ME2種情報処理まとめ

3.7K Views

June 15, 22

スライド概要

ME2種から出題される情報処理の内容をまとめた資料です.臨床工学技士の国家試験対策にも使えます.公立小松大学臨床工学科の学生向けの資料ですが,皆さんのお役に立てると幸いです.

profile-image

コンピュータを使って色々計算しています

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

ME2種情報処理まとめ 公立小松大学保健医療学部臨床工学科 藤田 一寿

2.

単位

3.

情報工学で使う単位 • bit: データの量.データを2進数で表したときに必要な桁数. • byte: データの量.1byte = 8bit. • bps: bit per sec.データ伝送速度.1秒あたり伝送できるデータ量 (bit). • dpi: 印刷物もしくはディスプレイの解像度.1インチあたりのドットの数. • ppi: ディスプレイの解像度. 1インチあたりのピクセルの数. • Hz: 周波数.CPUのクロック周波数は性能を表す一つの指標. • MIPS: CPU処理速度.1秒あたり実行できる命令の数(M:メガ).

4.

N進法

5.

2進法 10102 <latexit sha1_base64="mCMMaliCRwpLKfxl0Rvtg9qZQ9I=">AAAB/3icbVDLSgMxFL3js9ZX1aWbYBFclaQIuiy6cVnBPqAdSiZN29AkMyQZoQxd+Atude9O3Popbv0S03YW2nrgwuGcezmXEyVSWIfxV7C2vrG5tV3YKe7u7R8clo6OmzZODeMNFsvYtCNquRSaN5xwkrcTw6mKJG9F49uZ33rkxopYP7hJwkNFh1oMBKPOS22CCe5l1WmvVMYVPAdaJSQnZchR75W+u/2YpYprxyS1tkNw4sKMGieY5NNiN7U8oWxMh7zjqaaK2zCb/ztF517po0Fs/GiH5urvi4wqaycq8puKupFd9mbiv16klpLd4DrMhE5SxzVbBA9SiVyMZmWgvjCcOTnxhDIj/O+IjaihzPnKir4UslzBKmlWKwRXyP1luXaT11OAUziDCyBwBTW4gzo0gIGEZ3iB1+ApeAveg4/F6lqQ35zAHwSfPwjvlbs=</latexit> 2^3の位 2^2の位 2^1の位 2^0の位 1 0 1 0 2^3が1個ある 2^2が0個ある 2^1が1個ある 2^0が0個ある <latexit sha1_base64="zsL8ESsX9ebgb6YHvLmav8p76Yc=">AAACX3icbZHLSgMxFIbT8dJatY66EjfBoghCSUbBboSiG5cV7AXaOmTSTBuauZBkhDLMG/oCLvUR3OrC9AL24oHAd86fk3P448WCK43Qe87a2Nzazhd2irt7+6UD+/CoqaJEUtagkYhk2yOKCR6yhuZasHYsGQk8wVre6GGit16ZVDwKn/U4Zr2ADELuc0q0Kbm2jxFGbupk8OIOYtjVPGAKOi/X8Aqiv9Qx6YKKl1WD3aLpr7opRpnRnBmYF9GUiq5dRhU0DbgOeA5lMI+6a392+xFNAhZqKohSHYxi3UuJ1JwKlhW7iWIxoSMyYB2DITGb9NKpHxk8N5U+9CNpTqjhtLrYkZJAqXHgmZsB0UO1qk2K/2pesDJZ+9VeysM40Syks8F+IqCO4MRs2OeSUS3GBgiV3OwO6ZBIQrX5kokpeNWCdWg6FYwq+OmmXLuf21MAp+AMXAIMbkENPII6aAAK3sAX+AY/uQ8rb5Use3bVys17jsFSWCe/nBWuig==</latexit> 異なる進数に変換することを基数変換という.

6.

16進法 対応表 10 <latexit sha1_base64="Az9ASJL06yhYSBEq/Nba01jJQpg=">AAACA3icbVC7SgNBFL0bXzG+opY2i0GwCjsiahm1sYxgHpBdwuxkNhkyM7vMzAph2dJfsNXeTmz9EFu/xEmyhSYeuHA4517O5YQJZ9p43pdTWlldW98ob1a2tnd296r7B20dp4rQFol5rLoh1pQzSVuGGU67iaJYhJx2wvHt1O88UqVZLB/MJKGBwEPJIkawsZLvK5Gh67yfoYu8X615dW8Gd5mggtSgQLNf/fYHMUkFlYZwrHUPeYkJMqwMI5zmFT/VNMFkjIe0Z6nEguogm/2cuydWGbhRrOxI487U3xcZFlpPRGg3BTYjvehNxX+9UCwkm+gqyJhMUkMlmQdHKXdN7E4LcQdMUWL4xBJMFLO/u2SEFSbG1laxpaDFCpZJ+6yOvDq6P681bop6ynAEx3AKCC6hAXfQhBYQSOAZXuDVeXLenHfnY75acoqbQ/gD5/MH/YeX+w==</latexit> <latexit sha1_base64="SXOvjtboarw9X65gnZHJDZ5DMIE=">AAACOnicbVDLSgMxFM3UV62vqks3waIIQkmKVDeFqhuXLdgHdGrJpGkbmnmQZIQyzHe58SvcuXDjQhG3foDpTBe19UDgcM655N7jBIIrjdCrlVlZXVvfyG7mtrZ3dvfy+wdN5YeSsgb1hS/bDlFMcI81NNeCtQPJiOsI1nLGt1O/9cik4r53rycB67pk6PEBp0QbqZev29KN8HXci3A5hqcViKGtucsUxOUHDM8hRnMCsu1cEiqbPIoTO2UVWEq1XC9fQEWUAC4TPCMFMEOtl3+x+z4NXeZpKohSHYwC3Y2I1JwKFufsULGA0DEZso6hHjHLdKPk9BieGKUPB740z9MwUecnIuIqNXEdk3SJHqlFbyr+53VCPbjqRtwLQs08mn40CAXUPpz2CPtcMqrFxBBCJTe7QjoiklBt2p6WgBdPXibNUhGjIq5fFKo3szqy4AgcgzOAwSWogjtQAw1AwRN4Ax/g03q23q0v6zuNZqzZzCH4A+vnF3KJpe4=</latexit> 16^1の位 16^0の位 1 A 16^1が1個ある 16^0がA (10)個ある 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F

7.

