【Unite Tokyo 2019】「今からでも大丈夫。Vuforia EngineでつくるAR の世界」

511 Views

September 25, 19

スライド概要

2019/9/25-6に開催されたUnite Tokyo 2019の講演スライドです。
西 啓(PTCジャパン 株式会社)

こんな人におすすめ
・ARアプリの開発に興味のある方
・ARアプリの開発技術を幅広い業界で活用されたい方
・AR開発でビジネスを始められたい方

受講者が得られる知見
・最新のVuforia Engine 8.3 の特徴とユースケース

Unityのイベント資料はこちらから:
https://www.slideshare.net/UnityTechnologiesJapan/clipboards

profile-image

リアルタイム3Dコンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
2.

今からでも大丈夫。 Vuforia Engineで つくるAR の世界 PTCジャパン株式会社 西 啓 2

3.

自己紹介 西 啓(にし あきら) PTCジャパン株式会社 製品技術事業部 IoT/Manufacturing技術本部 プリンシパル・テクニカル・スペシャリスト • IoT/AR 製品のプリセールス活動、 およびサードパーティとのパートナーシップ構築を担当 • 技術とビジネスを半々でやってます – ソフトウェア技術屋からプロモーション、パートナー開拓まで何でも屋 • 中小企業診断士 – IT系経営者の相談に、一緒になって頭をひねる • 略歴: – 通信機器メーカー(ベルギー Option社)の日本法人にて、日本代表・ビジネス開発に没頭 – ソフトバンクにて携帯電話事業立ち上げ、新規事業企画および開発に従事 – エリクソン/ソニー・エリクソンにて携帯電話端末開発に従事 3

4.

PTC 会社概要 お客様の製品開発やサービスのグローバル化や ビジネス変革を支援するテクノロジーソリューション企業 本 社 設 立 従業員 年間売上 R&D投資 顧客数 アメリカ合衆国(ボストン) 1985 年 5 月 約 6,000 名以上 12.4億ドル(2018年度) 年間売上の約 20 % 約 28,000 社 (全世界) プロダクトセグメント - IoT/AR(モノのインターネット/拡張現実) CAD/PLM(コンピュータ支援設計) PLM(製品ライフサイクル管理) ALM(アプリケーションライフサイクル管理) SLM(サービスライフサイクル管理) ヨーロッパ PTC ジャパン株式会社 設立 本社 従業員 事業拠点 国内顧客数 1992 年 3 月 13 日 東京都新宿区 約 210 名 東京、名古屋、豊田、大阪 約4,000 社 39% アメリカ 42% アジア太平洋 19% 4

5.

AR:物理世界とデジタル世界の融合 物理世界に関するデジタル情報を、それを当てはめるべき状況と結びつけるには、 知的努力が必要だが、 ARはその努力を軽減してくれる 物理世界とデジタル世界の分断 物理世界とデジタル世界の融合 出所:マイケル.E.ポーター、ジェームズ E.ヘプルマン「AR戦略:拡張現実の並外れた可能性」『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2018年1月号』 5

6.

AR はまさにホットな技術 カメラで物体、環境を認識 GPSで現在位置を認識 • カメラ画像により物体や床を認識 物体や環境に合わせた デジタルコンテンツを表示 • GPSによる位置情報を利用して 現在位置に合わせた デジタルコンテンツを表示 • ゲーム • 歩き回る系ゲーム – カード上にアニメを表示 – おもちゃにゲーム機能を付加 • カタログ – 家具を部屋においてみる – 色々な角度からレビューする – ○○ Go! – ○○ クエ××ウォーク • 観光情報 – 観光地の情報提供 – グルメ、ショッピング情報など • 産業 – 作業指示を視覚的に提供 6

7.

Vuforia Engine : AR アプリ開発ソリューション Vuforia Engine は コンピュータ画像による AR ソフトウェア開発技術 Application アプリの「眼」となり デジタルコンテンツを 配置するために 現実世界を認識します 7

8.

どうやって現実世界を認識させるか? 特定のモノを対象に 現場の環境を対象に 表面上、物体上および横に 8

9.

現実世界とARコンテンツを接続 Vuforia Engine は様々なユースケースに向け多彩なターゲットを用意 VuMark イメージターゲット マルチターゲット シリンダーターゲット 一意のIDがつく 個体識別可能 平面画像認識 カタログ、 雑誌、ポスター、 チラシ 物体の 複数の面を認識 円筒形の製品パッケージ スタンダード オブジェクト ターゲット トイのように かっちりとした形状 のある物体 アドバンスド 物体認識時に ガイドビューあり AIをつかって 物体を認識 モデルターゲット CAD モデルデータのある物体 カスタムのガイドビュー表示あり 複数のアングルから、 または360度どこからでも認識 9

10.

