シンガポールで避けるべき広告表現

380 Views

June 09, 23

スライド概要

profile-image

日本発世界行き、メタバース展示会「JVREX」を運営する株式会社BorderTech(ボーダーテック)です。 海外バイヤーにオンラインで取引を行う際のTipsを掲載してまいります。 ぜひお役立てください!

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

シンガポールで避ける べき広告表現:規制と 文化への敏感さ 広告は商品やサービスの宣伝に欠かせない手段ですが、シ ンガポールでは特定の広告表現に対して規制があります。 この記事では、シンガポールで避けるべき広告表現の例を 見ていきましょう。

2.

健康・医療への誤解を 招く表現 例えば、健康食品の広告で「奇跡の効果」といった誇大な 表現や、科学的根拠のない効能を謳う表現は避けるべきで す。広告は正確な情報を提供し、消費者を誤解させないよ うにする必要があります。

3.

過度な性的表現 シンガポールは保守的な文化を持つため、過度に露骨な性 的描写や挑発的な表現は避けるべきです。例えば、下着の 広告で過激なポーズや露出度の高い画像を使用することは 不適切です。

4.

民族・宗教に対する配 慮の欠如 シンガポールは多民族・多宗教の国ですので、広告におい ては配慮が求められます。特定の民族や宗教を侮辱した り、差別的な表現を含む広告は避けるべきです。例えば、 シンガポールでは公共のモラルを尊重することが重要視さ れます。アルコール広告で性的なイメージや暴力的な表現 を使用することは好ましくありません。広告は消費者に向 けて適切なメッセージを送るべきです

5.

シンガポールでは広告表現に対して規制があり、文 化的な配慮が求められます。広告は誠実で正確な情 報を提供し、健康や公共の利益、文化的な価値観に 配慮する必要があります。シンガポールで広告を展 開する際には、規制や文化への敏感さを念頭に置い て、適切な広告表現を心掛けましょう。