10進数から2進数への変換 余り 10進数の 10を2進数 に変換する. 商 余り 商 余り 商 <latexit sha1_base64="7pV5tqX8dRDafbx0ktxAWSHE0Vs=">AAACmHichVFbS+NAFJ5kvcZbXdkXfRksij5YMtVlF3wpXlDfVKwKTSmTyWk7OJmEmclCCfEv+V/2zX/jpAa8ogcGvnO+71zmnDAVXBvff3TcHxOTU9Mzs97c/MLiUm3557VOMsWgzRKRqNuQahBcQttwI+A2VUDjUMBNeHdY8jf/QGmeyCszSqEb04Hkfc6osaFe7SEIYcBlTpWioyJX1gqviTdxcMAHCm9bRPzSZVFiNPaDwAtY2Sxv7uwW1rPaF+n97xcp+Uba/Kqq5UoNKTWWAxlVE/Zqdb/hjw1/BKQCdVTZea/2P4gSlsUgDRNU6w7xU9O11QxnAgovyDSklN3RAXQslDQG3c3Hiy3who1EuJ8o+6TB4+jrjJzGWo/i0Cpjaob6PVcGP+M6men/7eZcppkByZ4b9TOBTYLLK+GIK2BGjCygTHE7K2ZDqigz9paeXQJ5/+WP4LrZIH6DXOzVWwfVOmbQGlpHW4igP6iFTtE5aiPm/HL2nSPn2F11W+6Je/YsdZ0qZwW9MffyCb2Pvv8=</latexit> 矢印の順に0と1を 並べる. 1010 2進数が導かれる.

8.

10進数から16進数へ変換 10進数の200を16進数に変換する. 商は10進数の12ではあるが, 16進数に変換するのでCと なる. <latexit sha1_base64="qO3Uh2Fdfw/HtYofo1IOsVwSxKI=">AAACSXicbVC7TsMwFHVaHiW8CowsFhUIBqqkIOhYwcJYJApITVUc57ZYdZzIdpCqKHweCxsb/8DCAEJMOG0GXke2dO4992EfP+ZMacd5tkrlmdm5+cqCvbi0vLJaXVu/VFEiKXRoxCN57RMFnAnoaKY5XMcSSOhzuPJHp7l+dQdSsUhc6HEMvZAMBRswSrRJ9as3ng9DJlIiJRlnqTTIbPcI72DvhA0l3jOs4Th5TINIK9z0PNuj+bq0sX+Qmcho5tx7MsSneZ3RQQTFRLtfrTl1ZwL8l7gFqaEC7X71yQsimoQgNOVEqa7rxLpnxmlGOWS2lyiICR2RIXQNFSQE1UsnTmR422QCPIikuULjSfZ7R0pCpcahbypDom/Vby1P/qd1Ez1o9lIm4kSDoNNFg4RjHeHcVhwwCVTzsSGESmbeiuktkYRqY35ugvv7y3/JZaPuOnX3/LDWOinsqKBNtIV2kYuOUQudoTbqIIoe0At6Q+/Wo/VqfVif09KSVfRsoB8olb8AG/+tDA==</latexit> 矢印の順に数値を並べるとC8となる. これが10進数の200を16進数に変換した結果となる.

9.

