20210221_本を読む人の姿は美しい

589 Views

February 21, 21

スライド概要

令和2年度名張市立図書館シンポジウム「これからの図書館について考えるシンポジウム:図書館にできること、図書館ができること」の講演スライドです。

profile-image

1977年茨城県生まれ|皇學館大学文学部国文学科准教授・図書館司書課程|つくば→スロベニア→伊勢|図書館情報学(文学館・文学散歩・文学アーカイブ・ウィキペディアタウン・学生協働・読書会)|ビブリオバトル普及委員会代表理事(二代目)済|知的資源イニシアティブLibrary of the Year選考委員長|伊勢河崎一箱古本市

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

岡 野 裕 行 皇 學 館 大 学 文 学 部 国 文 学 科 准 教 授 姿 は 美 本 を 読 む し 人 い の 〜 図 書 館 に で き る こ と ︑ 図 書 館 が で き る こ と 〜 こ れ か ら の 図 書 館 に つ い て 考 え る シ ン ポ ジ ウ ム 二 〇 二 一 年 二 月 二 十 一 日 ︵ 日 ︶ 名 張 市 立 図 書 館

2.

二 〇 一 八 年 桑 名 市 立 図 書 館 協 議 会 委 員 長 名 張 市 立 図 書 館 協 議 会 委 員 二 〇 一 七 年 ︵ 二 〇 二 〇 年 ま で ︶ 津 市 子 ど も 読 書 活 動 推 進 会 議 副 委 員 長 伊 勢 市 子 ど も 読 書 活 動 推 進 会 議 委 員 長 伊 勢 市 立 図 書 館 協 議 会 委 員 長 三 重 県 立 図 書 館 協 議 会 委 員 二 〇 一 六 年 一 般 社 団 法 人 ビ ブ リ オ バ ト ル 協 会 副 代 表 理 事 皇 學 館 大 学 附 属 図 書 館 ふ み く ら 倶 楽 部 顧 問 伊 勢 河 崎 一 箱 古 本 市 実 行 委 員 会 運 営 委 員 ビ ブ リ オ バ ト ル 普 及 委 員 会 代 表 理 事 二 〇 一 五 年 二 〇 一 三 年 皇 學 館 大 学 文 学 部 国 文 学 科 准 教 授 ビ ブ リ オ バ ト ル 普 及 委 員 会 理 事 二 〇 一 一 年 Library of the Year Library of the Year 担 当 理 事 知 的 資 源 イ ニ シ ア テ ィ ブ ︵ I R I ︶ 二 〇 一 九 年 選 考 委 員 知 的 資 源 イ ニ シ ア テ ィ ブ ︵ I R I ︶ ビ ブ リ オ バ ト ル 普 及 委 員 会 普 及 委 員 ︵ 図 書 館 司 書 課 程 担 当 ︶ 皇 學 館 大 学 文 学 部 国 文 学 科 助 教 専 任 講 師 ︵ 二 〇 〇 七 年 ま で ︶ ア ジ ア ・ ア フ リ カ 研 究 科 日 本 研 究 講 座 ス ロ ヴ ェ ニ ア 共 和 国 リ ュ ブ リ ャ ナ 大 学 文 学 部 図 書 館 情 報 メ デ ィ ア 専 攻 博 士 後 期 課 程 修 了 二 〇 〇 六 年 二 〇 〇 三 年 二 〇 〇 〇 年 一 九 七 七 年 筑 波 大 学 大 学 院 図 書 館 情 報 メ デ ィ ア 研 究 科 図 書 館 情 報 大 学 大 学 院 情 報 メ デ ィ ア 研 究 科 図 書 館 情 報 大 学 図 書 館 情 報 学 部 茨 城 県 生 ま れ 情 報 メ デ ィ ア 専 攻 博 士 前 期 課 程 修 了 図 書 館 情 報 学 科 卒 業 自 己 紹 介

3.

参 す 考 る に 本 改 訂 増 補 版 ︑ 文 学 通 信 ︑ 二 〇 二 〇 年 ﹃ 読 書 の 歴 史 を 問 う 書 物 と 読 者 の 近 代 ﹄ 和 田 敦 彦 著 1 . 読 書 と は

4.

■ 改 和 参 訂 田 照 増 敦 補 彦 版 著 ︑ ﹃ 文 読 学 書 通 の 信 歴 ︑ 史 二 を 〇 問 二 う 〇 年 書 物 と 読 者 の 近 代 ﹄ を 見 出 し て い く こ と が で き る ︒ れ ︑ あ る い は 消 え て い く 読 書 の 歴 史 あ 先 ぜ と そ る や ︑ と ︒ 移 ど と れ 動 こ も に 元 に に よ ︑ と い っ っ ど の て 関 た こ 新 係 の か た で か ら な 捉 ︑ 購 読 え と 入 者 る い さ が 必 う れ 生 要 移 ︑ ま が 動 な つ ︑ ど れ だ け 購 入 さ れ た か と い う こ あ を て そ な ある 考 ︑ れ 関 ︒ え 書 を 係 る る 物 失 を 蔵 上 の も 書 う で 移 つ の 契 動 大 契 歴 機 き こ 機 史 で な そ で は あ 意 が あ る ︑ 味 ︑ り そ ︒ ︑ を 読 れ 持 者 し あ ら つ の た る が の 歴 が い い で 史 っ は 書 物 の 移 動 は ︑ 書 物 が 読 者 と 新 た 読 者 と の 新 た な 関 係 書 物 の 移 動 と 1 . 読 書 と は

5.

■ 改 和 参 訂 田 照 増 敦 補 彦 版 著 ︑ ﹃ 文 読 学 書 通 の 信 歴 ︑ 史 二 を 〇 問 二 う 〇 年 書 物 と 読 者 の 近 代 ﹄ こ理 と解 ︒し て い く 読 者 の 内 な る プ ロ セ ス の ● た ど り つ い た そ の 書 物 を 読 者 が 読 み ︑ ② 理 解 す る プ ロ セ ス た ど り つ く プ ロ セ ス の こ と ︒ ● 書 物 が 時 間 や 空 間 を 移 動 し て ︑ 読 者 に ① た ど り つ く プ ロ セ ス 読 書 と い う 概 念 1 . 読 書 と は

6.

■ 改 和 参 訂 田 照 増 敦 補 彦 版 著 ︑ ﹃ 文 読 学 書 通 の 信 歴 ︑ 史 二 を 〇 問 二 う 〇 年 書 物 と 読 者 の 近 代 ﹄ 他 者 へ と 渡 し て い く プ ロ セ ス の こ と ︒ に つ い て ︑ そ れ ら を 何 ら か の 方 法 で ● 自 分 が 収 集 し ︑ 手 元 に 残 し て き た 書 物 他 者 に 伝 え た り す る プ ロ セ ス の こ と ︒ 残 し た り ︑ 語 り か け る こ と に よ っ て 得 た 知 識 や 思 考 を ︑ 記 録 に 書 き 留 め て ● 自 分 の な か に 溜 め 込 ま れ た 読 書 体 験 で ③ ② ① ● 理 ● た あ こ 理 た た 書 たと解ど 解ど物 ど え︒しり すりが り る る つ て つ つ時 プ い い プく間 く く た ロプや プ ロ 読 そ セロ空 ロ セ 者 の セ 間 ス ス セ の 書 スを ︵ ス 内 物 の移 岡 野 に よ る 追 加 ︶ な る プ ロ セ ス の を 読 者 が 読 み ︑ こ動 とし ︒て ︑ 読 者 に 読 書 と い う 概 念 ︵ 追 加 ︶ 1 . 読 書 と は

7.

