2021/09/25 JAZUG11周年記念LT大会 ~FSLogixのお話~

2.5K Views

February 04, 22

スライド概要

2021/9/25 JAZUG11周年記念LT大会
実際に使ってみた FSLogix 結局のところより良い使い方ってどうなの?

profile-image

Microsoft系プロダクトの技術者から始まり、最近はMicrosoft Azure(特にAVD)をメインの取り扱いにしているおじさんSE。 AzureのユーザーグループであるJAZUG主催イベントに比較的よく出没 ※SlideShareから移行して現在はこちら(ドクセル)がプライマリになっています。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

実際に使ってみた FSLogix 結局のところより良い 使い方ってどうなの? JAZUG 11周年イベント (2021/09/25) パーソルテクノロジースタッフ株式会社 Twitter:@iwai_d 岩井 大祐(いわい だいすけ) 2022/2/4 Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved.

2.

作成者自己紹介と 簡単な会社紹介 Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved.

3.

作成者自己紹介 • 自己紹介 – 岩井 大祐(いわい だいすけ)/ Twitter:@iwai_d – パーソルテクノロジースタッフ(株)でMS系プロダクトをメイン軸に Azureを取り扱い品目に増やしつつあるおじさんインフラ技術者 – JAZUG関連イベントに割とよく出没、ちょくちょく登壇しております 【https://www.slideshare.net/search/slideshow?searchfrom=header&q=DaisukeIwai2】 – 6月に10数年ぶりとなるMCP(AZ-104)取得(某所のLT会でネタにしたw) • 好きなもの – ウッドストック (小さきことは美しい……) Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 3

4.

簡単な会社紹介 • パーソルテクノロジースタッフ(株) – 旧インテリジェンスのエンジニア派遣事業を 旧テンプスタッフ・テクノロジーに統合し、2017年1月に発足 機械設計系チームとIT系チームがあります – 自動車や航空機関連、医療機器やアナログ回路のモノづくり、 RPAやIoT、ドローン系のホットな案件も積極的にやっています – 自社内製でセキュリティサービスの提供もしています ご縁がありましたらよろしくお願いいたします m(_ _)m Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 4

5.

今回のお題目 Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved.

6.

今回のお題目 JAZUG 11周年おめでとうございます!! • (毎度毎度)技術を含め様々な引き出しを増やす場と なっておりますJAZUGには感謝しかありませぬ。 皆さまありがとうございます。m(_ _)m Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 6

7.

今回のお題目 Azure Virtual Desktopでは もはや必須(?)なFSLogix 実際のお仕事を通じた雑感等を ご報告的に…… Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 7

8.

現状、Azure Virtual Desktopの状況は? • やっぱり今でも引き合い、実構築の仕事は多い – Microsoft365のライセンスがあれば利用権が手に入るため、 VMwareやCitrixのようにプラスのライセンス費用がかからず、 ローコストで構築、割と早く運用開始できるのが大きい模様 • FSLogixはほぼすべての案件で使用されている – 保存先はAzure NetApp Filesが最も多い →安くはないがPaaSで組めて速度、安定度のバランスが良好 – その次に別のWindowsサーバのSMB共有 (Azure Filesも例はあるがPoC環境など小規模に限られる。PoCに よっては他サーバのディスク間借りのパターンもあった) Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 8

9.

FSLogixでの設定、よく使われるパターン(1) • モードは【Profile Containers】 極初期にCloud Cacheで展開した例はあるが、プロ ファイルが不定期で破損してしまうトラブルが発生 – MSのサポートからもProfile Containersを勧められた こともあり、Cloud Cacheで展開した客先もすべて Profile Containersに変更した ※Cloud Cacheの場合セッションホストにもプロファイルキャッシュが生成され、さらにストレージ側でもラ イトバックキャッシュがあって多段キャッシュによる不整合を起こす可能性が高いのでは……と思っている。 2021/7リリース版で【FSLogix サービスをクラッシュさせる可能性のあるさまざまな問題を修正しました】 と記載があるので改善しているのでは……と思うが客先環境ではさすがに恐くて踏み切れない Office365 ContainersについてはProfile ContainersでカバーできるのでAVDで使ううまみが少ない (MS買収前のオンプレミスPC向けに用意していた機能な気がする……) Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 9

10.

FSLogixでの設定、よく使われるパターン(2) • 複数プロファイル分散は使った例がない 個人的には需要あると思ったが、実験のみで終了 – Profile Containersモードの安定性がかなり高い – 格納先がほとんどAzure上だったのでデータロストの リスクが少なく、コストと天秤で採用せず – プロファイル上にデータを置くなというルールの会社 が多く、データを守る必要性が薄かった ※オンプレミスPCの時はPCのダーティーシャットダウン時の保険としてのプロファイル分散が考えられたが、 AVDで使う場合ダーティーシャットダウンになる事が珍しいので結果として重要度が低いというのも Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 10

11.

FSLogixでの設定、よく使われるパターン(3) • アプリケーションマスクとJavaバージョン コントロールは使ったことがない(汗) これも実験のみ アプリケーションマスクは需要あるかと思ったが – アプリも客先独自のソフトがほとんど – 往々にしてセッションホストを分ける必要がある – マスターごと分けた方が管理が楽というのが実際 結果として需要がなかった(アプリの個別インストール運用が回ってる例も) Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 11

12.