2進数と16進数との関係 111010102 <latexit sha1_base64="PKaQFQkF9K6usTxVp84TmtmBmFY=">AAACA3icbVA9SwNBEJ3zM8avqKXNYhCswm0QtAzaWEYwH5AcYW+zlyzZ3Tt294RwpPQv2GpvJ7b+EFt/iXvJFZr4hoHHezPM8MJEcGN9/8tbW9/Y3Nou7ZR39/YPDitHx20Tp5qyFo1FrLshMUxwxVqWW8G6iWZEhoJ1wslt7ncemTY8Vg92mrBAkpHiEafEOqmPMfbzGmT12aBS9Wv+HGiV4IJUoUBzUPnuD2OaSqYsFcSYHvYTG2REW04Fm5X7qWEJoRMyYj1HFZHMBNn85xk6d8oQRbF2rSyaq783MiKNmcrQTUpix2bZy8V/vVAuXbbRdZBxlaSWKbo4HKUC2RjlgaAh14xaMXWEUM3d74iOiSbUutjKLhS8HMEqaddr2K/h+8tq46aIpwSncAYXgOEKGnAHTWgBhQSe4QVevSfvzXv3Phaja16xcwJ/4H3+ANgMlqY=</latexit> 4桁ごとに区切る 1110 10102 <latexit sha1_base64="LjmHrJTRhVlzAevdeiWHL2sPnR8=">AAACBHicbVC7SgNBFL3rM8ZX1NJmMAhWYSYIWgZtLCOYByRLmJ3MJkNmdteZWSEssfQXbLW3E1v/w9YvcZJsoYkHLhzOuZdzOUEihbEYf3krq2vrG5uFreL2zu7efungsGniVDPeYLGMdTughksR8YYVVvJ2ojlVgeStYHQ99VsPXBsRR3d2nHBf0UEkQsGodZJPCMGPBBPcy6qTXqmMK3gGtExITsqQo94rfXf7MUsVjyyT1JgOwYn1M6qtYJJPit3U8ISyER3wjqMRVdz42ezpCTp1Sh+FsXYTWTRTf19kVBkzVoHbVNQOzaI3Ff/1ArWQbMNLPxNRkloesXlwmEpkYzRtBPWF5szKsSOUaeF+R2xINWXW9VZ0pZDFCpZJs1ohuEJuz8u1q7yeAhzDCZwBgQuowQ3UoQEM7uEZXuDVe/LevHfvY7664uU3R/AH3ucPyLCXLg==</latexit> 区切りごとに16進数に変換 EA16 <latexit sha1_base64="3vh4jf+hZxU6oavnqea0yvonW2Y=">AAACCXicbVDLSsNAFL2pr1pfUZdugkVwVRIRdVkVwWUF+4A2hMl00g6dmYSZSaGEfIG/4Fb37sStX+HWL3HaZqGtBy4czrmXezhhwqjSrvtllVZW19Y3ypuVre2d3T17/6Cl4lRi0sQxi2UnRIowKkhTU81IJ5EE8ZCRdji6nfrtMZGKxuJRTxLiczQQNKIYaSMFtt3jSA8lz+6u8yDzLvLArro1dwZnmXgFqUKBRmB/9/oxTjkRGjOkVNdzE+1nSGqKGckrvVSRBOERGpCuoQJxovxsljx3TozSd6JYmhHamam/LzLElZrw0GxOc6pFbyr+64V84bOOrvyMiiTVROD54yhljo6daS1On0qCNZsYgrCkJruDh0girE15FVOKt1jBMmmd1Ty35j2cV+s3RT1lOIJjOAUPLqEO99CAJmAYwzO8wKv1ZL1Z79bHfLVkFTeH8AfW5w/iWpoS</latexit>

10.

第38回ME2種 2進数11000101を16進数で表したのはどれか. 1. 3C 2. 67 3. 9A 4. C5 5. F1

11.

第38回ME2種 2進数11000101を16進数で表したのはどれか. 1. 3C 11000101 4桁ごとに分ける 2. 67 3. 9A 1100 0101 それぞれ16進に変換 4. C5 5. F1 C 5 別解(計算ミスをしやすいのでお勧めしない) 110001012=2^7+2^6+2^2+1=128+64+4+1 =19710 =C516

12.

16進数の足し算を10進数に変換して行う. • 16進数の1Aと27を足せ. <latexit sha1_base64="yACJb9RSsf+uAZB2p0wziLm3xUw=">AAACwHichVFLLzRBFD3a2+czg43EpmNCJF8itwfjkUzisbH0GiTIpLsVOvqlu2cSJv6AP2BhhViIvT9gw5ZY+AlfLElsLNx+iCC4lao6deqeW6dyNdc0/IDovkqqrqmtq29obPrT/LcllW5tW/CdkqeLgu6Yjrekqb4wDVsUAiMwxZLrCdXSTLGobU2G94tl4fmGY88HO65YtdQN21g3dDVgqpjOKyueJY8XK0puT/4nZ4dilJezOUYUcv0jMcrLucE3NKBEecV0hvooCvkrUBKQQRLTTvoCK1iDAx0lWBCwETA2ocLnsQwFBJe5VVSY8xgZ0b3AHppYW+IswRkqs1u8bvBpOWFtPoc1/Uit8ysmT4+VMrrpjs7oka7onP7Ty7e1KlGN0MsO71qsFW4xtd8x9/yryuI9wOa76kfPAdYxHHk12LsbMeEv9Fhf3j14nBud7a700DE9sP8juqdL/oFdftJPZ8Ts4Q9+NPYStkf53IyvYCHbpzCeGciMTSSNakAnutDL3RjCGKYwjQJXP8E1bnArTUibkiNtx6lSVaJpx4eQdl8BK7CidA==</latexit> 10進数に変換する 16進数に戻す

13.

16進数の足し算を2進数に変換して行う. • 16進数の1Aと27を足せ. 16進数の各桁を2進数に変換 <latexit sha1_base64="V2u9mURF1au3JhTh5wd7XwaeQfc=">AAAC3XichVE9SxxRFD2O+dDVxFUbIc3g4rIhIPctEkUQjDYp/VoVd5dhZvLUwfliZnZBB+1sgthapIpgIfapA2n8Axb+gUCwUFCwSZE7HxASibnDm3feuffcdx7X8G0rjIguO5TOJ0+fPe/qLvT0vnjZV+wfWA69VmDKmunZXrBq6KG0LVfWIiuy5aofSN0xbLlibM0m+ZW2DELLc5eibV82HX3DtdYtU4+Y0oprohE46jstFm931TdqdTxDU2W1QkRiT5Cg11pcTZLMCNojIUTKNBqFrE4Qs5zL6qbUMZE20YolGqU01IdA5KCEPOa84hc08AEeTLTgQMJFxNiGjpC/OgQIPnNNxMwFjKw0L7GLAmtbXCW5Qmd2i/8bfKrnrMvnpGeYqk2+xeYVsFLFCF3QKd3SOZ3RD/r5z15x2iPxss27kWmlr/V9HFq8/6/K4T3C5m/Vo54jrGMi9Wqxdz9lkleYmb69c3S7OLkwEpfpmK7Y/2e6pG/8Ard9Z57My4VPj/gx2EsyHvH3MB6C5eqoYDw/VpqeyQfVhVcYRoWnMY5pvMccatz9K77jGjeKpuwrB8phVqp05JpB/BHK0S+yd6nO</latexit> 2進数4桁ごとに16進数に戻す

14.