へ と よ の な か を 移 動 し て い く ︒ 換 え な が ら ︑ 次 々 に 新 し い 持 ち 主 の も と は る か に 長 い ︒ 書 物 は 車 ︵ 人 ︶ を 乗 り ● 人 の 寿 命 よ り も ︑ 書 物 の 寿 命 の ほ う が 人 は 書 物 を 運 ぶ 車 の 役 割 に な る ︒ ● 書 物 を 乗 り 手 に た と え て み る な ら ば ︑ で も あ る ︒ あ り ︑ ほ か の 誰 か に 書 物 を 届 け る 人 書 物 を 別 の 場 所 へ と 移 動 さ せ る 人 で ② ① ● 運 書 書 あ そ 視 人 い 幾 人 は 搬 物 物 ち の 点 る 度 は 書︒と生 者 を を こ 書 を 物 ︶ 移 手 ち 物 人 な き の く て に 動 に を が で 読 書 い な さ し 移 人 は み 物 る る せ て 動 の な の 限 ︒ る い し 手 く 手 場 ら で 仲 る 続 か 書 所 れ あ 介 人 け ら 物 を た る 者 の る 別 の 動 時 と ︵ 存 と の 側 か 間 同 あ 在 考 人 に し の 時 る は え の 置 続 な に い ︑ る 手 き け か て で ︑ は と へ ︑ ︑ ︑ と 人 は 書 物 を 動 か す 2 . 読 者 と は

8.

を し て い る の か を ︑ お 互 い に す り 合 わ せ て 人 と 本 と の ど う い う 関 わ り 方 に つ い て の 話 多 様 な 形 を 想 定 す る こ と が で き る ︒ ● 本 + 動 詞 ﹂ の 組 み 合 わ せ を 考 え る と ︑ 「 お か な け れ ば な ら な い ︒ ● 誰 か と ﹁ 本 の 話 ﹂ を す る 場 合 に は ︑ そ れ が 合 い 方 の 多 様 性 が 表 現 さ れ て い る ︒ ② 読 書 と い う 概 念 に は ︑ 人 と 本 と の 付 き ● 本 に 言 葉 を 添 え る ● 本 を 読 み 上 げ る ● 本 に 書 き 込 み を す る ● 本 を 積 み 上 げ る ● 本 に 傍 線 を 引 く ● 本 を 見 つ け る ● 本 に 埋 も れ る ● 本 を 伝 え る ● 本 を 届 け る ● 本 が 現 れ る ● 本 を 残 す ● 本 を 選 ぶ ● 本 を 見 る ● 本 を 聴 く ● 本 を 取 る ● 本 を 探 す に ● ● ● 溺 本 本 本 れ に を に る 夢 書 没 中 き 頭 ● に 写 す 本 な す る を る 見 せ る を 眺 め る を を を を を を を 借 飾 隠 撮 運 作 売 り る す る ぶ る る る ● 本 に 触 れ る ● 本 を 並 べ る 多 種 多 様 で あ ● ● ● ● ● ● ● ● ● る 本 本 本 本 本 本 本 本 本 ︒ ● 本 を 贈 る ● 本 を 触 る ● 本 を 買 う ● 本 を 捲 る ● 本 を 書 く ● 本 を 貸 す ① 人 と 本 と の 関 係 を 言 い 表 す 形 は 本 と と も に 私 は 何 が で き る か 2 . 読 者 と は

9.

http://www.bibliobattle.jp/ ビ ブ リ オ バ ト ル 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

10.

https://doi.org/10.18919/jkg.66.10̲513 」 ■ ﹃ 五 岡参 情 一 野照 報 三 裕 の 〜 行 科 五 著 学 一 ﹁ と 七 ビ 技 ペ ブ 術 ー リ ﹄ ジ オ 第 バ 六 ト 十 ル 六 を 巻 通 ︑ し 第 て 十 読 号 書 ︑ に 二 つ 〇 い 一 て 六 考 年 え ︑ る そ の 読 書 体 験 を 伝 え る こ と も で き る ︒ 重 ね あ わ せ ︑ ま た ︑ 別 の 誰 か の た め に 受 取 り ︑ そ こ に 自 分 の 読 書 体 験 を さ ら に ● 誰 か が 言 語 化 し た 読 書 体 験 を 物 語 と し て な か で 積 み 重 ね ら れ て い く ︒ ② 読 書 体 験 は ︑ 人 と 人 と の 関 係 の 含 ん で い る ︒ へ と 自 分 の 言 葉 が 波 及 し て い く 可 能 性 を ● こ の こ と は ︑ さ ら に そ の 先 の 別 の 人 た ち よ う に な る こ と で あ る ︒ 自 ら の 手 を 離 れ て 他 者 の も と へ と 届 く い う こ と は ︑ そ こ で 生 み 出 さ れ た 言 葉 が 共 有 化 で き る 状 態 へ と 変 換 し て い く と ● 各 自 の 個 人 的 な 読 書 体 験 を 言 語 化 し ︑ こ と で 誰 か に 届 く 形 に な る ︒ ① 自 分 の 読 書 体 験 は ︑ 言 語 化 す る 読 書 体 験 の 言 語 化 ビ ブ リ オ バ ト ル に よ る 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

11.

他 人 の た め に も 存 在 し て い る ︒ ● 自 分 の 言 葉 は 自 分 自 身 の た め で も あ り ︑ い る 存 在 と も 言 え る ︒ 自 分 で は な い 誰 か の た め に 考 え 続 け て 考 え て も ら っ て い る が ︑ そ の 一 方 で ︑ ② 私 た ち は 読 書 を 通 じ て 他 人 に も の を 誰 か の 言 葉 に 影 響 を 受 け て 構 成 さ れ る ︒ ● 私 自 身 の 個 人 的 な 読 書 体 験 も ︑ ど こ か の 述 べ て い る ︒ こ と で あ る ﹂ と シ ョ ウ ペ ン ハ ウ エ ル は ① 読 書 と は 他 人 に も の を 考 え て も ら う 「 ■ シ 参 ョ 照 ウ ペ ン ハ ウ エ ル 著 ﹃ 読 書 に つ い て ﹄ 岩 波 書 店 ︑ 一 九 六 〇 年 読 書 体 験 の 共 有 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

12.

良 い 図 書 館 を 良 い と 言 う Library of the Year 3 . 本 に つ い て 語 る こ と http://www.bibliobattle.jp/ ■ 参 照

13.

