リンク抽出耐久テスト

スライド概要

ドクセルにPDF内のリンク抽出機能がつきました。まずは新たに変換したファイルのページの書き起こし部分から確認いただけます↓
問題なければ過去にアップロードいただいたファイルを順次更新しつつ、プレーヤー内でなんらかクリックできる仕組みを用意したいと思います。

profile-image

Yusuke Kawabata

@ku-suke

作者について:

ドクセルを開発しています!不具合や要望などはTwitterなどでお知らせいただけると嬉しいです!

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2021-11-18 14:31:34

各ページのテキスト

1. リンク抽出耐久テスト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%89%8B%E7%B7%9A 山手線はもともと、日本鉄道が現在の東北本線および東海道本線を連絡するために品川駅 - 赤羽駅間の 山の手に敷設した線路であった。東京市街地の拡大に伴い、市街をめぐる大都市の基幹交通路線に性格 を変えていった。電車が運行を開始したのは1909年[20]、現在のように環状運転が実施されるようになっ たのは1925年のことである[3]。 日本鉄道品川線と呼ばれたこの路線は、港があった品川・横浜方面と東京の北側を結ぶ日本鉄道第一区 線の一部として計画された路線であった[21]。しかし起伏地である山の手に線路を敷くには技術的にも資 金的にも困難であったことから、まずは日本鉄道第一区線の開業を優先し、1883年(明治16年)7月28 日に江戸下町の北部にあたる現在の上野駅の地を起点として開業[22]、その後の1885年(明治18年)3月 1日、当初の計画に準じ、日本鉄道第一区線と官設鉄道(現在の東海道本線)とを連絡する品川駅 - 赤 羽駅間(現在の山手線品川駅 - 池袋駅間と赤羽線池袋駅 - 赤羽駅間)が開業した。当時、日本鉄道の南 端は上野駅、官設鉄道の北端は新橋駅で、この両駅を結べば建設距離は短くて済んだが、両駅間の土地 は江戸の下町に当たるため鉄道を敷設することは難しかった[9]。一方で山の手を通すと遠回りにはなる ものの、当時の山の手の居住人口は少なく、鉄道敷設への理解も得られやすく、この経路が選ばれた[20]。 開業後の1886年(明治19年)7月1日時点では、新橋駅 - 品川駅 - 赤羽駅間には毎日4往復の直通旅客列 車が運行されていた[23]。1891年(明治24年)9月1日に日本鉄道第一区線から第五区線が全通し、横 浜・新橋・品川・上野方面と、高崎・宇都宮・福島・仙台・盛岡・青森方面が鉄路で結ばれた[23][24][25]。