GitLab社から学ぶリモートワーク

748 Views

September 01, 20

スライド概要

GitLab社のリモートワークのガイドラインを紹介。

profile-image

PMO、ITコンサルタント

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

GitLab社から学ぶ リモートワーク 2020.8 森本

2.

GitLabとは(知らない人はいないと思いますが) ソースコード管理ツール - オープンソース版と有償版 - オンプレミス版とクラウド版

3.

GitLab社の特徴 - オフィスを持たない(完全なリモートワーク) - 社員数は1200人以上 - 社員の所在地は66か国 - 顧客企業数は10万社以上 - 社内ルールを常時公開(例:給与規定、作業規定)

4.

GitLab社が重視している価値観 🤝 Collaboration (協業) 📈 Results (結果) ⏱ Efficiency (効率) 🌐 Diversity, Inclusion & Belonging (多様性) 👣 Iteration 👁 Transparency (反復) (透明性)

5.

「The Remote Playbook」 リモートワークのノウハウを公開 https://about.gitlab.com/company/culture/all-remote/

6.

「The Remote Playbook」 冒頭を翻訳してみました (※DeepLとGoogle翻訳を利用) 「リモートリーダー向けの5つのヒント」 「遠隔地の従業員のための5つのヒント」

7.

リモートリーダー向けの5つのヒント 1. リモートリーダーシップチームを設立する リモートワークの経験があり、ニュアンスを伝えることができ、他の人にリソースとし て提供することができる専門家のチームを結集します。 このチームの役割の中心となるのは、リアルタイムで課題を文書化し、それらの課 題に明確な優先順位をつけ、解決策を見つけるために直接責任者(DRI)を割り当 てることです。

8.

リモートリーダー向けの5つのヒント 2. ハンドブックを確立する これは、真実の単一のソースとして機能し、全社的に伝達されるべきです。 これは、単一の企業のWebページやNotionやAsk Almanacのリポジトリとして開始 することができます。(※訳注: NotionとAsk Almanacはビジネスユーザー向けの情報共有サービスの名称) リモート化する際の最も大きな課題の1つは、全員に効率的に情報を提供し続ける ことです。 混乱を最小限に抑えるために、重要なプロセスの変更を、中央の場所に体系的に 文書化することに全力を尽くしましょう。

9.

リモートリーダー向けの5つのヒント 3. コミュニケーション計画を確立する 現在の透明性に対する考え方がどのようなものであっても、リーダーはこの時期に手をこまねいてはいけ ません。 リーダーがリアルタイムでコミュニケーション計画を練り上げていく中で、チームメンバーは頻繁な更新を 期待するようになります。 チームごとに常設のテレビ会議室を用意して、チームメンバーが好きなように出入りできるようにしましょ う。 このようなシミュレーションを行うことで、チームメンバーは慣れ、リモートへの移行をより負担の少ない方 法で受け入れることができるようになります。 また、インフォーマルなコミュニケーションを意図的に行うことで、オフィスでは自然発生的に発生する重要 な要素であり、リモート環境ではすぐに代替する必要があることを示します。 この問題を解決するためには、 GitLab の公開コミュニケーションガイドを複製することを検討しましょう。

10.

リモートリーダー向けの5つのヒント 4. ツールスタックを最小限に抑える リモートで機能している間は、ツールスタックを最小限に抑えておきましょう。 Google Docs、全社的なチャットツール(Microsoft TeamsやSlackのようなもの)、 そしてZoomがあれば始められます。 チームがVPNを介して社内システムにアクセスする必要がある場合は、誰もが簡 単にアクセスでき、使用方法を明確に説明できるようにしてください。

11.

リモートリーダー向けの5つのヒント 5. 変化を推進する 「インオフィスでの経験」が強い企業にとって、リモート移行はプロセスであり、切り 替えるためのバイナリスイッチではないことを認識することは、リーダーシップにとっ て非常に重要です。 リーダーは、イテレーションを受け入れ、何がうまくいっているか、うまくいっていな いかをオープンにし、全従業員にそのことを伝える責任があります。 リモートカンパニーの管理は、他の会社の管理と同じようなものです。 それは、信頼、コミュニケーション、そして共有された目標を全社的にサポートする ことに尽きます。

12.

