【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化

257 Views

February 20, 10

スライド概要

デブサミ2010の講演資料です。

profile-image

サーバントワークス株式会社 代表取締役/アジャイルストラテジスト/アジャイルコーチ/エバンジェリスト DASA Ambassador DASA DevOps 認定トレーナー 株式会社Helpfeel アドバイザー 講演や支援のご相談はぜひお気軽に(ご相談は無料です)! PSPO II, PSM II, SPS, PAL-EBM, PAL I, PSU I, PSK I, PSD I, PSPO I, PSM I, CSM

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

18-D-2 Developers Summit 2010

2.

Developers Summit 2010

3.

「開発する側」 から 「開発を支援する側」 へ、まわって… ▪ 長沢 智治(Tomoharu Nagasawa) ▪ マイクロソフトのエバンジェリスト ▪ 以前: プリンシパル コンサルタント、ソリューション アーキテクトなど ▪ 情報発信 ▪ ブログ: http://blogs.itmedia.co.jp/nagap ▪ ブログ: http://blogs.msdn.com/tomohn ▪ Twitter: http://twitter.com/tomohn Developers Summit 2010

4.

▪ 皆さんの “現場” は ▪ 変わりましたか? ▪ 変われそうですか? ▪ このセッションで変われるか? ▪ No! 答えは “現場” にあります。 ▪ このセッションはきっかけの一つになりたい。 Developers Summit 2010

5.

http://www.microsoft.com/japan/powerpro/developer/agile 隔週で更新!参加団体/コミュニティ続々登場!随時受付中! Developers Summit 2010

6.

マイクロソフトと アジャイル開発 進化した Visual Studio 2010 Developers Summit 2010

7.

▪ 前半: 事例紹介 ▪ マイクロソフト本社でのアジャイル開発実 践事例のポイントを紹介 ▪ 後半: デモ中心 ▪ デモ: Visual Studio 2010 の世界観 ▪ Visual Studio 2010 on Windows ▪ Eclipse on Mac OS X Developers Summit 2010

8.

Developers Summit 2010

9.

複雑化 システム&チーム 市場への適正対応 コミットメント ・・・ 利害関係者の増加 Developers Summit 2010 安定性 セキュリティ ・・・

10.

市場ニーズ ムリ ムラ ムダ Get Clean, Stay Clean アジャイルな 開発スタイル 全体を通した 透明性の維持 Developers Summit 2010

11.

トップダウン 製品戦略 計画 機能 V.S. 作業 やり方 実績 ボトムアップ バリューアップ でアジリティを向上 最適化された意思共有の階層構造 Work Down から Value Up へ Developers Summit 2010

12.

「相互依存宣言(Declaration of Interdependence)」 http://www.pmdoi.org/ Developers Summit 2010

13.

Visual Studio 開発部門 | 新規開発を完全中断して目指したこと “価値” Code Complete Feature Complete Developers Summit 2010

14.

End to End で利害関係者に透明性を提供する階層構造を定義 Main objectives 計画 Value proposition Experiences 実行 Scenario Feature Value prop exp Feature Value prop exp exp Feature Developers Summit 2010 Feature Feature

15.

Continue What we’ve been doing Re-engineer Processes Theme Marketing Feature Scenario Spec Improvement Feature Crew Task Task Consolidate processes Pillar Scenario Microsoft Process Template(MPT) として、オープンソースで公開中 Feature Task Developers Summit 2010

16.

求められ る機能/ツ ール ポータル タスク バグ ビルド ソース管理 マネージャ レポート チームメンバー ▪ 地味なコスト ▪ ▪ ▪ ▪ 個々のやり方/ツール習熟 ツール間のデータ連携 手動操作の凡ミスや、ストレス 導入/管理の手間ひま、フォローの遅れ Developers Summit 2010

17.

個別ツ ール ポータル タスク バグ ソース管理 ビルド レポート プロジェクト ポータル 開発プロセス 作業項目管理 ソース管理 ユーザーストーリー Feature タスク バグ ビルド管理 メトリックス / レポート マネージャ Developers Summit 2010 チームメンバー

18.