⑦ 図 書 館 の P R 活 動 に 寄 与 す る ︒ 共 有 す る ︒ ⑥ 図 書 館 活 動 に お け る 各 館 の ノ ウ ハ ウ を ⑤ 人 々 の 知 識 の 再 生 産 を 促 す ︒ ④ 良 い ﹂ 図 書 館 の 存 在 を 公 に 周 知 す る ︒ ③ 良 い ﹂ 取 り 組 み を 言 語 化 す る ︒ ② 外 部 評 価 に よ る 優 秀 性 の 評 価 を す る ︒ ① 外 部 評 価 に よ る 事 業 の 承 認 を す る ︒ Library of the Year 動 機 づ け を 与 え る ︒ ⑧ 人 々 に ﹁ 良 い ﹂ 図 書 館 を 探 そ う と す る 「 「 与 え る ︒ ⑨ 良 い ﹂ 図 書 館 を 目 指 す き っ か け を 「 「 き っ か け を 与 え る ︒ ⑩ 良 い ﹂ 図 書 館 に つ い て 考 え る た め の 「 」 第 十 三 号 ︑ 二 〇 一 五 年 ︑ 十 五 〜 五 十 四 ペ ー ジ ■ 未 岡 参 来 野 照 の 裕 こ 行 と 著 ﹁ ﹃ ラ 良 イ い ブ 図 ラ 書 リ 館 ー ﹂ ・ を リ ﹁ ソ 良 ー い ス ﹂ ・ と ガ 言 イ い ド 続 ﹄ け る 図 書 館 体 験 の 言 語 に 化 よ る 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

14.

参 す 考 る に 本 筑 摩 書 房 ︑ 二 〇 一 六 年 ﹃ 読 ん で い な い 本 に つ い て 堂 々 と 語 る 方 法 ﹄ ピ エ ー ル ・ バ イ ヤ ー ル 著 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

15.

■ 筑 ﹃ピ 参 読 摩 エ 照 書 んー で 房 ル ︑ い・ な 二 バ 〇 いイ 本 一 ヤ 六 にー つ 年 ル い著 て 堂 々 と 語 る 方 法 ﹄ ば 十 分 だ ろ う ︒ り す る 能 力 の す べ て に 思 い を 馳 せ れ に は 人 の 心 を と ら え る 物 語 を 語 っ た と そ の 反 応 に 注 意 を 払 っ た り ︑ さ ら な コ ン テ ク ス ト を 分 析 し た り ︑ 他 人 耳 を 傾 け た り ︑ 作 品 が 置 か れ る 新 た ま り 作 品 に 潜 在 す る 諸 々 の 可 能 性 に こ で 動 員 さ れ る さ ま ざ ま な 能 力 ︑ つ そ の こ と を 納 得 す る た め に は ︑ そ ら か で あ る ︒ の 対 応 が 要 求 さ れ る と い う こ と は 明 で は 他 の 諸 芸 術 の 場 合 と 同 じ レ ベ ル が 正 真 正 銘 の 創 造 活 動 で あ り ︑ そ こ 読 ん で い な い 本 に つ い て 語 る こ と ︿ 創 作 者 に な る こ と ﹀ 本 に つ い て 語 る こ と は 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

16.

■ 筑 ﹃ピ 参 読 摩 エ 照 書 んー で 房 ル ︑ い・ な 二 バ 〇 いイ 本 一 ヤ 六 にー つ 年 ル い著 て 堂 々 と 語 る 方 法 ﹄ か れ て い る の で あ る ︒ 発 揮 で き る 者 に は ︑ 教 養 の 総 体 が 開 作 家 た ち が 例 を 示 し て く れ た 能 力 を 分 自 身 に つ い て 語 る と い う ︑ 多 く の 言 説 を そ の 対 象 か ら 切 り 離 し ︑ 自 て 活 か さ れ う る こ と だ か ら で あ る ︒ る と い う こ と は ︑ 書 物 の 世 界 を 超 え に つ い て 巧 み に 語 る す べ を 心 得 て い と い う の も ︑ 自 分 の 知 ら な い こ と に 教 え る こ と で あ る ︒ た 有 益 な し か た で 脱 す る 方 法 を 彼 ら 多 く の 困 難 な 状 況 か ら 首 尾 よ く ︑ ま い う こ と を 学 生 に 教 え る こ と は ︑ 数 本 は 読 書 の た め に 再 創 造 さ れ る と ︿ 創 作 者 に な る こ と ﹀ 本 に つ い て 語 る こ と は 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

17.

筑 摩 書 房 ︑ 二 〇 一 六 年 」 ■ 堂大 参 々浦 照 と康 語介 る﹁ 方訳 法者 ﹄あ ピと エが ーき ル﹃ ・読 バん イで ヤい ーな ルい 著本 に つ い て あつ も 聞 るの そ 無 こ ︒だ れ 理 え か で は な ら も な い 不 い い 者 思 ち ︒ 同 議 お 士 と う の い は 対 え 対 話 ば 話 ﹂ 不 が に 思 成 な 議 り る で 立 の 話 題 に し た と こ ろ で ︑ そ れ が ﹁ 耳 の す る の だ か ら ︑ 二 人 寄 っ て 同 じ 本 を そ れ に ︑ 各 人 が 勝 手 な 読 み か た を と い う こ と も あ る ︒ あ け 骨 本 る が 子 本 の ︒ 記 は の 赤 憶 忘 記 い に れ 憶 カ 残 て は バ っ ︑ 穴 ー て 奇 だ だ い 妙 ら け る な け を と デ で 覚 い ィ あ え う テ る て こ ー ︒ い と ル 本 る も だ の 読 書 は と ら え ど こ ろ が な い 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

18.

筑 摩 書 房 ︑ 二 〇 一 六 年 」 ■ 堂大 参 々浦 照 と康 語介 る﹁ 方訳 法者 ﹄あ ピと エが ーき ル﹃ ・読 バん イで ヤい ーな ルい 著本 に つ い て る ︒ 書 物 は ﹁ 出 会 い ﹂ の 産 物 な の で あ に す る 者 た ち の あ い だ に あ る ︒ か た を す れ ば ︑ 書 物 は ︑ そ れ を 話 題 あ る い は ︑ 本 書 に よ り 即 し た 言 い 者 と の あ い だ に あ る ︒ 書 物 は ︑ 物 理 的 書 物 と そ れ を 読 む 人 た ち の も と に 存 在 す る 書 物 は そ れ を 話 題 に す る 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

19.

筑 摩 書 房 ︑ 二 〇 一 六 年 」 ■ 堂大 参 々浦 照 と康 語介 る﹁ 方訳 法者 ﹄あ ピと エが ーき ル﹃ ・読 バん イで ヤい ーな ルい 著本 に つ い て 必 要 と な る だ ろ う か ︒ ● そ の た め に は ︑ ど う い っ た 仕 組 み が だ ろ う か ︒ 誰 と ︑ 何 に つ い て ︑ ど の よ う に 語 れ る ● 私 た ち は 本 に つ い て ︑ い つ ︑ ど こ で ︑ 手 段 を 模 索 し て い く ︒ ② 読 書 を 妨 げ る も の を 乗 り 越 え る き っ か け が な い ︒ ● ど ん な 本 が あ る の か を 知 る た め の ● ど ん な 本 が あ る の か を 知 ら な い ︒ ● 本 に つ い て 語 る 相 手 が い な い ︒ ● 本 を 語 る 時 間 が な い ︒ ● 本 を 読 む 習 慣 が な い ︒ ● 現 物 の 本 が 入 手 で き な い ︒ 際 に は ︑ さ ま ざ ま な 制 約 が あ る ︒ ① 本 に つ い て 語 り 合 う 機 会 を つ く る 読 書 を 妨 げ る も の 3 . 本 に つ い て 語 る こ と

20.

参 す 考 る に 本 晶 文 社 ︑ 二 〇 一 七 年 今 日 か ら は じ め る ま ち づ く り ﹄ ﹃ マ イ パ ブ リ ッ ク と グ ラ ン ド レ ベ ル 田 中 元 子 著 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

21.

