Fearless Journey

474 Views

July 09, 22

スライド概要

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Fearless Journey KADO Masanori kdmsnr@gmail.com

2.

Fearless Change Pattern For Introducing New Idea

3.

パターンとは?

4.

パターンの要素 パターン名 文脈 問題 制約 解決

5.

パターンの要素と例 組織改革の 担当者に なってしまっ た! 全員に協 力してもら うのは無 理! パターン名 文脈 問題 制約 解決 1人だと難 しすぎる! 興味を持って くれそうな人か ら声をかけて みよう!

6.

パターンのつながり 組織改革の 担当者に なってしまっ た! 全員に協 力してもら うのは無 理! パターン名 文脈 問題 制約 解決 (結果) 文脈 1人だと難 しすぎる! 興味を持って くれそうな人か ら声をかけて みよう!

7.

パターンはつながるよどこまでも ● 「パターン」はいわば「語彙」である ● 「語彙」をつなげれば「言語」になる ● 「言語」になれば「会話」ができる ● それを人は「パターンランゲージ」と呼ぶ ● 会話練習のためのFearless Journey

8.

48の戦略カード 概要 文脈 制約 自 分 で 考 え る パターン名 問題 解決

9.

まずはチームづくり ● パターンの「文脈」と「制約」が共有できるチーム を作る ● プレーヤーは最大6名 ● 戦略カードを5枚ずつ配る ● 白紙のカード(A8)を40枚用意する ● パスカードを箱か袋に入れておく

10.

成功カードを配置する

11.

目標やビジョンをチームで決める 自分たちの目標 A8カードに書いて 成功カードの上に置く

12.

間隔をあけて開始カードを配置する 自分たちの目標 パスカード11枚分 または約40cm

13.

現状をチームで確認する 自分たちの現状 A8カードに書いて 開始カードの上に置く 自分たちの目標 パスカード11枚分 または約40cm

14.

障害や問題となるようなことを A8カード20枚に書く(残り20枚は白紙) 障害物 障害物 障害物 障害物 障害物 自分たちの現状 障害物 障害物 障害物 障害物 パスカード11枚分 または約40cm 自分たちの目標

15.

戦略カードと障害物カード(白紙含)をデッ キにして開始カードの左に置く 障害物 障害物 戦略カード デッキ 自分たちの現状 障害物 障害物 障害物 デッキ 両方とも「裏返し」にして置く

16.

ゲームの流れ 1. パスカードを見ずに引いて、 開始カードからの「道」をつなげる。 2. 障害物カードを引く。 a. 白紙ならば、次のプレーヤーの順番。 b. 障害物ならば、声に出して読みあげて、先ほどのパス カードの上に重ねて置く。 ※障害物カードはパスカードよりも大きい!! 3. チームで障害物に対する戦略を考える。

17.

チームで障害物に対する戦略を考える 1. すべてのプレーヤーが手札の戦略カードのなか から障害物に対する戦略を探す。 2. 現在のプレーヤーを中心にして、みんなで戦略 について話し合う。 a. みんなで合意できたら、障害物カードと戦略カードを重 b. ねて、成功カードの右に置く。 合意できなければ、次のプレーヤーの順番。 3. 戦略カードを出した人は、現在のプレーヤーか らカードを補充してもらう。現在のプレーヤー は、戦略デッキから引く。

18.

ゲームの終了条件 ● 「道」が成功カードに到着したとき ● タイムボックスが終了したとき ● 障害物がなくなったとき ● 飽きたとき

19.

ふりかえり ● 楽しかったこと/楽しくなかったこと ● 難しかったこと/簡単だったこと ● 役に立ったこと/役に立たなかったこと ● 解決したカードの実行計画を立てるなら? ● パターンについてどう思ったか? ● ……などなど。 ●

20.

詳しいルールは公式サイトからDL可能 http://fearlessjourney.info/