マンガでわかる機械学習 エピローグ

341 Views

August 15, 23

スライド概要

profile-image

機械学習や音声認識に関する書籍を執筆しています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

エピローグ p.201 1コマ目 • 荒木雅弘(著), 渡まかな(作画), ウェルテ(制作) : 『マンガでわかる機械学習』 (オーム社, 2018年) • サポートページ

2.

エピローグのストーリー • 清原は九条とともに、地方自治体がかかえる問題に対して機 械学習を用いたソリューションを提供する会社を立ち上げる • そこに大企業をやめたさやかが合流する

3.

機械学習技術者に求められるもの • 理論 • 問題に適した機械学習手法(場合によってはルールベース手法)を 選択し、性能向上につながるチューニングができる • 実践 • 対象業務を深く理解し、収集するデータの質を高めることができる • 実運用の状況を反映した適切な実験計画が作成できる • 実装 • データの取得・管理、運用環境の構築ができる • 開発目標が何らかの最適化であることが多いので、既存の最適化フ レームワークなどに精通していることが必要

4.

理論に通じている技術者 4章 p.111 2コマ目

5.

実践に携わる技術者 6章 p.167 4-7コマ目

6.

実装に強い技術者 2章 p.72 2コマ目

7.

今後も3人の活躍は続く... のか? 実践! エピローグ p.204 1~4コマ目