● 共 有 性 よ う な 性 質 が あ る ︒ あ な る く ︒ ︑ 公 共 的 で あ る 状 況 ﹂ を 指 す 言 葉 で 「 ● ● 第 関 第 実 第 三 係 三 践 三 者 性 者 性 者 ど に と う と の し っ 接 が て 触 互 ﹁ 可 い 自 能 の 分 性 存 の が 在 居 あ を 場 る 許 所 ︒ 容 ﹂ し で 合 あ え る る ︒ ② 公 共 的 で あ る 状 況 ﹂ に は ︑ 以 下 の 「 ■ 今 田 参 日 中 照 か 元 ら 子 は 著 じ ﹃ め マ る イ ま パ ち ブ づ リ く ッ り ク ﹄ と 晶 グ 文 ラ 社 ン ︑ ド 二 レ 〇 ベ 一 ル 七 年 ● パ ブ リ ッ ク は ︑ 公 共 空 間 で も 公 共 施 設 で も 公 共 ﹂ を 意 味 す る ︒ ① マ イ パ ブ リ ッ ク は ﹁ 自 分 で つ く る 公 共 的 で あ る 状 況 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

22.

■ 今 田 参 日 中 照 か 元 ら 子 は 著 じ ﹃ め マ る イ ま パ ち ブ づ リ く ッ り ク ﹄ と 晶 グ 文 ラ 社 ン ︑ ド 二 レ 〇 ベ 一 ル 七 年 そ れ ぞ れ の 社 会 像 や ま ち 像 が つ く ら れ る ︒ ひ と そ れ ぞ れ で あ り ︑ そ れ ぞ れ の 中 に ︑ 向 か っ て 何 を 見 な が ら 生 き て い る か は ● 人 々 は 同 じ 地 平 に 立 っ て い る が ︑ ど こ に で あ る ︒ し て の イ メ ー ジ を 見 い だ せ る 場 所 が あ る な か で ︑ 他 者 と の 共 通 項 と ② よ の な か に 多 様 な 社 会 像 ︑ ま ち 像 こ と で あ る ︒ 持 つ ひ と な ら ︑ ほ ぼ 誰 も が 毎 日 体 験 す る ● 地 面 に 立 つ こ と だ け は ︑ 社 会 と の 接 点 を 平 等 に 与 え ら れ た も の で あ る ︒ ① 時 間 と 同 様 に ︑ あ ま ね く ひ と に グ ラ ン ド レ ベ ル と は 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

23.

■ 今 田 参 日 中 照 か 元 ら 子 は 著 じ ﹃ め マ る イ ま パ ち ブ づ リ く ッ り ク ﹄ と 晶 グ 文 ラ 社 ン ︑ ド 二 レ 〇 ベ 一 ル 七 年 間 に ︑ 中 間 領 域 を つ く る こ と ︒ ● グ ラ ン ド レ ベ ル の 施 設 や 空 間 と ま ち と の ● グ ラ ン ド レ ベ ル に 面 的 な 一 体 感 を つ く る ︒ ③ つ な が り し ろ で き ︑ さ ら に 継 続 的 に 応 答 で き る こ と ︒ 自 分 自 身 が 能 動 的 な 行 為 を 起 こ す こ と が ● ま ち の な か の モ ノ や ひ と た ち に 対 し て ︑ ● ひ と と ま ち が グ ラ ン ド レ ベ ル で 一 体 化 す る ︒ ② か か わ り し ろ つ く る こ と ︒ か ら ま る こ と が で き る ﹁ の り し ろ ﹂ を ● ま ち の 空 間 や 建 築 物 に ︑ 周 辺 の 環 境 と ● ひ と と グ ラ ン ド レ ベ ル が 出 会 う ︒ ① か ら ま り し ろ マ イ パ ブ リ ッ ク を 仕 込 む グ ラ ン ド レ ベ ル に 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

24.

■ 今 田 参 日 中 照 か 元 ら 子 は 著 じ ﹃ め マ る イ ま パ ち ブ づ リ く ッ り ク ﹄ と 晶 グ 文 ラ 社 ン ︑ ド 二 レ 〇 ベ 一 ル 七 年 空 気 感 に 満 ち て い る こ と ︒ ③ ② ① 多 こ ず 風 様 と っ 景 な ︒ と と ひ い し と た て の く 美 存 な し 在 る い が 感 こ 許 覚 と さ に ︒ れ 包 て ま い れ る る 良 い グ ラ ン ド レ ベ ル の 条 件 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

25.

https://kissalaundry.com/ ■ 参 照 喫 茶 ラ ン ド リ ー 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

26.

https://kissalaundry.com/honten/ 喫茶ランドリー 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿 ■ 参 照

27.

喫 茶 ラ ン ド リ ー 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿 https://kissalaundry.com/honten/ ■ 参 照

28.

参 す 考 る に 本 学 芸 出 版 社 ︑ 二 〇 一 九 年 私 的 に 自 由 に ま ち を 使 う ﹄ ﹃ P U B L I C H A C K 笹 尾 和 宏 著 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

29.

■ 私 笹 参 的 尾 照 に 和 自 宏 由 著 に ﹃ ま P ち U を B 使 L う I ﹄ C 学 芸 H 出 A 版 C 社 K ︑ 二 〇 一 九 年 こと とや ︒か く 言 わ れ な い 公 共 空 間 で あ る ② 好 き な こ と を し て い て も ︑ 他 人 か ら な よ う に 過 ご せ る 状 態 で あ る こ と ︒ 生 活 行 為 と し て 自 然 体 で 自 分 の 好 き ① 公 共 空 間 に お い て ︑ 個 人 そ れ ぞ れ が パ ブ リ ッ ク ハ ッ ク 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

30.

■ 私 笹 参 的 尾 照 に 和 自 宏 由 著 に ﹃ ま P ち U を B 使 L う I ﹄ C 学 芸 H 出 A 版 C 社 K ︑ 二 〇 一 九 年 継 続 さ せ る ︒ ⑤ や り た い と い う 思 い が 賑 わ い を 惹 き つ け る ︒ ④ 人 々 の 振 る 舞 い が そ の 場 所 に ③ ② ① 自 育 シ 滲 個 然 む ビ み 人 な ︒ ッ だ の 触 ク す 満 れ プ ︒ 足 あ ラ 感 い イ が に ド ま ︵ 遭 ち ま 遇 の ち す 風 へ る 景 の ︒ に 愛 着 ︶ を 生 み 出 す 効 果 ま ち の 自 由 度 の 高 さ が 4 . パ ブ リ ッ ク 化 さ れ る 読 者 の 姿

31.

参 す 考 る に 本 ﹃ 書 棚 と 平 台 弘 文 堂 ︑ 二 〇 〇 出 九 版 年 流 通 と い う メ デ ィ ア ﹄ 柴 野 京 子 著 5 . 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー を 誰 か に

32.