第21回ME2種 10進数の10,11,12,…を16進数でA,B,C,…と表記するとき, 16進数6とAとの和を16進数で表した結果はどれか. 1. 6A 2. A6 3. 16 4. 10 5. F1

15.

第21回ME2種 10進数の10,11,12,…を16進数でA,B,C,…と表記するとき, 16進数6とAとの和を16進数で表した結果はどれか. 1. 6A 2. A6 616 + A16 = 6 + 10 = 1610 = 1016 3. 16 4. 10 5. F1 別解 616 + A16 = 01102 + 10102 = 100002 = 1016

16.

画像

17.

画像データ • 画像は小さな正方形の集まりで表現される. • この正方形は格子状に並んでいる. • この正方形のことを画素もしくはピクセルと呼ぶ. • 各画素は色情報を持っている. 画素(ピクセル) A デジタル化

18.

画素数 • 画像の大きさは画素数(総画素数)で表現される. • 画像の画素数は縦の画素数x横の画素数で計算できる. • 画素数 = 縦の画素数×横の画素数 • 下図の画素数は,縦横それぞれ8画素なので • 8×8 = 64画素 8画素 8画素

19.

グレースケール画像と色数 • グレースケール画像 • 光の明暗(濃淡)のみ表現できる画像. • 明暗を離散値で表す. • 1画素につき色を表す数値を1つ持つ. • 画素値と呼ぶ. • 表現できる色は2のべき乗数個ある. 8分割(離散化) • 右図の例では白から黒までの色を,2^3=8色で色を表現している. • 表現できる色の数を階調と呼ぶ. 8階調グレースケール • 8色表せる場合,8階調 • 256色表せる場合,256階調 • 階調はビット・バイトでも表せる.これは色の量子化ビット数である. • 8階調=2^3階調→3ビット • 256階調=2^8階調→8ビット=1バイト

20.

グレースケール画像とデータ量 • グレースケール画像のデータ量は次の式で表される. • 画像のデータ量=画素数 x 1画素あたりのデータ量 • 1画素あたりのデータ量は階調をビットで表したものになる. • 例えば,8階調のとき,8つの色を2進数で表さなければならない. • 8種類の2進数を作るためには,少なくとも2進数は3桁でなければならな い. • よって,8階調の色を表現するには3ビットのデータ量が必要である. • これは,階調を2のn乗で表したときのnと等しい(8階調=2^3階調→3ビ ット). • 下図が8色(8階調)で表されるグレースケール画像なら • 8×8×3 = 192ビット = 24バイト 画素数 1画素あたりのデータ量(階 調をビットで表したもの)

21.

第20回ME2種 白黒写真を1024×1024画素,256階調の濃淡画像として,コンピュータの メモリに保存したい.圧縮などの処理を行わない場合,少なくとも何kB (キロバイト)のメモリ容量が必要か.ただし,1kB=1024Bとする. 1. 256 2. 512 3. 1024 4. 8192 5. 26144

22.

第20回ME2種 白黒写真を1024×1024画素,256階調の濃淡画像として,コンピュータの メモリに保存したい.圧縮などの処理を行わない場合,少なくとも何kB (キロバイト)のメモリ容量が必要か.ただし,1kB=1024Bとする. 1. 256 2. 512 3. 1024 4. 8192 5. 26144 256階調をビットで表すと8ビットである.つまり1画素8 ビットのデータ量を持つ.よって,画像のデータ量は, 1024×1024×8 bit = 1024×1024 B = 1024[kB] となる. ビットからバイト の変換のため8で 割る. バイトからキロバ イトの変換のため 1024で割る. ポイント • 8ビット=1バイト • 画像のデータ量=画素数x1画素あたりのデータ量

23.

RGBカラー画像と色数 • RGBカラー画像 • 赤,緑,青( RGB )の組み合わせで色を表現する. • R, G, Bそれぞれの濃淡を数値で表す. • 各色の表現できる濃淡の数を階調と呼ぶ. • RGB各色8つの濃淡で表す(8段階で表す)とき,RGBそれぞれ8階調で表現されているという. • 一部の例外を除き,表現できる色は(各色の階調)^3個ある. • RGBそれぞれ8階調で表す場合,表現できる色数は, • 8^3=512色 • RGBそれぞれ256階調で表す場合,表現できる色数は, • 256^3=約1677万色 • 表現できる色数はビット・バイトでも表せる. • これは色の量子化ビット数である. • 8^3=(2^3)^3=2^9色=→9ビット • 256^3=(2^8)^3=2^24色→24ビット=3バイト R G B • 色数は様々な言い方ができる. • • • • 512色RGB 9ビットカラー RGBそれぞれ8色(8階調) RGBそれぞれ3ビット 画素を拡大 (実際にディスプレイ を拡大すると1画素に つき3色見える)

24.

RGBカラー 画像とデータ量 • RGBカラー画像のデータ量は • 画像のデータ量=画素数 x 1画素あたりのデータ量 • 1画素あたりのデータ量はRGB各色の階調数をビットで表したもの(各色 の量子化ビット数)x 3の数なので • 画像のデータ量(ビット)=画素数 x RGB各色の量子化ビット数 x 3 • 右図が512色で表される画像なら • 8x8x9=576ビット=72バイト

25.

第34回ME2種 • 赤,緑,青の3原色で4096色を表現するためには,それぞれの色に対 して何ビット必要か. 1. 2 2. 4 3. 6 4. 8 5. 10

26.

