腎動脈静脈エコー手順

>100 Views

September 12, 22

スライド概要

profile-image

見習い芸人

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

腎エコー⼿順まとめ

2.

Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

3.

プローベと初期設定 • コンベックス型(中⼼周波数3. 5 - 5 MHz)探触⼦ • ダイナミックレンジは55 • フレームレート(FR)は20 程度、カラードプラ使⽤時はカラー エリアを最⼩限にしてFR 10 以上を保つようにする • 流速レンジ30 - 50 cm/s(モザイク⾎流の検出時は適宜設定) • 腎内⾎流観察時はカラードプラ流速レンジを10 - 20 cm/sに設定 Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

4.

Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

5.

観察部位 腹部⼤動脈PSV、腎動脈起始部PSV →RAR(RA/Ao) 区域動脈AT、RI(区域動脈PSV、EDV) Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

6.

計測指標 • 収縮期最⾼⾎流速度(peak systolic velocity:PSV)・拡張期⾎流速 度(end-diastolic velocity:EDV) • renal aortic ratio(RAR) • 腎実質内⾎流評価 • pulsatility index(PI)・resistance index(RI) Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

7.

腎実質内⾎流評価 PSV、加速時間(accelaration time: AT)、 腎⻑径、RI、狭窄部位末梢側での乱流の 有無を評価 腎内の流速波形では、early systolic peak (ESP)を認めるかの確認をしながら、 AT 計測 Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

8.

PI・RI Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

9.

狭窄率の推定 • AT︓腎実質⾎流のAT は通常は70 msec 未満。100 msec(120 msec)以 上は観察部位の中枢側の狭窄病変を疑う • PSV︓通常100cm/sec 前後。PSV > 180 cm/s またはEDV > 90 cm/s で 有意狭窄と判定。狭窄率は50%以上狭窄で180 cm/s、60%以上では3 m/s 以上。再狭窄判定基準はPSV > 220 cm/s 。腎実質内⾎流ではPSV 25cm/s 程度、葉間動脈 Vmax = 30 cm/s 未満を参考。 • RAR︓3. 5以上(⼤動脈での⾎流は上腸間膜動脈の末梢部位とする) • RI︓> 0. 8 の場合は、⾎⾏再建術の効果が低い(ただし、⾼度狭窄 時のRI は低値となることがある)。通常、RI 左右差は 0. 15 未満 • PI︓移植腎での指標に⽤いられることがある Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

10.

Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

11.

Jpn J Med Ultrasonics Vol. 41 No. 3(2014)

12.

うっ⾎の評価 Kidney Med. 4(7):100482