Developers Summit 2010

19.

2つの主要な利用目的> 1.Dogfood * 2.製品開発 ユーザー プロジェ 数 クト数 Raw データ > ..31 TFS インスタンス ..VS 2008 in use since ‘05 ..VS 2010 in use since ‘07 作業項目数 ソース ファイル数 ビルド数 VS 2008 17,131 3,717 4,168,931 65,423,362 896,789 VS 2010 1,103 19 242,769 114,253 2,622 18,234 3,736 4,411,700 65,537,615 899,411 合計 * Dogfood: n. [Mi crosoft, Netscape] Interi m softw are used i nternal l y for testing. "To eat one's ow n dogfood“… means to use the software one is developing, as part of one's everyday development environment… Developers… using their own software will quickly learn what's missing or broken. Developers Summit 2010

20.

▪ マイクロソフトでの大きな実例 現在のユーザー数 作業項目数 3,586 716,858 作業項目のバージョン数 ソースファイル数 ビルド数 5,752,885 23,681,882 2,010/月 2009年 10月現在 Developers Summit 2010

21.

Team Foundation Server で分散開発、複数チームを統率 実行 計画 Main objectives Value Proposition Scenario Value prop Value proposition Experiences exp Feature feat Value prop exp exp feat feat feat Experience Bug Task Feature Developers Summit 2010

22.

小規模なチームを構成し、自由を許容し、アジャイルを実践 バーチャル チーム = 『Feature Crew』 『Feature Crew』: Feature の完成に責任を持つチーム = プロジェクト PM DEV Feature #001 Feature #002 Feature #003 物理的な組織 Developers Summit 2010 TEST

23.

短期間で、成果を共有、確かな品質とアジリティを向上 Iteration #1 Iteration #2 Product Unit ブランチ 3 ~ 6 週間 Feature ブランチ Check Point #1 Check Point #2 Developers Summit 2010

24.

リスクを考慮し、常にアジリティの高い意思決定を継続する Cut-line を 見極める 重要な Feature を上位に押し上げ Yellow/Red を見 極め、減らす Developers Summit 2010

25.

短期ゴール設定とより精度の高い見積もりでアジリティを向上 開始時 CP#1 CP#2 コミット Feature ブランチ 見積り コミット 見積り 再見積り コミット Check Point (CP): • マネージャとの レビュー/フィードバック/意思決定の機会 Check Point #1 Check Point #2 実施計画レビュー 実施内容レビュー どのように計画し たのかを説明 何を実施したのか を説明 Feature のデモ Developers Summit 2010

26.

最小限の報告義務で、最大限の透明性を確保 Task Task Task 各 Feature の進捗 Feature 単位での報告義務 (タスク レベルは Team の方針による) Product Unit の進捗 ビジネスの進捗 Developers Summit 2010

27.

Quality Gate により、共通の品質基準で、”価値”を計測 セキュリティ計画 静的コード分析 コード カバレッジ パフォーマンスの後退がない ローカライゼーション テスト API レビュー すべてのバグ フィックス Developers Summit 2010

28.

Team Foundation Server により、レポートは即時、自動作成 Value Prop Value Prop から Experiences Experience から Features Feature 詳細 価値を高める堅実で、正しい開発を行えば、透明性は自ずと確保できる 透明性は、組織、チーム、個人の価値になる Developers Summit 2010

29.

M0 現在の製品開発サイクル リリース計画とコストの見積もり Planning MQ M0 プロダクト バックログ プラクティスの改善、 次期バージョンへの準備 リリースの目的と顧客価値の設定 M1 開発作業 M3 M3.1 M3.3 再開発作業 2年以内 3~4年 過去の製品開発サイクル 開発とテスト作業 CTP Beta1 統合作業、そして祈り Beta1 Beta2 地獄のようなテスト Beta2 RC RTM ムリ 0 ~ n 回の最終ビルド RTM 出荷! ムダ RC ムラ Developers Summit 2010 主要利用シナリオの ユーザーによるフィードバック 広範囲なユーザーへのお披 露目とフィードバック ユーザーと共に変更点を確 認、フィードバック 0 ~ n 回の最終ビルド 出荷!