プロファイルサイズのベストは……? • 当初、少なめで作って拡張すれば良いと思っていた – 【Dynamic VHD(X) allocation】で拡張されると思いこんでたが、 実は再作成 or FrxコマンドでのVHD(X)拡張が必要という泣ける 仕様だった(客先例ではサイズ拡張スクリプトを作成して対応) • 2021/7(Ver2.9.7838.44263)リリースで福音の改善 – 【Size in MBs】の設定変更で【サイズ拡張】が対応可能に – Officeを使わない:10GB~15GB Outlookの有無で サイズを調整する – Officeを使う:20GB~30GB を基本に必要に応じて拡張するのが現状ベターと思われる ※容量多めで始めるとプロファイルストレージの金額がすさまじくなって金額提示時に エンドユーザードン引きのリスクに加え、サイズ縮小は極めて面倒なので……。 Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 12

13.

それを踏まえてよく設定するパターン • 割とオールマイティに使えるFSLogixのGPO設定例 設定項目名 設定項目 Profile Containers Profile type Normal directaccess profile Enabled 有効 VHD location 適宜指定 Dynamic VHD(X) allocation 有効 Delete local profile when FSLogix Profile should apply 有効 Size in MBs 適宜指定(10240~20480が多い) Advanced VHDX sector size 4KB Containers and Directory Naming Virtual disk type VHDX SID directory name matching string %SID% SID directory name pattern string %SID% ここの設定がミソ (理由は後ほど) Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 13

14.

SID directory name設定の意味は……? • ADのアカウント名を変更する例、意外と多い – 名字が変わったとかで変更を要望され、変更している運用がある • デフォルトのままだと<SID>+<アカウント名>で生成 – アカウント名が変わると新規プロファイルが生成されてしまうの でアカウント名を変更してもプロファイルを引き継ぎたい • SIDはアカウント名が変わっても変わらない – 作成/検索するフォルダを<SID>だけにしてしまうことで対応 • 欠点もある – アカウント削除やトラブル時などで消す場合に事前に<SID>を調 べる手間が加わってしまう Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 14

15.

まとめの前に【宣伝】 • FSLogixのGPO設定項目アンチョコ資料、作ってます – MSのDocsとか日本語資料が少ないので、自分や関わっているメン バーがサクッと組めるようにと作ったシロモノです – Tipsも含めて逐次更新していますのでご活用くださいませ 【https://github.com/Dai-Peugeot306/FSLogix-GPO】 Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 15

16.

まとめ(1) • 使用するなら2021/7版(Ver2.9.7838.44263)以降一択 – プロファイルサイズ拡張に対応し、各種バグフィックスも行われ ているので、後々の運用を考えるともうこのリリースしかない! • まず使うのは【Profile Containers】 – 安定度も高く、このモードを基本に考えるのがよろしいかと Cloud Cacheは複数プロファイル分散が必須でなければ現状 積極的に選ぶ理由はないように感じた (ちなみに、MSの人からはCloud CacheはAzure NetApp Filesと 組み合わせない方が良いとは言われた) Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 16

17.

まとめ(2) • 保存先の理想はAzure NetApp Files – 金額が安くないので本番客先環境に限られるものの、設定も楽で パフォーマンス、安定度も高いので結果として運用が楽 – その他のストレージは現状の運用状況とお客様の台所状況で…… (AzureVMのSMB共有でも不満なく十分使えるレベル) – 現状、バックアップは惨事復旧想定程度でおおむねOKな状況 • サイズ拡張は楽だが縮小は極めて面倒なので少なめスタート – 最新リリースでサイズ拡張はGPOの設定変更のみと簡単になった ので、迷う場合は少なく始めてサイズ不足の問題が出てきたら 拡張する方がコスト面でも運用面でもメリットがある Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 17

18.

おまけ・Windows365でのFSLogixは? • 別件の実験ついでに好奇心から試してみたところ、 Enterprise版でFSLogix、正常動作しました (Business版はライセンスなかったので未実験) →が、正直本番系で使う意味は感じず…… Windows365の場合、AVD側と完全独立で動かせ、かつシング ルセッションで使える事がメリットなのでやってもせいぜいデ モンストレーション目的かと(再デプロイが割と安易にできる し) Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 18

19.

謝辞 ~ いつもお世話になってる あんなサイトやこんなサイト ~ Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved.

20.

いつもいつもお世話になっております • くらう道さん【 https://www.cloudou.net/ 】 • ブチザッキさん【 https://buchizo.wordpress.com/ 】 • Made in container【 http://www.syuheiuda.com/ 】 • JAZUG【 https://www.facebook.com/groups/jazug/ 】 – AVDに関する情報を探すならまずはココ。完全にAVDの聖典状態 – Azureの更新確認など本家を見る前にざっくりチェックできて感謝 – おなじみコンテナ神宇田さんのブログ。Azureネットワークの聖典 – 中の人や参加されている皆さまには本当にお世話になっております その他、ブログ等で経験を書かれている多くの皆様のおかげです Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved. 20

21.

ご清聴 ありがとうございました m(_ _)m Copyright © PERSOL HOLDINGS CO., LTD. All Rights Reserved.