【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方

>100 Views

September 26, 19

スライド概要

2019/9/25-6に開催されたUnite Tokyo 2019の講演スライドです。
鎌田 泰行(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)

こんな人におすすめ
・モバイルアプリ開発者

受講者が得られる知見
・Unity Monetization SDKをつかってできること
・Unity Monetization SDKの導入方法とその使い方

Unityのイベント資料はこちらから:
https://www.slideshare.net/UnityTechnologiesJapan/clipboards

profile-image

リアルタイム3Dコンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
2.

Unity Monetization SDKで できることと使い方 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 フィールドエンジニア 鎌田 泰行

3.

はじめに — — — 本講演では、Monetization SDKを使うため の基本的かつ技術的な内容をお話しします 資料は後日公開予定です その他、マネタイゼーション関連の ご質問はブースまで 3

4.

話すこと — — — — — Unity Monetization SDKって? 使うための準備 できること – 基本編 できること – 応用編 まとめ 4

5.

Unity Monetization SDK って? 5

6.

Unity Monetization SDK — — — Unity Ads SDKからリネーム(version 3.0〜) 対象プラットフォーム – Android – iOS 最新バージョン(2019-09-26時点) – 3.2.0 6

7.

Unity Monetization SDK — SDKダウンロード for Unity – Unity (C#) – Asset Store – – https://assetstore.unity.com/packages/addons/services/unity-monetization-3-2-0-66123 Package Manager (Unity 2018.1 ~) – "com.unity.ads": "3.2.0" 7

8.

Unity Monetization SDK — SDKダウンロード for native – Android (native) – – https://github.com/Unity-Technologies/unityads-android/releases/latest iOS (native) – https://github.com/Unity-Technologies/unityads-ios/releases/latest 8

9.

使うための準備 9

10.

使うための準備 – SDKインポート — Asset Store 10

11.

使うための準備 – SDKインポート — Package Manager(推奨) 11

12.

使うための準備 – SDKインポート — 内蔵のUnity Adsを利用する(非推奨) – SDKアップデートの必要がある際に不便 12

13.

内蔵のSDKを無効化(Disable)する — — Adsのビルトイン拡張の有効化チェック を外す Servicesウィンドウ – ADS – Advanced – Enable built-in Ads extension 13

14.

SDKの初期化(ランタイム) リクエスト アプリ起動時など IsReady()の状態 Unity Ads キャッシュ Initialize() true false 14 (広告の準備OK)

15.

初期化のサンプルコード 15

16.

Game ID — — — 各ゲーム、各プラットフォームごとに割り当てられるID Servicesウィンドウから Ads を ON にすると、 自動的に作成される Game ID は Operateダッシュボードから確認可能 16

17.

Operateダッシュボードで Game IDを確認 17

18.

テストモード — — — true にするとダミーの動画が流れるようになる テスト時やアプリ申請時は true 推奨 Operateダッシュボードから強制的に操作する ことも可能 18

19.

Operateダッシュボードから テストモードを上書き 19

20.

できること - 基本編 20

21.

動画広告の表示 — — インタースティシャル広告(すき間広告) リワード広告 21

22.

動画広告の表示 SDK 初期化 完了 表示準備 完了 Initialize() Show() 初期化済みか true true 表示準備ができているか false true isInitialized IsReady 22

23.

動画広告表示のサンプルコード 23

24.

動画広告表示のサンプルコード — Gist – https://gist.github.com/yasuyukikamata/330780cd3a4f7f71231172ac5dc137ae 24

25.

バナー広告の表示 — — 320x50pxのバナー広告 バナー専用のplacementが必要 25

26.

バナー用のPlacement — Operateダッシュボードから新規作成 26

27.

バナー広告表示のサンプルコード 27

28.

バナー広告の表示位置指定 28

29.

バナー広告の表示位置 29

30.

バナー広告のサンプルコード — Gist – https://gist.github.com/yasuyukikamata/96d829c11887bd6d451a53576b26af86 30

31.

できること - 応用編 31

32.

課金アイテムを広告枠で宣伝 — IAP Promo – 広告枠をつかって、アプリ内の課金アイテムの 購入UI(ボタン)が表示できる – ゲーム内に専用のUIを構築しなくてもOK – 地域(国)や期間のターゲティングが可能 – すでにin-app purchaseのproductがある人は ぜひやるべき 32

33.

課金アイテムを広告枠で宣伝 — IAP Promo – 公式ドキュメント(おすすめ) – – https://docs.unity3d.com/Manual/IAP Promo.html 昨年ワークショップをやった – http://urls.unity3d.jp/iappromo-ws 33

34.

必要な広告枠のみをロードする — — Load API (Closed beta) 初期化の際に… – Placementのコンテンツをロードしない – 任意のタイミングで – 指定のPlacementのコンテンツのみをロードする 34

35.

Load APIのフロー 表示準備 完了 SDK Initialize() 初期化 ここでコンテンツ を取得しない Load() ロード = 無駄な通信が発生しない Show()

36.

広告表示のサンプルコード(Load API) — 初期化(Initialize) 36

37.

広告表示のサンプルコード(Load API) — ロード(Load) 37

38.

広告表示のサンプルコード(Load API) — 表示(Show) 38

39.

広告表示のサンプルコード(Load API) — Gist – https://gist.github.com/yasuyukikamata/b4a4cf17e9576edc3aca998a5b0d5483 39

40.

リスナーを追加する(Advertisement) — IUnityAdsListener 40

41.

リスナーを追加する(Advertisement) — Advertisement.AddListener() 41

42.

まとめ 42

43.

Monetization SDKは.. — モバイルアプリに簡単に広告を実装できる – インタースティシャル広告 – リワード広告 – バナー広告 43

44.

Monetization SDKは.. — 課金アイテムの宣伝もできる – — IAP Promo 必要なPlacementだけをロードして効率化 – Load API – 現在クローズドベータ – 試したい方はサポートへ連絡 – [email protected] 44

45.

クラスごとの役割 — Monetization — Advertisement – 動画広告 – 動画広告 – IAP Promo – バナー広告 – Load API API Reference o https://unityads.unity3d.com/help/unity/api-unity 45

46.

[おまけ] iOSの既知の問題について 46

47.

表示がぶっこわれる問題(iOS13) — — — Viewのデフォルト設定が変更 – 広告画面上部にすき間 – ドラッグできちゃう – などなど UIModalPresentationStyleの デフォルトの選択がiOS13から変更* SDK 3.3 で修正予定 * https://developer.apple.com/documentation/uikit/uimodalpresentationstyle

48.

UIWebView 問題 — Unity Adsが、すでにDeprecatedだった UIWebView を使用している – — 将来、アプリ審査時にAppleからリジェクトされる可能性 (いまはまだ大丈夫) SDK 3.3 で修正予定 – Unityエンジン側も修正予定* * [IOS] APPLE THROWS DEPRECATED API USAGE WARNING FOR USING UIWEBVIEW WHEN SUBMITTING BUILDS TO THE APP STORE CONNECT – Issue Tracker : https://issuetracker.unity3d.com/issues/ios-apple-throws-deprecated-api-usage-warning-for-using-uiwebview-when-submitting-builds-to-the-app-store-connect

49.

Thank you! ご質問・ご相談は 質疑応答コーナー または ブースで [email protected]