2017.08.19 薬剤性ミオクローヌス

>100 Views

September 12, 22

スライド概要

profile-image

見習い芸人

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

薬剤誘発性ミオクローヌス

2.

Neurology March 17, 2015 vol. 84 no. 11 1183

3.

Tremor Other Hyperkinet Mov (N Y). 2015 Aug 14;5:337.

4.

Neurology. 2014 Oct 7;83(15):1387.

5.

Neurology March 24, 2015 vol. 84 no. 12 1284

6.

Neurology March 24, 2015 vol. 84 no. 12 1284

7.

Carstairs SD, Schneir AB. N Engl J Med 2010;363:e40.

8.

N Engl J Med 2015; 372:e27May 21, 2015

9.

不随意運動 神経治療33:110–114,2016

10.

ミオクローヌス 治療96, No.11,2014

11.

ミオクローヌス 治療96, No.11,2014

12.

Neurology 86 March 8, 2016

13.

seizure/myoclonus psychosis predominant encephalopathy with cerebellar signs Neurology 86 March 8, 2016

14.

Neurophysiol Clin. 2006;36(56):333-6.

15.

機序  オピオイド:皮質や脊髄レベルでのNMDA受容体の活性化、グリシン介在性の神経路の脱抑制、 脊髄でのGABA抑制、脳幹でのGABA活性化  抗うつ薬(SSRI、TCA)、リチウム:セロトニン作動性  抗精神病薬:セロトニン、ドパミン、GABA作動性の機序が示唆  抗菌薬:意識の変容、痙攣、失語、舞踏病、皮疹を伴うことが多い。 Βラクタム系は選択的に、キノロンは完全にGABA受容体を阻害。 サルファ薬はジヒドロ葉酸還元酵素阻害によるドパミン代謝の変化とフェニルアラニン代謝阻害 によるフェニルアラニン濃度上昇が関与 アミノグリコシドはNMDA受容体を活性化  NMDA受容体阻害薬(メマンチン、アマンタジン):まれだが起こる。詳細な機序は不明。ド パミン、セロトニンの血中濃度変化、グルタミン酸の放出が関与? J Neurol (2017) 264:1559–1566

16.

覚えて帰ってほしいこと  ミオクローヌスの鑑別に薬剤性(抗菌薬)を忘れないこと

17.

参考資料

18.

Curr Treat Options Neurol (2016) 18: 21

19.

Curr Treat Options Neurol (2016) 18: 21

20.

Curr Treat Options Neurol (2016) 18: 21

21.

Curr Treat Options Neurol (2016) 18: 21

22.

Curr Treat Options Neurol (2016) 18: 21

23.

Curr Treat Options Neurol (2016) 18: 21