Laravelでのキャッシュの持ち方とAWS Fargateやイミュータブルインフラとの向き合い方

1.7K Views

September 16, 23

スライド概要

Laravelのキャッシュは多様な保存先を提供していますが、bladeのキャッシュについては疑問符が残るところがあります。
一方で、AWSのFargateはVolumeの設定をセキュリティの向上のためにReadOnlyにできたり、またイミュータブルインフラではWebサーバがステートレスであることが求められます。
そういった中で、Laravelではどういったキャッシュの持ち方をするといいのか、そんな問いかけや提案ができたらと考えています。

profile-image

株式会社Relicで事業部長をしております。 バックエンド、インフラに関心があります。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

© Copyright 2021 Relic Inc. All rights reserved.

3.

• • • • • • • • • • • •

4.

• • • • • • • • • • •

6.

• • • • • • • • • • •

8.

• • • • • • • • • • •

11.

• • • • • • • • • • •

12.

• • • • • •

14.

• • •

15.

• • • • • • • • • • •

19.

ファイル ViewServiceProvider CompilerEngine BladeCompiler 役割

27.

• • • • • •

28.

• • • • • • • • • • •

30.

ストレージ 1レコード(?)上限 2GB (※OS、ディストリビューションによる) 上限なし?(10GiBまで書き込めた記事アリ) 1MB 4GB (※RDBやカラムによる) 400KB

33.

• • • • • • • • • • •

34.

• • • •

39.

• • •

40.

• • • • • • • • • • •

41.

• •

42.

• • • • • •

43.

• • • • • • • • • • •

44.

Digital Innovation Studio

46.

• •

47.

• • • • • • • • • • • •