第34回ME2種 • 赤,緑,青の3原色で4096色を表現するためには,それぞれの色に対 して何ビット必要か. 1. 2 2. 4 3. 6 4. 8 5. 10 4096を2で割っていき2の何のべき乗かを調べる. 4096 = 2×2048 = 2! ×1024 = 2" ×512 = 2# ×256 = 2# ×2$ = 2%! よって,RGB合計して12ビット必要になる. つまりRGB均等にビットを割り当てるとすると, 12/3=4なので,RGBそれぞれ4ビット必要である. 4096色→12桁の2進数が必要→○○○○○○○○○○○○ →3分割→●●●●●●●●●●●● R G B

27.

第38回ME2種 • 赤,緑,青の3原色の組み合わせで1677万色(16,777,216色)を表 現する.各原色の階調表現に同じビット数を割り当てるとき,それぞ れ何ビットになるか. 1. 4 2. 8 3. 12 4. 24 5. 36

28.

第38回ME2種 • 赤,緑,青の3原色の組み合わせで1677万色(16,777,216色)を表 現する.各原色の階調表現に同じビット数を割り当てるとき,それぞ れ何ビットになるか. 1. 4 2. 8 3. 12 4. 24 5. 36 色数を2のべき乗で表すと 16777216 = 2!" となる.RGBの3色あるので,それぞれ2^(24/3)=2^8 の色数となる.よって8ビットとなる. 補足 素直に計算で求めるのは大変かもしれない.コンピュータに詳しければ,一般的 にコンピュータで扱う色の数は1677万色でRGBそれぞれ8ビットで表されると覚 えているので即答できる. 覚えていなくても,答えから計算したほうが早いだろう.つまり,1番の答えの4 ビットの場合,RGBそれぞれ2^4=16階調なので,色数は16*16*16=4096となる (計算しなくてもと10^3=1000から20^3=8000の間の値であることはすぐわか る).8ビットの場合はRGBそれぞれ256階調なので,色数は 256*256*256=16777216となる.計算しなくても200^3=8000000から 300^3=27000000の間と分かる.このことから答えが8と求まる.

29.

第35回ME2種 1枚が1440×1080画素で,各画素が12ビットで表される画像を通信速度 54Mbpsで伝送する.伝送に必要な時間は約何秒か.ただし,画像デー タは圧縮せず制御用の信号などは考えないものとする. 1. 0.10 2. 0.35 3. 0.70 4. 1.4 5. 2.1

30.

第35回ME2種 1枚が1440×1080画素で,各画素が12ビットで表される画像を通信速度 54Mbpsで伝送する.伝送に必要な時間は約何秒か.ただし,画像デー タは圧縮せず制御用の信号などは考えないものとする. 1. 0.10 2. 0.35 3. 0.70 4. 1.4 5. 2.1 各画素のデータ量は12ビットなので,画像のデータ量は 1440×1080×12[bit] である.通信速度が54Mbps(毎秒54Mビット送れる)なので, 必要な伝送時間は #""$×#$&$×#! #""$×#$&$×! #""$×#!$×! #""×#!×! = = = = 3456×10)"秒 ! ! ! " '"×#$ (×#$ #×#$ なので,約0.35秒伝送に必要である. #$ ポイント • 画像の伝送時間=画像のデータ量/伝送速度 • 約分できる可能性があるので計算は最後にする. • 通信速度はビット毎秒

31.

音声

32.

音声のデジタル化 • 信号の時間と大きさを離散化する. • 時間方向の離散化をサンプリング(標本化)という. • 1秒あたりの数値の数(サンプル数)をサンプリング周波数(Hz)と いう. 大きさ 大きさ 大きさ • 理論上,サンプリング周波数の半分の周波数の波形まで表現できる(サン プリング定理). 量子化 サンプリング 時間 時間 時間

33.

量子化 • 大きさの離散化を量子化という. • 大きさの分割の数をビットで表したものを量子化ビット数という. 大きさ 大きさ 大きさ • 2の量子化ビット数乗の段階で大きさが表される. • 量子化ビット数が8ビットなら2^8=256段階で表される. 量子化 サンプリング 時間 時間 時間

34.

音声のデータ量 • サンプリング周波数は1秒あたりのデータ数 • 量子化ビット数はデータ1個あたりのデータ量 • 例:CD音源1秒あたりのデータ量 量子化ビット数 • 音声のデータ量(ビット)=音声の長さ(秒)xサンプリング周波数x量子 化ビット数(ビット) サンプル数=音声の長さxサンプリング周波数 • サンプリング周波数が44.1kHzなので1チャンネルあたり1秒間に44100 個の数値がある. • 1つの数値は16bit (2B)あるため,1チャンネルあたり1秒間に88200B = 88.2kBとなる. • 音声は2チャンネル(ステレオ)なので,CD音源1秒あたりのデータ量は 176.4kBとなる.

35.

第33回ME2種 • 生体電気信号を500μs間隔でサンプルした.復元できる周波数の理論 的上限は何Hz未満か. 1. 100 2. 200 3. 500 4. 1000 5. 2000

36.

第33回ME2種 • 生体電気信号を500μs間隔でサンプルした.復元できる周波数の理論 的上限は何Hz未満か. 1. 100 2. 200 3. 500 4. 1000 5. 2000 周波数は周期の逆数なので,サンプリング周波数は 1/500μs=1/0.5ms=2000Hz である.よって,サンプリング定理より,復元可能な周波数の 上限は2000/2=1000Hzである. 別解: 周波数は周期の逆数なので,サンプリング間隔の2倍の周期の波が復元可能であると言い換え られる. よって500μsの2倍の1000μs=1msの周期の波を復元できる. 周波数は周期の逆数なので,1msの周期の波は1kHzの周波数の波である.