■ 弘 柴 参 文 野 照 堂 京 ︑ 子 二 著 〇 ﹃ 〇 書 九 棚 年 と 平 台 出 版 流 通 と い う メ デ ィ ア ﹄ す る こ と も 考 え う る ︒ し ︑ 新 し い 中 間 組 織 が プ ロ デ ュ ー ス に 参 加 校 図 書 館 に お い て も 求 め ら れ る で あ ろ う 同 じ く 人 員 の 流 動 化 が 進 む 公 共 図 書 館 ︑ 学 こ う し た プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル は ︑ 書 店 と シ ョ ナ ル を 育 て る こ と だ ろ う ︒ ワ ー ク を 実 現 し ︑ サ ポ ー ト す る プ ロ フ ェ ッ 育 成 す る こ と で は な く ︑ 開 放 的 な ネ ッ ト ば ︑ 読 書 家 の 延 長 の よ う な エ キ ス パ ー ト を そ こ で 産 業 側 に す べ き こ と が あ る と す れ い だ ろ う か ︒ ネ ッ ト ワ ー ク と し て 設 定 す る こ と は で き な ラ シ ー の 開 示 が 可 能 と な る 装 置 を 不 定 形 の ま わ ず に 個 人 と し て 外 在 さ せ な が ら ︑ リ テ そ れ を 産 業 シ ス テ ム と し て と り こ ん で し が で き る ︒ な い 人 ︑ 失 っ て し ま っ た 人 に 提 供 す る こ と 示 さ れ る こ と に よ っ て ︑ リ テ ラ シ ー を も た シ ー ﹂ は ︑ よ り ア ク セ ス し や す い 場 所 に 開 リ テ ラ シ ー ︑ す な わ ち ﹁ 本 に 出 会 う リ テ ラ ブ ロ ガ ー や 個 人 書 店 経 営 主 が も っ て い る 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー 5 . 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー を 誰 か に

33.

つ く り 出 し た り ︑ 誰 か の た め に つ か っ た り リ テ ラ シ ー ﹂ を 提 供 す る ︒ 求 め る 誰 か の た め に ﹁ 本 に 出 会 う 空 間 を 活 用 す る こ と で ︑ そ れ を こ と が で き る ︒ 地 域 社 会 の な か に み ん な で つ く り だ す ● 本 に 関 わ る こ と が で き る 空 間 は ︑ 誰 か の た め に 意 識 的 に つ く り だ す ︒ ● 本 に 出 会 う 機 会 / 本 に つ い て 語 る 機 会 を ︑ を つ く り だ す ︒ 「 す る こ と が で き る ︒ ● パ ブ リ ッ ク な 空 間 は ︑ 私 た ち が 自 ら の 手 で ② 私 的 か つ 自 由 に ま ち の さ ま ざ ま な 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー ﹂ の 仕 組 み ① ど こ か の 誰 か に 届 け る た め の ﹁ 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー ﹂ 誰 か の た め の 5 . 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー を 誰 か に

34.

https://honkoku.org/ 進 め よ う と い う プ ロ ジ ェ ク ト の こ と ︒ す る こ と で ︑ 歴 史 資 料 の 解 読 を 一 挙 に 推 し ● 多 数 の 人 々 が 協 力 し て 史 料 の 翻 刻 に 参 加 ① み ん な で 翻 刻 で き ご と を 誰 か に 届 け る 過 去 の 人 々 の 言 葉 や 5 . 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー を 誰 か に

35.

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキペディアタウン ウ ィ キ ペ デ ィ ア タ ウ ン と 呼 ぶ ︒ 編 集 す る イ ベ ン ト ︵ エ デ ィ タ ソ ン ︶ を ● 日 本 で は ︑ み ん な で ウ ィ キ ペ デ ィ ア を ま ち の 情 報 へ の ア ク セ ス を 図 る こ と ︒ 情 報 を ウ ィ キ ペ デ ィ ア に 記 事 を 掲 載 し ︑ ● そ の 地 域 に あ る 文 化 財 や 観 光 名 所 な ど の ② ウ ィ キ ペ デ ィ ア タ ウ ン で き ご と を 誰 か に 届 け る 過 去 の 人 々 の 言 葉 や 5 . 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー を 誰 か に

36.

https://savemlak.jp/ 施 設 の 支 援 を 行 う プ ロ ジ ェ ク ト の こ と ︒ A 文 書 館 ︑ K 公 民 館 ︶ 等 の 文 化 ・ 教 育 ● M L A K ︵ M 博 物 館 ・ 美 術 館 ︑ L 図 書 館 ︑ saveMLAK 収 集 や 発 信 も 行 っ て い る ︒ ● ウ ェ ブ サ イ ト を 通 じ た 被 災 ・ 救 援 情 報 の ③ で き ご と を 誰 か に 届 け る 過 去 の 人 々 の 言 葉 や 5 . 本 に 出 会 う リ テ ラ シ ー を 誰 か に

37.

参 す 考 る に 本 朝 日 出 版 社 ︑ 二 〇 二 〇 年 阿 久 津 隆 著 ﹃ 本 の 読 め る 場 所 を 求 め て ﹄ 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間

38.

■ 朝 阿 参 日 久 照 出 津 版 隆 社 著 ︑ ﹃ 二 本 〇 の 二 読 〇 め 年 る 場 所 を 求 め て ﹄ み し め て い く ほ か 前 に 進 む は な い ︒ 上 げ て ︑ 印 刷 さ れ た 文 字 の 上 を ぺ た ぺ た と 踏 い ︒ 景 色 は 以 前 と 何 も 変 わ ら な い ︒ 再 び 腰 を で ︑ し か し 残 酷 な こ と に 物 語 は 進 ん で い な 時 間 を 置 く ︒ そ し て 目 を 開 け る ︒ そ の 十 秒 え な い ︒ 疲 れ た と い っ て 目 を 閉 じ て ︑ 十 秒 の く に も 自 分 で 歩 を 進 め な け れ ば ど こ に も 向 か 頼 り に な る の は 自 分 し か い な い ︒ と に も か 界 の 中 を 進 ん で い く ︒ い ︒ い ず れ に し て も 一 歩 一 歩 ︑ 彼 ら は 本 の 世 み つ く よ う に し て 読 ん で い る の か も し れ な こ ち ら に 行 っ て 散 り 散 り に な り な が ら ︑ し が い ︒ 心 は 千 々 に 乱 れ ︑ 思 考 は あ ち ら に 行 っ て 見 え る だ け で 一 心 不 乱 で も な い の か も し れ な 一 心 不 乱 に 文 字 を 追 っ て い る ︒ い や ︑ そ う 彼 ら は 本 を 読 ん で い る ︒ い て い る ︒ 目 と ︑ そ れ か ら 頭 の 中 ︒ だ を じ ︒ 垂 両 れ 手 っ る の と 身 ︒ ひ じ そ ら ろ れ を ぎ は 天 も ほ に せ と 向 ず ん け ど ︑ ︑ 祈 背 目 り を だ の 丸 け 姿 め が 勢 ︑ 絶 の こ え よ う ず う べ 動 本 を 読 ん で い る 人 の 姿 は 美 し い ︒ は じ め に 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間

39.

