20200928 コリネバクテリウムによる結膜炎

>100 Views

September 12, 22

スライド概要

profile-image

見習い芸人

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

コリネバクテリウムによ る結膜炎

2.

解剖 Conjunctivitis - UpToDate

3.

超急性細菌性結膜炎(Hyperacute bacterial conjunctivitis) • ナイセリア属(特に淋菌)による • すぐに眼科コンサルト︕ • 性感染症(⽣殖器から⼝、そして眼へ) • 尿道炎の併存が典型的 • グラム染⾊でGPDCがいないかチェック • 淋菌性結膜炎の診断にはPCRも有⽤ Conjunctivitis - UpToDate

4.

慢性クラミジア結膜炎 • トラコーマ • 慢性封⼊体結膜炎︓結膜塗抹のギムザ染⾊や直接蛍光抗体染⾊ (DFA)かスワブの培養 Conjunctivitis - UpToDate

5.

細菌性結膜炎 分泌液は分厚く球形 ⻩⾊や⽩⾊や緑⾊ Conjunctivitis - UpToDate

6.

ウイルス性結膜炎 • アデノウイルスが多い • 結膜炎はリンパ節腫脹、発熱、咽頭炎、上気道症状の前駆症状の⼀ 部として認めることがある • 眼の感染が唯⼀の症状のこともある • ウイルス性の結膜炎は感染⼒が強い(接触でうつる) • 通常24-48時間以内に反対の眼も罹患するが、⽚側だからといってウ イルス性は除外できない • 数⽇以内に回復に向かうが、症状はしばしば最初の3-5⽇は悪化し、 引き続く1-2週間で⾮常に緩徐に改善し治癒まで計2-3週間はかかる。 • HSVやVZVが原因となることもある Conjunctivitis - UpToDate

7.

流⾏性⾓結膜炎(EKC) • ウイルス性の結膜炎の⼀形式だが、特に劇症で典型的には最初 の結膜炎から数⽇後に⾓膜炎を来す。 • アデノウイルス8、19、37型が典型 • 確定診断やステロイド点眼を使⽤するかどうか決定するため眼 科コンサルトすべき Conjunctivitis - UpToDate

8.

ウイルス性結膜炎 結膜充⾎ ⽔様性、粘液漿液性の 分泌液 灼熱感、砂のようなざ らついた感じ Conjunctivitis - UpToDate

9.

アレルギー性結膜炎 • IgEを介したⅠ型過敏反応による • 掻痒感がアレルギー性との鑑別点(ウイルス性はざらつき、灼 熱感、刺激性が特徴) • アトピー、季節性アレルギー、特定のアレルギー(ネコなど)、 他のアレルギー症状(⿐汁、くしゃみ、喘息)の病歴を確認 Conjunctivitis - UpToDate

10.

アレルギー性結膜炎 両⽬ 結膜充⾎ ⽔様性の分泌液 掻痒感 Conjunctivitis - UpToDate

11.

中毒性結膜炎(Toxic conjunctivitis) • 防腐剤や薬剤による眼球表⾯への慢性的な炎症で起こる Conjunctivitis - UpToDate

12.

⾮感染性、⾮炎症性結膜炎 • 通常は⼀過性の物理的あるいは化学的刺激による • ⼀般的には24時間以内に⾃然に改善する Conjunctivitis - UpToDate

13.

Conjunctivitis - UpToDate

14.

ステロイド点眼は︖ • 急性の結膜炎に対して、ステロイド点眼(単独でも抗菌薬点眼 との併⽤でも)は効果はなく不要 • ステロイドは不適切に使⽤すると、⾓膜の瘢痕、溶解、穿孔な ど合併症で失明の原因ともなり得る。⽩内障・緑内障の原因と もなる。 • 眼科医は眼部のアレルギーやウイルス性⾓膜炎、慢性眼瞼炎の ときにステロイド点眼を使⽤することがあるが、使⽤の際は眼 科にコンサルトすべきである。 Conjunctivitis - UpToDate

15.

細菌性結膜炎はたいていは⾃然軽快するが、抗菌点眼薬を 発症6⽇以内に使⽤すれば臨床経過を短縮できる可能性が ある。 コンタクトレンズ使⽤者の急性結膜炎や成⼈封⼊体結膜炎、 超急性細菌性結膜炎(Hyperacute bacterial conjunctivitis)では 抗菌点眼を使⽤すべき Conjunctivitis - UpToDate

16.

⽇本における細菌性結膜炎の起炎菌 あたらしい眼科 28(5): 679-687, 2011

17.

コリネバクテリウムによる結膜炎 普通はコンタミや定着菌と考えるが、結膜炎の原因 となることもある。 ⽇本の⾼齢者の結膜炎の起炎菌となるコリネバクテ リウムのほとんどがキノロン耐性。 セフェム系は感受性良好、アミノグリコシド系も感 受性あり。 キノロン点眼で経過不良やグラム染⾊で貪⾷像を伴 うコリネ様の菌体を認める場合はセフェム系を考慮。 Hiroshi Eguchi (May 29th 2013). Ocular Infections Caused by Corynebacterium Species, Infection Control, Silpi Basak, IntechOpen, DOI: 10.5772/56214.

18.

あたらしい眼科 35(12): 1591-1598, 2018

19.

ベストロン®(第三世代セフェム) エコリシン®(エリスロマイシン) コリマイC® タリビット®、クラビット®、ガチ フロ®、ベガモックス® 眼科グラフィック 5(2): 134-138, 2016

20.

経験的治療の1stはセフメノキシム (ベストロン)、2ndはクロラム フェニコール(コリマイC) 緑膿菌疑いにはジベカシン(パニ マイシン)、レボフロキサシン (クラビット) MRSA疑いには1stはクロラムフェニ コール(コリマイC)、2ndはバン コマイシン あたらしい眼科 31(7): 1037-1042, 2014

21.

抗菌点眼薬 眼科ケア 11(8): 756-762, 2009

22.

よく使われる抗菌点眼薬 眼科ケア 11(8): 756-762, 2009

23.

抗アレルギー点眼薬 眼科ケア 11(8): 767-773, 2009

24.

よく使われるアレルギー点眼薬 とりあえず、パタノール 眼科ケア 11(8): 767-773, 2009

26.

まとめ • 結膜炎の原因はウイルス性、細菌性、アレルギー性、中毒性、 ⾮感染性/⾮炎症性結膜炎がある • 基本的にプライマリケアでステロイド点眼は不要 • 細菌性でもたいてい勝⼿に治るが、抗菌点眼薬で早く治る • コンタクトレンズ使⽤者、成⼈封⼊体結膜炎(クラミジア)、 Hyperacute bacterial conjunctivitis(淋菌)では抗菌点眼薬を︕ • キノロン耐性のコリネバクテリウム結膜炎が増えている︕ • キノロン点眼で経過不良、グラム染⾊でコリネ+貪⾷像→セフェ ム系(ベストロン)を︕ • ていうか経験的治療の1st choiceはベストロンで︕