37.

第34回ME2種 40から2000Hzの周波数成分を含むアナログ信号をAD変換したい.サ ンプリング周波数を設定するに当たり,理論上必要となる最低周波数は 何Hzか. 1. 80 2. 400 3. 800 4. 4000 5. 8000

38.

第34回ME2種 40から2000Hzの周波数成分を含むアナログ信号をAD変換したい.サ ンプリング周波数を設定するに当たり,理論上必要となる最低周波数は 何Hzか. 1. 80 2. 400 2000Hzまでの信号なので,サンプリング周波数は 2000×2 = 4000[Hz] である. 3. 800 4. 4000 5. 8000 ポイント • サンプリング周波数は少なくとも信号の最大周波数の2倍 必要(サンプリング定理) • サンプリング周波数から,復元可能な周波数の上限が決ま る.それ以下の周波数は当然復元可能である.よって下限 は考えなくて良い.

39.

第39回ME2種 • 帯域が1kHzで電圧範囲が0から10Vの信号を10mVの分解能でAD変 換し,リアルタイムで伝送するためには最低限必要な伝送速度[kbps] はいくらか 1. 1 2. 5 3. 10 4. 20 5. 100

40.

第39回ME2種 • 帯域が1kHzで電圧範囲が0から10Vの信号を10mVの分解能でAD変 換し,リアルタイムで伝送するためには最低限必要な伝送速度[kbps] はいくらか 1. 1 2. 5 3. 10 4. 20 5. 100 1kHzまでの信号なので,サンプリング周波数は 1×2 = 2[kHz] である.大きさの分割数は 10 = 1000 10×10)* 必要である.つまり必要な量子化ビット数は10ビット必要であ る.なぜならば,1000に近い2のべき乗は1024=2^10だからで ある.信号1秒あたりのデータ量は 2×10 = 20[kbit] であるので,必要な伝送速度は20kbpsである. ポイント • 音声のデータ量[ビット]=音声の長さxサンプリング周波数 x量子化ビット数 • 伝送速度はbps(bit per sec:ビット毎秒)

41.

論理演算

42.

論理演算・論理素子 論理積(AND) 論理和(OR) 否定(NOT) 論理式 <latexit sha1_base64="l3lVn+LAtRu6tnDQ4Qhs9eYdxKQ=">AAAB9HicbVBNSwMxEJ31s9avqkcvwSJ4Krsi6EWo9eKxgv2QdinZbLYNzSZrki2Upb/DiwdFvPpjvPlvTNs9aOuDgcd7M8zMCxLOtHHdb2dldW19Y7OwVdze2d3bLx0cNrVMFaENIrlU7QBrypmgDcMMp+1EURwHnLaC4e3Ub42o0kyKBzNOqB/jvmARI9hYyb9BXRJKg2roGj32SmW34s6AlomXkzLkqPdKX91QkjSmwhCOte54bmL8DCvDCKeTYjfVNMFkiPu0Y6nAMdV+Njt6gk6tEqJIKlvCoJn6eyLDsdbjOLCdMTYDvehNxf+8TmqiKz9jIkkNFWS+KEo5MhJNE0AhU5QYPrYEE8XsrYgMsMLE2JyKNgRv8eVl0jyveG7Fu78oV2t5HAU4hhM4Aw8uoQp3UIcGEHiCZ3iFN2fkvDjvzse8dcXJZ47gD5zPH3/0kJs=</latexit> <latexit sha1_base64="4uixoL9d3bJ1S3ir+N3/sdei4BY=">AAACCXicbVC7SgNBFL0bXzG+Vi1tBoNgFXZF0EaI2lhGMA9JljA7mSRDZmeWmdlAWPIF/oKt9nZi61fY+iXOJlto4oELh3Pu4V5OGHOmjed9OYWV1bX1jeJmaWt7Z3fP3T9oaJkoQutEcqlaIdaUM0HrhhlOW7GiOAo5bYaj28xvjqnSTIoHM4lpEOGBYH1GsLFS13U70tpZOr2eoiv02HXLXsWbAS0TPydlyFHrut+dniRJRIUhHGvd9r3YBClWhhFOp6VOommMyQgPaNtSgSOqg3T2+RSdWKWH+lLZEQbN1N+JFEdaT6LQbkbYDPWil4n/emG0cNn0L4OUiTgxVJD54X7CkZEoqwX1mKLE8IklmChmf0dkiBUmxpZXsqX4ixUsk8ZZxfcq/v15uXqT11OEIziGU/DhAqpwBzWoA4ExPMMLvDpPzpvz7nzMVwtOnjmEP3A+fwBhipnA</latexit> <latexit sha1_base64="m6NOpPgCNy/FJs2qLvHU21DQAjI=">AAAB8HicbVBNSwMxEJ2tX7V+VT16CRZBEMquFPQi1HrxWMF+0S4lm2bb0CS7JFmhLP0VXjwo4tWf481/Y9ruQVsfDDzem2FmXhBzpo3rfju5tfWNza38dmFnd2//oHh41NRRoghtkIhHqh1gTTmTtGGY4bQdK4pFwGkrGN/N/NYTVZpF8tFMYuoLPJQsZAQbK3Vu0QWqoRvU6RdLbtmdA60SLyMlyFDvF796g4gkgkpDONa667mx8VOsDCOcTgu9RNMYkzEe0q6lEguq/XR+8BSdWWWAwkjZkgbN1d8TKRZaT0RgOwU2I73szcT/vG5iwms/ZTJODJVksShMODIRmn2PBkxRYvjEEkwUs7ciMsIKE2MzKtgQvOWXV0nzsuy5Ze+hUqrWsjjycAKncA4eXEEV7qEODSAg4Ble4c1Rzovz7nwsWnNONnMMf+B8/gALiY6Y</latexit> A 0 0 1 1 真理値表 B 0 1 0 1 A ベン図 Y 0 0 0 1 A 0 0 1 1 A B かつ 論理素子 A B B 0 1 0 1 Y 0 1 1 1 A 0 1 B A ではない または Y A B Y 1 0 Y A Y

43.