キ ー 場 が あ っ て ︑ ボ ル ダ リ ン グ に は ク ラ イ ミ ブ ハ ウ ス や ス タ ジ オ が あ る ︒ ス キ ー に は ス ぱ な し や ゴ ル フ コ ー ス が あ る ︒ 音 楽 に は ラ イ 映 画 に は 映 画 館 が あ る ︒ ゴ ル フ に は 打 ち っ い ︒ 重 要 だ ︒ ど れ だ け 言 っ て も 誇 張 に な ら な い ほ ど 大 き 専 念 で き る 場 所 ﹂ が 果 た す 役 割 の 大 き さ は ︑ そ の 葉 を 瑞 々 し く 保 つ た め に ︑ 「 る ト ン ︒ パ グ ー ジ ク ム が が あ あ っ る て ︒ ヨ ス ガ ケ に ー は ト ヨ ボ ガ ー ス ド タ に ジ は オ ス が ケ あ ー そ の こ と に を 豊 か に 茂 ら せ て い く た め に ︑ そ し て 茂 っ た ひ と つ の 文 化 が 根 を 張 り ︑ 幹 を 太 く し ︑ 葉 て な ら な い ︒ と っ て ︑ ど う な ん だ ろ う ︒ 惜 し い こ と に 思 え 与 え ら れ て い な い ︒ こ れ は 読 書 と い う 文 化 に 全 面 的 な 歓 迎 を 明 示 し て く れ る 場 所 は ︑ ほ ぼ て い な い ︒ 読 む こ と は で き る か も し れ な い が る 見 定 僕 ︒ て す た き る ち た 気 に よ は は 起 う 本 き に を な ︑ 読 い 次 む ︒ の た た こ め だ と の ︑ は 場 こ た こ 所 し ま が か で 与 に ず え 言 っ ら れ え と な い ︒ さ す が に 妄 言 だ と 言 わ れ て も ︑ 強 く 否 こ れ が ど こ ま で 妥 当 な 考 察 な の か は わ か ら 映 画 に 映 画 館 が あ る よ う に 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間

40.

ほ し く て 仕 方 が な い 人 間 が つ く っ た ら い い ︒ も ︑ 絶 対 に ︑ い い ︒ そ れ は ︑ そ う い う 場 所 が 所 ︒ そ う い う 場 所 が あ っ た ほ う が ︑ な い よ り る 場 所 ︒ 読 書 を す る 人 こ そ が 主 役 と な る 場 書 を す る と い う 過 ご し 方 に こ そ 向 け ら れ て い く ︑ 読 書 を す る こ と に 最 適 化 さ れ た 場 所 ︒ 読 う が い い ︒ 心 置 き な く ︑ な ん の 気 兼 ね も な だ か ら 読 書 に も ︑ そ う い う 場 所 が あ っ た ほ ︵ 中 略 ︶ な 広 さ に は な っ て い な い は ず だ ︒ 抜 き に ︑ そ れ ぞ れ の 文 化 の 裾 野 は ︑ 今 の よ う き な か っ た ら ︒ 心 置 き な く 没 頭 で き る 場 所 を る リ ス ク を 常 に 抱 え な が ら し か 遊 ぶ こ と が で が な く て ︑ 注 意 さ れ た り 迷 惑 顔 を さ れ た り す こ と が で き な か っ た ら ︒ も し ス ケ ー ト パ ー ク て ︑ 野 山 を 一 歩 一 歩 自 分 で 登 っ て で し か 滑 る と が で き な か っ た ら ︒ も し ス キ ー 場 が な く さ な 画 面 と し ょ ぼ い 音 響 で し か 映 画 を 観 る こ り 知 れ な い は ず だ ︒ も し 映 画 館 が な く て ︑ 小 専 念 で き る 場 所 ﹂ が あ る こ と に よ る 恩 恵 は 計 存 在 し て き た よ う に ︒ し か し ︑ 「 ■ 朝 阿 参 日 久 照 出 津 版 隆 社 著 ︑ ﹃ 二 本 〇 の 二 読 〇 め 年 る 場 所 を 求 め て ﹄ そ の こ と に 文 化 は 存 在 す る だ ろ う ︒ そ れ ぞ れ が こ れ ま で そ れ ぞ れ ︑ そ の た め の 場 所 が な く て も そ の 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間

41.

fuzkue 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間 フ ヅ ク エ ︵ ︶ https://fuzkue.com/entries/819 ■ 画 像 出 典

42.

● お 金 の こ と が 気 に な る ︵ 席 料 ︶ 安 心 し て 本 を 読 む こ と が で き な い ︒ 異 な る 概 念 で あ る ︒ 本 の あ る 空 間 ﹂ と ﹁ 本 の 読 め る 空 間 は 」 ● 周 り の 音 が 気 に な る ︵ ペ ン ︑ P C ︑ 会 話 ︶ ● 一 見 す る と 似 て い る よ う に も 思 え る が ︑ と い う 発 明 が な さ れ た ︒ ① フ ヅ ク エ に よ っ て ﹁ 本 の 読 め る 店 ﹂ 「 ● 小 腹 の こ と が 気 に な る ︵ 食 欲 ︶ ② ブ ッ ク カ フ ェ や 図 書 館 で は ︑ 「 ■ 朝 阿 参 日 久 照 出 津 版 隆 社 著 ︑ ﹃ 二 本 〇 の 二 読 〇 め 年 る 場 所 を 求 め て ﹄ 本 の 読 め る 空 間 ﹂ を 考 え る 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間

43.

で も 過 ご し て い た だ け る よ う に な っ て 思 う 存 分 に 過 ご し て い っ て く だ さ い ︒ そ れ が 実 現 さ れ て い ま す ︒ い た だ い て い る い く つ か の こ と に よ っ て ● こ の 場 で と も に 過 ご さ れ る 方 々 に ご 協 力 を 静 け さ を つ く り た い と 思 っ て い ま す ︒ ● 当 た り 外 れ の 決 し て な い ︑ 約 束 さ れ た ● ● ● も こ ひ 設 と過 本 う と と 計 っご の ひ ︒ つ ・ てし 読 と は 運 のた め つ 穏 営 最い る は や さ 高﹂ 店 心 か れ のと ﹂ 置 な て 環思 は き 静 い 境っ ︑ な け ま のて く さ す 実来 愉 過 が ︒ 現て 快 ご 約 をく な せ 束 目だ 読 る さ 指さ 書 こ れ しっ の と て てた 時 ︒ い 方 間 る に を 「 い ま す ︒ 変 則 的 な 席 料 制 が そ れ を 可 能 に ● な に に も 気 兼 ね す る こ と の な い 時 間 を ︑ ② 静 か な 時 間 を お 過 ご し い た だ け ま す ① 愉 快 な 読 書 の 時 間 の た め の 店 で す 「 し て い ま す ︒ ● コ ー ヒ ー 一 杯 で あ っ て も 気 兼 ね な く 何 時 間 ③ ゆ っ く り ゆ っ く り お 過 ご し い た だ け ま す 「 https://fuzkue.com/about ■ 参 照 本 の 読 め る 店 ﹂ と は 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間

44.

ドリンク ドリンク+一品 (つまみ/甘いもの) ドリンク+一品×2 (つまみ/甘いもの) ドリンク×2 お席料 900円 600円 300円 300円 ドリンク×2+一品 0円 ドリンク×3 0円 フード(ごはん/パン) 900円 フード+一品 600円 フード+ドリンク 300円 フード+ドリンク×2 0円 フード+ドリンク+一品 0円 十 分 か と 思 い ま す ︒ ご 認 識 と し て は も う そ れ で だ い た い と い う お つ も り を 持 っ て い た だ け た ら ︑ ● 二 〇 〇 〇 円 前 後 で い い 時 間 を 過 ご す ぞ ︑ と こ ろ で す ︒ 収 斂 す る よ う に な っ て い る ﹂ み た い な し て も ︑ な ん と な く 二 〇 〇 〇 円 前 後 に お 飲 み 物 一 杯 で も ︑ あ る 程 度 飲 み 食 い ● も の す ご く 大 雑 把 に 要 約 す る と ︑ 変 わ る 仕 組 み で す ︒ ● オ ー ダ ー の 数 や 種 類 に よ っ て お 席 料 が な ん か 二 〇 〇 〇 円 前 後 に 収 斂 す る ︒ 「 ご注文内容 「 https://fuzkue.com/about ■ 参 照 い く お 席 料 制 ﹂ の 説 明 オ ー ダ ー ご と に 小 さ く な っ て 6 . 本 を 読 む た め の 本 の 読 め る 空 間

45.

