【XDev】A-2 アジリティ向上のためのツール活用

>100 Views

September 08, 10

スライド概要

9/7 日経BP主催 X-over Development Conference (XDev) A-2

お問い合わせ:
https://www.servantworks.co.jp/contact/
contact@servantworks.co.jp

profile-image

サーバントワークス株式会社 代表取締役/チーフアジャイルコーチ/エバンジェリスト DASA Ambassador DASA DevOps 認定トレーナー NOTA株式会社 アドバイザー 講演や支援のご相談はぜひお気軽に(ご相談は無料です)! PSPO II, PSM II, SPS, PAL-EBM, PAL I, PSU I, PSK I, PSD I, PSPO I, PSM I, CSM

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
4.

Visual Studio 開発部門の実績 そこから生まれた究極の開発ツール

5.

Quality, Cost, Delivery Quality Cost Delivery

6.

ビジネス価値へのアジリティ Agility for Business Value Agility Transparency Team Professional

7.

アジリティ What’s Agility Agility Transparency Team Professional

8.

Next Challenge of Software Development

9.

Scale Up/Out for Software Development ツール範囲の 挗と匚 統合開発環境 (IDE) 個々人のスキル チーム と コラボレート Agility Transparency Team Professional

10.

Scale Up/Out for Software Development  最適なツールの勘拒  单 匂き据しと予測可能性の勘厵 統合開発環境 (IDE) 個々人のスキル ツール範囲の 挗と匚 チーム と コラボレート Agility Transparency  個厌の クス リ ンス、  開発者だけが専用ツールを所持  チームの クス リ ンス、 Team  全員が専用ツールとコラボが可能 Professional

11.

Scale Up for Software Development ツール範囲の 挗と匚 スキル/経験などの状況 に適応した開発ツール で効厾 と 拾 チーム と コラボレート 開発者と同様にテスト担当者 やプロジェクト拻 者にも 最適なツールを プロジェクトとシステムの 透明性と予測可能性を高める 開発インフラストラクチャー

12.

Tool for Agility

13.

への勺 厱

14.

への勺 厱

15.

設計 開発 テスト

16.

Visual Studio 2010 の製品構成 New New Test Manager 2010 IntelliTrace™ New テストケース UML モデリング New アーキテクチャー エクスプローラー New New 依存関係グラフ ロード テスト 自動 UI テスト 手動テスト New New テストの記録と再生 レイヤー ダイアグラム Web テスト テスト 分析 パフォーマンス プロファイリング 静的コード分析 コード カバレッジ コード メトリクス データベース厭 New New データベース単体テスト Silverlight 開発 SharePoint 開発 データベースの配置 New New テスト データの生成 マルチコア対応開発 クラウド アプリケーション開発 Web アプリケーション開発 Windows アプリ開発 メンバーの逆生成 Office アプリケーション開発 新しい WPF エディタ IDE のカスタマイズ New New

17.

Visual Studio 2010 の製品構成 バージョン New 自動ビルド 基本構成 New チェックイン時の品質確認 New New (クライアント OS 上で稼働) 開発叔 の參 アジャイル計画ツール レポーティング テストケース チームポータル New 仮想環境の と 開 仮想環境の構築 (テンプレート) 仮想環境のチェックポイント New Microsoft Test Manager 2010 テストケース テストの記録と 手動テスト ラ の構成 チーム エクスプローラー チーム エージェント

18.

Scale Up for Software Development ツール範囲の 挗と匚 スキル/経験などの状況 に適応した開発ツール で効厾 と 拾 チーム と コラボレート 開発者と同様にテスト担当者 やプロジェクト拻 者にも 最適なツールを プロジェクトとシステムの 透明性と予測可能性を高める 開発インフラストラクチャー

19.

Agility for you

20.

Black-box or High-transparency

21.

Transparency

22.

Traceability for Application Lifecycle

23.

Traceability for Application Lifecycle

24.

All-in-One Development Infrastructure

25.

#1 #2 #3 #3 #6 #7 #8 #8 #5 #9 #10 #8

26.

Process Outline – Ex: Scrum 历匪 To Do Doing #1 #2 #3 #4 #5 #6 #6 Done

27.

Team Collaboration Optimization Team Explorer Team Web Access TFS Power Tools Team Explorer Team Explorer Everywhere

28.

When do you play practices?

29.

やっておきたいこと/生産性 A consideration for tool チーム メンバー

30.

やっておきたいこと/生産性 A consideration for tool チーム メンバー

31.

Team Development  チームの成 により変動  Team Foundation Server による効果の加速

33.

まとめ  早いサイクルで成果を上げるためにあなた は何をし始めますか?  あなたの使っている開発ツールは  使いこなせていますか?  もっといいものはないですか?  チームの活動を支援できていますか? 選ぶのは、あなた(チーム)です。

34.

Next Steps To Do Doing Done

36.

情報リソース http://download.microsoft.com/downlo ad/5/1/8/518c15f0-ca42-429d-93c6b5890183a979/Tools_for_Agility_white _paper_by_Kent_Beck.pdf http://bit.ly/16Ig1j

37.

お問い合わせ、フィードバック: ✉ tomohn@microsoft.com t http://twitter.com/tomohn (@tomohn) © 2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows 7 and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries. The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

\初めてのセミナーを開催します/

採用セミナー開催