論理演算・論理素子 NAND NOR ANDの否定 ORの否定 排他的論理和(XOR) 論理式 <latexit sha1_base64="sxayuShdYd1hVTi5Jr9A0E5j+NQ=">AAACBXicbVC7SgNBFL3rM8ZX1NJmMAhWYVcEbYQYG8sI5iHJGmYns8mQeSwzs0IIqf0FW+3txNbvsPVLnCRbaOKBC4dz7uVcTpRwZqzvf3lLyyura+u5jfzm1vbObmFvv25UqgmtEcWVbkbYUM4krVlmOW0mmmIRcdqIBtcTv/FItWFK3tlhQkOBe5LFjGDrpIcr1FYJTw2qoEt03ykU/ZI/BVokQUaKkKHaKXy3u4qkgkpLODamFfiJDUdYW0Y4HefbqaEJJgPcoy1HJRbUhKPp12N07JQuipV2Iy2aqr8vRlgYMxSR2xTY9s28NxH/9SIxl2zji3DEZJJaKsksOE45sgpNKkFdpimxfOgIJpq53xHpY42JdcXlXSnBfAWLpH5aCvxScHtWLFeyenJwCEdwAgGcQxluoAo1IKDhGV7g1Xvy3rx372O2uuRlNwfwB97nD+6Hl9Q=</latexit> <latexit sha1_base64="unIx4pumONfuUe/lxugLcE1IARk=">AAACEXicbVDLSgMxFM3UV62vUTeCm2ARXJUZEXQj1LpxWcE+pDOUTCbThmaSIckIZag/4S+41b07cesXuPVLzLSz0NYDgcM593BvTpAwqrTjfFmlpeWV1bXyemVjc2t7x97dayuRSkxaWDAhuwFShFFOWppqRrqJJCgOGOkEo+vc7zwQqajgd3qcED9GA04jipE2Ut8+8ISx83R2BT0cCg0bE3gJ7/t21ak5U8BF4hakCgo0+/a3FwqcxoRrzJBSPddJtJ8hqSlmZFLxUkUShEdoQHqGchQT5WfTH0zgsVFCGAlpHtdwqv5OZChWahwHZjJGeqjmvVz81wviuc06uvAzypNUE45ni6OUQS1gXg8MqSRYs7EhCEtqbod4iCTC2pRYMaW48xUskvZpzXVq7u1Ztd4o6imDQ3AEToALzkEd3IAmaAEMHsEzeAGv1pP1Zr1bH7PRklVk9sEfWJ8/w5mcmA==</latexit> <latexit sha1_base64="MW+6ycUF6yP9pd5huJzp/4qY/7U=">AAACDXicbVDLSsNAFJ3UV62v+Ni5GSyCIJREBN0ItW5cVrAPaUOZTCft0HmEmYlQQ7/BX3Cre3fi1m9w65c4abPQ6oELh3Pu4V5OGDOqjed9OoWFxaXlleJqaW19Y3PL3d5papkoTBpYMqnaIdKEUUEahhpG2rEiiIeMtMLRVea37onSVIpbM45JwNFA0IhiZKzUc/e60tpZOr2Ex7A2gRfwrueWvYo3BfxL/JyUQY56z/3q9iVOOBEGM6R1x/diE6RIGYoZmZS6iSYxwiM0IB1LBeJEB+n0+wk8tEofRlLZEQZO1Z+JFHGtxzy0mxyZoZ73MvFfL+Rzl010HqRUxIkhAs8ORwmDRsKsGtinimDDxpYgrKj9HeIhUggbW2DJluLPV/CXNE8qvlfxb07L1VpeTxHsgwNwBHxwBqrgGtRBA2DwAJ7AM3hxHp1X5815n60WnDyzC37B+fgGHaOalQ==</latexit> 真理値表 A 0 0 1 1 A ベン図 論理素子 B 0 1 0 1 A B Y 1 1 1 0 A 0 0 1 1 B B 0 1 0 1 A Y A B Y 1 0 0 0 A B Y A B B Y

44.

ド・モルガンの定理 <latexit sha1_base64="8kY4+vOO4z72fDU8Fl0tG5VeZdo=">AAACYnicbVFLSwMxGEzXV11fW3vUQ7AoQqHsiqAXodaLxwr2Ad1Ssmm2DSabJckKZdnf6Nmr+Be8qunjsH0MBIaZb/g+JkHMqNKu+1mwtrZ3dveK+/bB4dHxiVM6bSuRSExaWDAhuwFShNGItDTVjHRjSRAPGOkEb09Tv/NOpKIietWTmPQ5GkU0pBhpIw0c6gtjT9PpI6zCRgavHmBOy6CPh0LnpEbm+3Y+NR/YkKwupQZOxa25M8B14i1IBSzQHDhf/lDghJNIY4aU6nlurPspkppiRjLbTxSJEX5DI9IzNEKcqH46qySDl0YZwlBI8yINZ2o+kSKu1IQHZpIjPVar3lTc6AV8ZbMO7/spjeJEkwjPF4cJg1rAad9wSCXBmk0MQVhSczvEYyQR1uZXbFOKt1rBOmnf1Dy35r3cVuqNRT1FcAYuwDXwwB2og2fQBC2AwQf4Ab/gr/Bt2VbJKs9HrcIiUwZLsM7/AeX9uTU=</latexit> 全体の否定が個別の否定に変わり,かつ和と積が入れ替わる.

