筑波大学(情報系)についての主観説明資料

642 Views

March 15, 22

スライド概要

プログラミング研究会の後輩に向けた筑波大学(情報系)の説明資料です

profile-image

情報系大学生

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

プロ研大学説明会 筑波大学編

2.

プロ研大学説明会 自己紹介(自明) 仲村 和士(南71期) プログラミング研究会3期生 所属: 筑波大学情報学群情報メディア創成学類 研究室: デジタルネイチャー研究室、フィジタルメディア研究室 興味: XR, HCIなど 第一プログラミング言語: Python by Kazushi 2

3.

プロ研大学説明会 筑波大学とは 茨城県つくば市にある国立大学です。 秋葉原からつくばエクスプレスで45分くらいの場所 最近指定国立大学法人になりました。 北大と同じくらいのレベルだと思います。 by Kazushi 3

4.

プロ研大学説明会 筑波大学はオススメか? 個人的にはオススメしたい 北大と同程度のレベルで道外にある総合大学 世にも珍しい情報学群がある(普通は工学部の中にある) 学群学類制 教養学部がなく、1年次から各学群/学類の授業があります。 開かれた大学を自称しているため、他の学類の授業もだいた い履修することができる by Kazushi 4

5.

プロ研大学説明会 筑波大学ってどんな大学? 広い 長い 自由度が高い 自転車が人権 Twitterが盛ん 駅から徒歩5分だが、駅から徒歩50分 by Kazushi 5

6.

プロ研大学説明会 授業 1コマ75分を6コマ by Kazushi 6

7.

プロ研大学説明会 学期 謎の6モジュール制 春学期と秋学期をさらに5週ずつ、3分割(ABC)にする謎システム 他の大学と合わせられないのが難点 こいつらいっつもテストやってんなってなる by Kazushi “ “ 「秋Aのテストが終わった」 「終わるとどうなる?」 「知らんのか。秋Bのテスト勉強が始まる」 7

8.

プロ研大学説明会 時間割 参考までに。 真似は非推奨。 by Kazushi 8

9.

プロ研大学説明会 時間割 C期間は授業が少ない 傾向 by Kazushi 9

10.

プロ研大学説明会 時間割 by Kazushi 10

11.

プロ研大学説明会 情報学群 情報科学類 いわゆる情報系のイメージそのまま。コンピュータシステムなどの低 レイヤからソフトウェア、ハードウェアとバランスよく学びます。数 学の授業とかも他の学類より多い。 情報メディア創成学類 低レイヤの授業もあるけどこちらはメディアやコンテンツ、アートと デザインまで幅広く対応している。なんでもできます。 by Kazushi 11

12.

プロ研大学説明会 情報学群 知識情報・図書館学類 上の二つが完全に理系なのに対してこちらは文系でも入れる。全国的 にもこの名前の学類は珍しいと思う。前期入試が廃止され、前期では 総合入試でしか入れなくなったのが痛い。 by Kazushi 12

13.

プロ研大学説明会 一年次の時間割(理系情報の場合) 全学必修(英語4単位、情報4単位、体育1単位、学問への誘 い、フレッシュマンセミナー) 数学(線形代数, 微分積分) プログラミング入門(Python) その他情報系の概論科目 情報系以外の科目(自由単位) 情報学群では初修外国語は必修ではない by Kazushi 13

14.

プロ研大学説明会 特色ある演習授業 情報学群情報メディア創成学類/情報科学類では情報特別演習と いう演習科目を設置しており、一年生から受けることができま す。 この科目では自分の勉強したい内容をアドバイザー教員の先生 に指導を受けながら学ぶことができます。 研究をしてもよいですし、自分が作りたいと思ったものを作っ たり、勉強したい分野を勉強したり結構自由にできます。 by Kazushi 14

15.

プロ研大学説明会 先導的研究者体験プログラム 大学は研究機関です!せっかくなのでたくさん研究し ませんか? 研究計画書を書いて採択されると研究室に所属できる 予算も少しもらえる 事前に見てもらいたい先生に相談すれば計画書のアドバイス やネタも貰えるので興味があれば積極的に by Kazushi 15

16.

プロ研大学説明会 本日のメイン: 総合入試を受けるな 行きたい専門にいけない(成績次第) 成績のことだけを考えて過ごす一年間 そもそも総合入試の売りである一年間かけて専攻を 選べる自由など存在しない あなたが自由に悩めるのは春Aの履修登録期限まで。それまでに 決まらないとどんどん選択肢は狭まります。 by Kazushi 16