ま ち ラ イ ブ ラ リ ー 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る https://machi-library.org/ ■ 参 照

46.

https://machi-library.org/ ■ 参 照 ト が 開 催 さ れ て い ま す ︒ 気 づ き あ う ワ ー ク シ ョ ッ プ や イ ベ ン そ こ で は ︑ 互 い 同 士 で 学 び あ い ︑ い う 活 動 で す ︒ ち の コ ミ ュ ニ テ ィ を 作 っ て い こ う と 付 け た 本 を 持 ち 寄 り 交 換 し な が ら ま 本 棚 を 設 置 し ︑ そ こ に メ ッ セ ー ジ を シ ェ ア オ フ ィ ス ︑ お 寺 ︑ 病 院 な ど に ま ち の 中 の カ フ ェ ︑ ギ ャ ラ リ ー ︑ ま ち ラ イ ブ ラ リ ー と は 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

47.

https://8book.jp/ ■ 参 照 八 戸 ブ ッ ク セ ン タ ー 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

48.

https://8book.jp/information/mission/ ミ ッ シ ョ ン 八 戸 ブ ッ ク セ ン タ ー の 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る ■ 参 照

49.

https://8book.jp/information/about/ ■ 参 照 も 目 指 し ま す ︒ な る よ う な 場 所 へ と 育 て て い く こ と 当 市 に 訪 れ て み た く な る き っ か け と ん ︑ 全 国 か ら 注 目 さ れ ︑ 多 く の 人 が と し て ︑ 市 民 の み な さ ん は も ち ろ の 出 会 い を 提 供 す る あ た ら し い 施 設 き ま ま た す ︑ ︒ 小 さ い な が ら も ︑ 豊 か な 本 公 共 サ ー ビ ス を 構 想 し ︑ 提 供 し て い か ら の 時 代 に ふ さ わ し い 本 に 関 す る し な が ら ︑ 全 国 で 類 を 見 な い ︑ こ れ 民 間 書 店 や 図 書 館 ︑ 市 民 活 動 と 連 携 ベ ン ト の 開 催 な ど を 中 心 に ︑ 市 内 の ペ ー ス の 提 供 と 販 売 ︑ 本 に 関 す る イ 型 ・ 編 集 型 の 陳 列 に よ る 本 の 閲 覧 ス 八 戸 ブ ッ ク セ ン タ ー で は ︑ 提 案 施 設 コ ン セ プ ト 八 戸 ブ ッ ク セ ン タ ー の 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

50.

https://8book.jp/information/about/ 施 設 コ ン セ プ ト 八 戸 ブ ッ ク セ ン タ ー の 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る ■ 参 照

51.

https://www.realpublicestate.jp/post/4726 二 〇 一 八 年 十 二 月 五 日 新 し い 公 営 書 店 の か た ち 八 戸 ブ ッ ク セ ン タ ー ﹂ 公 共 R 不 動 産 ﹁ 本 屋 で も 図 書 館 で も な い ︑ ■ 画 像 出 典 読 書 会 ル ー ム カ ン ヅ メ ブ ー ス 八 戸 ブ ッ ク セ ン タ ー 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

52.

https://www.sancacu.com/ ■ 参 照 み ん な の 図 書 館 さ ん か く 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

53.

そ れ を 消 費 す る の で は な く ︑ こ こ に 誰 か が 誰 か に サ ー ビ ス を 提 供 し て 開 設 さ れ て い る 小 さ な 図 書 館 で す ︒ 岡 県 焼 津 市 の 焼 津 駅 前 通 り 商 店 街 に み ん な の 図 書 館 さ ん か く ﹂ は ︑ 静 ● ま ち が 育 て ︑ ま ち を 育 て る ︒ を つ く る ︒ ● み ん な の ﹁ 参 画 ﹂ が ﹁ さ ん か く ﹂ み ん と な は の 図 書 館 さ ん か く 」 参 画 ﹂ す る 場 に な っ て ほ し い ︒ そ し 来 た 人 誰 も が こ の 場 の 主 人 公 と し て 「 て ︑ こ の 図 書 館 だ け で な く ︑ ま ち や 「 た し 社 ︒ い 会 ︑ に そ ﹁ ん 参 な 画 思 ﹂ い す を る 名 拠 前 点 に に 込 な め っ ま て し ほ 「 https://www.sancacu.com/ ■ 参 照 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

54.

https://www.sancacu.com/ ■ 参 照 の 場 所 と し て 活 用 で き る ︒ 仲 間 が 見 つ か っ た り ︑ そ の チ ャ レ ン ジ ● 何 か 一 歩 踏 み 出 し た い ︑ そ ん な と き に ● 小 さ な 挑 戦 が た く さ ん 生 ま れ る ③ 小 さ な チ ャ レ ン ジ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム し て い る ︒ ● 春 夏 秋 冬 の 四 ク オ ー タ ー で 連 続 講 座 を ● ま ち の 学 び を 自 給 自 足 す る ︒ ② さ ん か く 大 学 ● 利 用 料 は 無 料 ︒ こ と が で き る ︒ ● 開 館 時 間 中 で あ れ ば 自 由 に 本 を 借 り る ● 誰 か と 繋 が る ﹁ み ん な の 図 書 館 ﹂ ︒ ① ま ち ラ イ ブ ラ リ ー さ ん か く の 三 つ の 柱 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

55.

ポ ッ ド キ ャ ス ト ︒ 土 肥 潤 也 が パ ー ソ ナ リ テ ィ を 務 め る ● み ん な の 図 書 館 さ ん か く の 館 長 こ と も で き る ︒ ● オ ー ナ ー の 希 望 で 本 の 販 売 を す る こ と が 可 能 と な っ て い る ︒ い つ で も 自 由 に 本 の 入 れ 替 え を す る ● 一 箱 本 棚 の 利 用 期 間 内 で あ れ ば ︑ オ ー ナ ー 制 度 の こ と ︒ 自 分 だ け の 本 棚 を 持 つ こ と が で き る 「 ● 毎 週 木 曜 日 に 配 信 し て い る ︒ ② SANCACU RADIO PODCAST https://www.sancacu.com/ ■ 参 照 み ん な の 図 書 館 さ ん か く ﹂ に ● 一 箱 本 棚 オ ー ナ ー は ︑ そ の 名 の 通 り ① 一 箱 本 棚 オ ー ナ ー 制 度 さ ん か く の そ の 他 の 活 動 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

56.

https://www.infosta.org/ ■ 参 照 情 報 ス テ ー シ ョ ン ﹁ 民 間 図 書 館 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

57.