30.

Whidbey Beta 1 Product bugs only “Whidbey” = Visual Studio 2005 Orcas Beta 1 stats ALL bug debt “Orcas” = Visual Studio 2008 Developers Summit 2010

31.

垣根を越えた 協力体制 縦割り構造の プロジェクト リソースの 最適化 個別最適な リソース活用 明確なゴール と意識統一 困難な ゴールの設定 毎 15 分 毎 1 分未満 Developers Summit 2010 85% 毎 28 分 削減 毎4分

32.

Developers Summit 2010

33.

Developers Summit 2010

34.

Developers Summit 2010

35.

Developers Summit 2010

36.

すべてのエディションで Agile Ready! Developers Summit 2010

37.

Team Foundation Server ベースで、より高い Agile Ready! Developers Summit 2010

38.

Agile is a movement… Agile FDD Scrum XP represented by a set of methodologies… Others CI TDD BDD Stand Ups Domain Model Feature Team Product Backlog Burn-down Pairwise Programming Refactor Sprint Backlog Developers Summit 2010 comprised of a set a best practices.

39.

『Tool for Agility』 by Kent Beck より Developers Summit 2010

40.

『Tool for Agility』 by Kent Beck Developers Summit 2010

41.

Developers Summit 2010

42.

Developers Summit 2010

43.

Microsoft Solutions Framework for Agile Software Development 5.0 英語: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd380647(VS.100).aspx 日本語: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd380647(VS.100).aspx ▪ Scrum ▪ Engineering Practices ▪ Artifacts ▪ Roles ▪ Meetings Developers Summit 2010

44.

ユーザー ストーリー ユーザー ストーリー タスク Commit 3 ! 3 3 Commit ! Can’t Commit ! Developers Summit 2010

45.

Developers Summit 2010

46.

Developers Summit 2010

47.

Developers Summit 2010

48.

Developers Summit 2010

49.

“Done” を実践、効率化する多くの機能を提供 Developers Summit 2010

50.

“Done” を実践、効率化する多くの機能を提供 テスト記述 リファクタリング テスト実施 テスト実施 Developers Summit 2010 コード記述

51.

“Done” を実践、効率化する多くの機能を提供 Gated Check-in (ゲート チェックイン) Developers Summit 2010

52.

“Done” を実践、効率化する多くの機能を提供 Developers Summit 2010

53.

デフォルト設定 Developers Summit 2010

54.

TFS Sticky Buddy http:// tfsstickybuddy.codeplex.com Team Build Screen Saver http://teambuildscreensaver.codeplex.com Scrum Planning Poker http://scrumpoker.codeplex.com/ Developers Summit 2010

55.

▪ マイクロソフトは、継続してアジリティの 高いプラットフォームの開発に取り組みま す。 ▪ 進化した Visual Studio 2010 は、その英 知を皆様にお届けする開発プラットフォー ムです。 Developers Summit 2010

56.

http://www.microsoft.com/japan/visual studio/products/2010/default.mspx Developers Summit 2010

57.

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/overview/ Developers Summit 2010

58.

http://www.microsoft.com/japan/powerpro/developer/agile/ Developers Summit 2010

59.

http://download.microsoft.com/downlo ad/5/1/8/518c15f0-ca42-429d-93c6b5890183a979/Tools_for_Agility_white _paper_by_Kent_Beck.pdf http://bit.ly/16Ig1j Developers Summit 2010

60.

Visual Studio Team Systemで実践する ソフトウェアエンジニアリング 成功する開発プロジェクト運営のために 著者 Sam Guckenheimer Juan J. Perez Developers Summit 2010

61.

Developers Summit 2010

62.

▪ マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 長沢 智治 (ながさわ ともはる) ▪ ▪ ▪ ▪ [email protected] http://blogs.msdn.com/tomohn http://blogs.itmedia.co.jp/nagap http://twitter.com/tomohn (@tomohn) Developers Summit 2010

63.

Developers Summit 2010