イメージターゲット • 特定の画像を 認識しトラッキング • 画像内の特徴を検知し あらかじめ設定した データベースと比較 • QRコードのような 特殊な白黒のブロックの 埋め込みは不要 10

11.

マルチダーゲット • 多面体に張り付いた 複数の画像を認識 • 主な使い方 印刷物、製品パッケージ そしてゲーム 11

12.

シリンダーターゲット • 円筒形の物体に張られた画像 を検知しトラッキング • 上面、底面の画像も認識可能 • 主な使い方 缶入り飲料、マグカップ、 飲料ボトル または円筒形の機器のパーツ 12

13.

オブジェクトターゲット • 3Dオブジェクトを スキャンして認識 • Vuforia Object Scanner (Androidアプリ)により物体 をスキャンし 認識用のファイルを作成可 • おもちゃのようなエッジ のあるもの または表面に模様や絵が 描かれたものは 認識しやすい 13

14.

モデルターゲット スタンダート • 3D CAD データを使い 物体を認識しトラッキング • 3D CADデータにより 大きな物体、 ARの確実性および細部を認識 • AR 体験のスタート時は 認識のための ガイドビューを表示 14

15.

グランドプレーン • 床やテーブル上のような水 平面を検知して表示 • 空中表示も可能 • 主な利用方法 通販ショッピングアプリや ビジュアライゼーションの デザイン体験 15

16.

外部カメラによる映像 外部カメラ (External Camera) • スマートフォンやタブレット等の デバイス以外のビデオ画像に アクセスすることが可能 例)ロボット搭載のカメラ • AR 体験やアプリの可能性を拡張 16

17.

Vuforia Engine 8.3 新機能 17

18.

AI でコンピュータービジョンを強化 アドバンスドモデルターゲット 360 New! • モデルターゲット の発展系 • 実物のどの角度からでも認識 • 3D CADモデルを ディープラーニングで処理 • 難しい角度、ライティングや 環境でのモノの認識を可能に • AR 体験をより利用しやすく 360 モデル レコグニション 18

19.

モデルターゲット用物体認識データベースの作成 モデルターゲット 作成 トレーニング (クラウド) トラッキングデータ ベース作成 Unity用 DB ファイル Target Authoring & Training Runtime (AR app) 物体認識 ガイドビュー不要 AR を物体に かさねて表示 Unity用 DB ファイル ARアプリに組込 19

20.

モデルターゲットジェネレーター (WINDOWSのみ) 20

21.

クロスプラットフォーム:VUFORIA FUSION 様々なデバイスに最高のAR 体験を提供 Fusion は Vuforiaのコア技術 Vuforia Engine Objects Environments • 第4世代 SLAM により 基本的な機能を提供 • VIO によるモデルターゲット および地表の検出 Vuforia Fusion VIO SLAM Simultaneous Localization & Mapping iOS Visual-inertial Odometry Android ARKit Windows ARCore Platform Enablers デバイスイネーブラーと統合 Platform AR Technology • ARKit, ARCore, and Windows Mixed Reality APIs • Latest versions of camera, sensor, compute APIs and engines Appleさん、Googleさん、Microsoftさんは皆さんパートナーです! 21

22.

使いたいデバイスでAR 体験を M300 モバイルデバイス • • AR グラス

23.

VUFORIA でARアプリを作る Unity でスマートフォンアプリを開発するのとほとんど同じ Unity で開発 (VuforiaはUnityのコンポーネント) アプリストア もしくは評価用でリリース AR 体験をお届け Unity Android Studio XCode Visual Studio Mobile Device Management 23

24.

Unityをインストールしていればすぐに使えます • Unity 2019.2 より前の場合 Components でVuforia をインストール • Unity 2019.2 以降の場合 事前インストールは不要 ⚫ 共通 XR Settings でVuforia にチェックを入れる 24

25.

VUFORIA ENGINE 開発者向けポータルにご登録を • 技術ドキュメント • ダウンロード:サンプル&ツール • ライセンス管理 • サポートセンター:FAQ とフォーラム 25

26.

マテル社 Hot Wheels 26

27.

メルセデス社 “Ask Mercedes” メルセデス-ベンツのゴールは ブランドバリュー向上と差別化 単に高機能で高品質なクルマを 提供するだけではなく エクセレントなユーザー体験を 全てのコンタクトポイントで提供 27

28.

Vuforia は市場で一番使われているAR 技術 アプリストアのシェア 500K+ 登録開発者数 60% 60K+ 商業アプリ 以上 600M+ インストールベース 28

29.

英文は怖くない • Vuforia Engine のドキュメントは英文のみ • 世界中誰でも、最初は初心者 → ステップバイステップの チュートリアルを用意 • 英文を読み手を動かせば Unity + Vuforiaでアプリを作れる • しかも、英文も読めるようになる! 一石二鳥!! 29

30.

まとめ AR アプリを Unity + Vuforia でつくりま しょう https://developer.vuforia.com/ 30