスト ブランチ / 変更セット 各ファイルの 変更履歴 バグ

22.

プロジェクト管理ツールの活躍する場面 アイデア 要件の 優先順位 ビルド タスク テスト ブランチ / 変更セット 各ファイルの 変更履歴 バグ

23.

JIRA を中心とした無理のない開発ワークフロー アイデア 要件の 優先順位 ビルド タスク テスト ブランチ / 変更セット 各ファイルの 変更履歴 バグ

24.

バリュー チェーンを確率し、継続的デリバリー ビジネス / 企画 e W ♡ 開発 / テスト e r a w t f So チーム / マネージメント 運用 / ビジネス

25.

開発のストーリー http://www.atlassian.com/ja/how-it-works

26.

アイデアをイメージ 書いてみる 議論する モックを作る

27.

計画する バックログを把握する 優先順位をつける 状況に応じた判断

28.

創る コードを書く レビューする ビルド/デプロイ

29.

活かす 形式知化 調整する メンテナンス

30.

定着と横展開のカベ Live Documents Version Control Tracking System

31.

RickSoft Seminar, 2014/3/13, Tokyo これからのソフトウェア開発での プロジェクト管理の展望 長沢 智治 アトラシアン株式会社 テクニカル エバンジェリスト Twitter: @tomohn Mail: tnagasawa@atlassian.com Blog: re-workstyle.com ご清聴、まことにありがとうございました。 講演 / 執筆 のご依頼は、お気軽にお申し付けください。