https://www.infosta.org/library// ■ 参 照 由 に 場 所 を 選 ん で も ら え た ら と 思 い ま す ︒ り ︑ 読 書 は 自 宅 で も 公 園 で も 喫 茶 店 で も ︑ 自 そ で き る こ と ︑ す な わ ち ﹁ 交 流 ﹂ が 主 で あ 方 を す る の で は な く ︑ 開 か れ た 空 間 だ か ら こ パ ブ リ ッ ク な ス ペ ー ス は プ ラ イ ベ ー ト な 使 い き る ︑ 民 設 民 営 の 公 共 図 書 館 で す ︒ 限 ら れ た 図 書 館 は 誰 で も 無 料 で 本 を 借 り 読 む こ と が で ラ イ ベ ー ト な 行 動 で す ︒ 我 々 が 運 営 す る 民 間 読 書 を す る と い う の は 個 人 の 世 界 に 浸 る プ で ︑ 地 域 の 交 流 空 間 と な っ て い ま す ︒ な が 楽 し く 過 ご す 場 所 と し て 運 営 を す る こ と は ︑ 静 か に 本 を 読 む ス ペ ー ス で は な く ︑ み ん で 同 じ 時 間 を 過 ご す こ と が で き ま す ︒ そ こ 年 配 の 方 ま で す べ て の 世 代 の 方 が 一 つ の 空 間 絵 本 で 遊 ぶ 子 ど も た ち か ら ︑ 小 説 を 楽 し む テ ィ ス ペ ー ス で す ︒ な で 協 力 し ︑ み ん な で 作 る 手 作 り の コ ミ ュ ニ 組 む 民 間 図 書 館 は ︑ み ん な で 持 ち 寄 り ︑ み ん と し て の 役 割 が あ り ま す ︒ 他 方 ︑ 我 々 が 取 り 存 ・ 提 供 な ど 図 書 館 法 に 則 っ た 社 会 教 育 施 設 公 立 の 図 書 館 は ︑ 資 料 の 収 集 ・ 整 理 ・ 保 交 流 空 間 と し て の 図 書 館 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

58.

https://www.infosta.org/library// ■ 参 照 地 域 全 体 で 子 供 た ち を し な や か に 育 て る ︒ ● 色 々 な 人 と 自 然 と 触 れ 合 う 環 境 を 作 り ︑ 施 設 は 世 の 中 あ ま り 多 く は な い ︒ ● あ ら ゆ る 世 代 が 利 用 で き ︑ 交 流 が 生 ま れ る 長 期 的 役 割 / 多 世 代 の 交 流 空 間 ③ 教 育 分 野 ポ ン プ 役 を 果 た す ︒ こ と で ︑ 地 域 で の 消 費 ︑ 経 済 循 環 の イ ベ ン ト な ど 様 々 な 情 報 を 提 供 す る ● 本 の 貸 出 だ け で な く ︑ 地 域 の お 店 や 中 期 的 役 割 / 地 域 情 報 の 発 信 拠 点 ② 経 済 分 野 生 き が い を 提 供 す る ︒ ● 図 書 館 で の ボ ラ ン テ ィ ア は 居 場 所 と 方 が 地 域 で 活 躍 す る 場 所 が 必 要 と な る ︒ ● 高 齢 化 が 進 む 我 が 国 に お い て ︑ 退 職 後 の 短 期 的 役 割 / ボ ラ ン テ ィ ア の 活 動 の 場 ① 福 祉 分 野 民 間 図 書 館 の 三 つ の 役 割 7 . 本 の あ る 暮 ら し を つ く る

59.

た い ︑ と い う 欲 求 に 応 え る こ と が で き る ● み ん な と 一 緒 に さ ま ざ ま な 体 験 を し て み と い う 欲 求 に 応 え る こ と が で き る ︒ ● さ ま ざ ま な 知 識 を み ん な と 共 有 し た い ︑ つ か い た い と 考 え る 人 た ち が い る ︒ ● 公 共 空 間 を ︑ 誰 か と 共 有 し な が ら 仲 良 く 増 や し ︑ 交 流 を 促 す 方 法 を 考 え る ︒ ② 利 用 者 同 士 の 情 報 共 有 の 機 会 を 読 書 環 境 の 向 上 に も つ な が っ て い く ︒ に す る こ と は ︑ ほ か の 誰 か の 読 書 体 験 や ● 誰 か の 読 書 体 験 を 今 よ り も ゆ た か な も の 応 え る こ と が で き る ︒ み た い と い う よ う な 利 用 者 個 人 の 欲 求 に ● 何 か を 体 験 し て み た い ︑ 何 か を 実 現 し て と 考 え る 人 た ち が い る ︒ ● 公 共 空 間 を ︑ 個 人 的 な 理 由 で つ か い た い す る た め の 学 び の 方 法 を 考 え る ︒ ① 利 用 者 個 人 の 読 書 体 験 を ゆ た か に 図 書 館 で は 何 が で き る の か 8 . ま と め

60.

に 変 え て い く ︒ 暮 ら す 人 々 の 生 活 を ︑ よ り ゆ た か な も の ● まそ ちれ のを 情み 報ん 環な 境と を共 整有 えで るき こる と形 はに ︑整 そえ こる に︒ 多 様 な メ デ ィ ア に よ っ て 可 視 化 し ︑ ● ま ち の 文 化 的 情 報 や ま ち の も の が た り を い く 方 法 を 考 え る ︒ ④ ま ち の 文 化 的 情 報 を 未 来 へ と 伝 え て ︵ 図 書 館 員 だ け で は な く ︑ 市 民 も 一 緒 に ︶ そ う い う 信 頼 を 丁 寧 に 積 み 重 ね て い く ︒ が で き る ︒ 言 葉 を 受 け 継 い で も ら え る ︒ ● 私 の 言 葉 を 未 来 に ︑ 次 の 世 代 に 託 す こ と 私 の 活 動 は 言 葉 と し て 未 来 に 残 る だ ろ う ま ち に 信 頼 で き る 図 書 館 が あ る な ら ば ︑ い る 間 だ け で あ る ︒ け れ ど も ︑ 私 た ち の 私 が 直 接 に 手 を 出 せ る の は 自 分 が 生 き て そ の ま ち の 文 化 を 預 か る こ と が で き る ︒ ● 私 た ち は 自 分 が 生 き て 暮 ら し て い る 間 は 私 た ち は 全 員 が そ の 途 中 に 生 き て い る ︒ つ な が る 時 間 の 流 れ を 想 像 し て み た と き 今 現 在 暮 ら し て い る ︒ 過 去 か ら 未 来 へ と ● 公 共 空 間 で あ る 地 元 の ま ち に ︑ 私 た ち は そ れ を 託 せ る よ う な 信 頼 を 重 ね る ︒ ③ ま ち に 暮 ら す 人 の 今 の 言 葉 を 集 め ︑ 図 書 館 で は 何 が で き る の か 8 . ま と め

61.

saveMLAK ビ ブ リ オ バ ト ル ● 優 秀 賞 ● 優 秀 賞 LoY2017 「 ウ ィ キ ペ デ ィ ア タ ウ ン https://www.iri-net.org/loy/ み ん な で 翻 刻 LoY2020 ● 優 秀 賞 ● 大 賞 の 情 報 ス テ ー シ ョ 民 ン 間 図 書 館 ﹂ LoY2014 ま ち ラ イ ブ ラ リ ー LoY2013 ●● 優大 秀賞 賞 LoY2012 歴 史 を 振 り 返 る Library of the Year (LoY) 9 . 参 考 資 料 ① ② ③ ④ ⑤ ■ 参 照