遠隔地の従業員のための5つのヒント 1. 専用の作業スペースを確保する どこで仕事をするかは、何をするか、誰と仕事をするかと同じくらい重要です。 仕事だけが発生するスペースを確保して、そこにいる間は集中でき、退出するとき には切り離すことができるようにすることを目指しましょう。 これを実行するには、あなたのワークスペースや勤務時間中に誰がいるかによっ て異なりますが、重要なのは、純粋に仕事のためのスペースを見つけることです。

13.

遠隔地の従業員のための5つのヒント 2. 仕事と生活を切り離す これは、特に家庭に家族がいる在宅勤務の新しい従業員にとっては、クリアするのが最も難しいハードルとなるでしょう。 家にいるからといって、対応できるわけではないということを家族に理解してもらうためにも、家族との会話は欠かせません。 境界線設定の近道はこれです。"あなたがいつものオフィスに通勤して私のデスクに来るように十分に重要なら、あなたが私 の自宅のワークスペースを訪問することが十分に重要である "ということです。 忙しい/対応可能のインジケーターを考えてもいいでしょう。 物理的なオフィスがないときは、予想以上に長く仕事をしてしまいがちです(健康的にも)。 有用な場合は、仕事の開始と終了のリマインダーを設定し、かつて通勤していた場所を埋めるためのアクティビティを計画し ましょう。 通勤時間に何をするかを積極的に計画することが、一日の仕事への活力を高め、一日の疲れを癒す鍵となります。 これは人それぞれですが、家を出て散歩に出かけたり、用事を済ませたりすることは、紛れもない隔たりを作るのに最適な方 法です。

14.

遠隔地の従業員のための5つのヒント 3. 人々と関わる 自然発生的なインフォーマルなコミュニケーションに影響を与えるオフィスがない場合は、意図的に一日の中にそれを織り込 む必要があります。 ● ビデオ通話を使って、定期的にバーチャルなコーヒーチャットやハッピーアワーを予定しましょう。 ● チームが仕事ができるように、常設のビデオ会議室を作りましょう。(リモート設定では、目をそらしても大丈夫です!) ● 日常について話しましょう。スポーツ、休暇の計画、子供たちの反抗的な話などが一般的な話題であれば、チームと協 力して、仕事以外のことを話し合うためのチャットチャンネルを設置しましょう。媒体は異なるかもしれませんが、つな がりは同じです。 ● 恥や羞恥心を捨ててください。誰もが同じ船に乗っています…何の準備もなく、強制的に在宅勤務をさせられていま す。あなたの背景を気にする必要はありません。ペットや家族が時々呼び出しに出られるようにしてくれることを歓迎し ます。それは経験を人間らしくし、私たちが第一に人間であり、第二に同僚であることを皆に思い出させてくれます。 ● 家族や地域社会とつながってください。リモートで仕事をすることで、同僚だけではなく、さまざまな人たちと時間を過ご す機会を得ることができます。通勤時間があったときには不可能だった、あるいは限られていたかもしれない他人との 絆を築く機会を探してみましょう。

15.

遠隔地の従業員のための5つのヒント 4. ルーティンを尊重しつつ、変化を試みる 非同期ワークフローはオールリモートチームの大きなメリットですが、一時的な在宅ワークはタ イムゾーンの大幅な変動にはあまり適応できないかもしれません。 このような場合には、以前の仕事のルーティンと密接に一致するようなルーティンを作るのが賢 明です。 しかし、ルーティンに縛られていると感じてはいけません。 リモートの利点は、型にはまらない勤務を試せることです。 誰もが同じピーク時のエネルギーと集中力を共有しているわけではないことが理解されていま す。 例えば、夜遅くに仕事をするのがベストだと感じているのであれば、チームと会話をして、非直 線的な勤務を試してください。

16.

遠隔地の従業員のための5つのヒント 5. 変化に身を任せる リラックスしてください:あなたは生まれながらにして在宅ワークの方法を知っているわけではあ りません。 オンサイトチームからリモートに移行している企業では、大きな痛みを経験することになるでしょ う。 このような摩擦は、もしもうまく対処しなければ、オペレーション上だけでなく文化的にも深刻な 弊害をもたらす可能性があります。 たとえ一時的であっても、リモートへの移行はプロセスであることを忘れないでください。 リモートワークに適応する際には、新しい働き方、コミュニケーション、スケジューリングの方法 を試したり、試したりすることにオープンになるようにしましょう。.

17.

END