45.

第34回ME2種 次の論理式で誤っているのはどれか. 1. A+1=1 2. A+A=1 -=0 A ,A 3. - ⋅B 4. A + B = A 5. A+A⋅B=B

46.

第34回ME2種 次の論理式で誤っているのはどれか. 1. A+1=1 • 2. A+A=1 -=0 A ,A • 3. - ⋅B 4. A + B = A 5. A+A⋅B=B • • • 𝐴 + 1 = 1:論理式の世界では0か1(偽か真)しかない.1 に何を足しても1となる. 𝐴 + 𝐴̅ = 1:AとAではないものの論理和は必ず1になる. ベン図を考えてみよう. 𝐴 ⋅ 𝐴̅ = 0:AとAではないものの論理積は必ず0になる.ベ ン図を考えてみよう. : 𝐴 + 𝐵 = 𝐴̅ ⋅ 𝐵:ド・モルガンの定理 𝐴 + 𝐴 ⋅ 𝐵 = 𝐴 ⋅ 1 + 𝐵 = 𝐴:AとAかつBの論理和になって いる.ベン図を描くと分かると思うが,AかつBはAの内部 にある.AとAの内部にあるものの論理和はAになる.

47.

第39回ME2種 • 論理式𝐴⨁𝐵の真理値表として正しいものはどれか.ただし,1を真と する.

48.

第39回ME2種 • 論理式𝐴⨁𝐵の真理値表として正しいものはどれか.ただし,1を真と する. 排他的論理和の否定なので3が正解. 排他的論理和(XOR) <latexit sha1_base64="sxayuShdYd1hVTi5Jr9A0E5j+NQ=">AAACBXicbVC7SgNBFL3rM8ZX1NJmMAhWYVcEbYQYG8sI5iHJGmYns8mQeSwzs0IIqf0FW+3txNbvsPVLnCRbaOKBC4dz7uVcTpRwZqzvf3lLyyura+u5jfzm1vbObmFvv25UqgmtEcWVbkbYUM4krVlmOW0mmmIRcdqIBtcTv/FItWFK3tlhQkOBe5LFjGDrpIcr1FYJTw2qoEt03ykU/ZI/BVokQUaKkKHaKXy3u4qkgkpLODamFfiJDUdYW0Y4HefbqaEJJgPcoy1HJRbUhKPp12N07JQuipV2Iy2aqr8vRlgYMxSR2xTY9s28NxH/9SIxl2zji3DEZJJaKsksOE45sgpNKkFdpimxfOgIJpq53xHpY42JdcXlXSnBfAWLpH5aCvxScHtWLFeyenJwCEdwAgGcQxluoAo1IKDhGV7g1Xvy3rx372O2uuRlNwfwB97nD+6Hl9Q=</latexit>

49.

第40回ME2種 • 図の回路で真理値表で表す入出力を得るために,図アに入れるべき回 路はどれか. 1. XOR回路 2. OR回路 3. AND回路 4. NOR回路 5. NAND回路

50.

第40回ME2種 • 図の回路で真理値表で表す入出力を得るために,図アに入れるべき回 路はどれか. 1. XOR回路 2. OR回路 3. AND回路 4. NOR回路 5. NAND回路 NANDとORの出力まで考慮して真理値表をかく. A 0 0 1 1 B 0 1 0 1 NAND出力 1 1 1 0 OR出力 0 1 1 1 X 0 1 1 0 NANDとORの出力とXを見ると,それぞれの出力が同 時に1のときのみXが1になっていることが分かる.つ まりXはAND計算をしている.

51.

フローチャート

52.

フローチャートの構成要素のまとめ 必ず覚える これ以外の図形が出てきても, 図形の中に処理が必ず書かれて いるので,それ読めばフロー チャートは理解できる.

53.

例:Nまでの自然数の和を出力する. 1. 入力をNに入れる. 開始 2. sumに0を入れる. Nに入力 3. cntに0を入れる. 4. cntがN以下であれば5へ,そ うでなければ7へ sum = 0 cnt = 0 5. sum = sum + cnt 6. cnt = cnt + 1 7. sumを出力 cnt <= N No Yes sum = sum + cnt sumを出力 cnt = cnt + 1 終了

54.

第40回ME2種 図のフローチャートで計算終了時のX[1]の値はどれか. ただし,X[N]は配列変数を意味し,Nの値によって別の 変数として扱う. 1. 0 2. 1 3. 2 4. 3 5. 4

55.

第40回ME2種 図のフローチャートで計算終了時のX[1]の値はどれか. ただし,X[N]は配列変数を意味し,Nの値によって別の • 処理ごとにXの値がどうなるか考える. 変数として扱う. • 最初の処理で次のように値が決まる. 1. 0 2. 1 1 3. 2 4. 3 5. 4 2 • X[0]=4,X[1]=3,X[2]=1,N=0 • N=0なので条件分岐1はYES方向に進む. • N=0なので,条件分岐2はX[0]<X[1]を評価する. X[0]=4, X[1]=3なので条件を満たしていないため NOに進む. • NOに進むと,それぞれの変数は次のようになる. • Y=4,X[0]=3,X[1]=4,X[2]=1 • 次の処理でN=1となる. • 条件分岐1に戻り,N<2を評価する.N=1なのでYES に進む. • 条件分岐2ではX[1]=4,X[2]=1なのでNOに進む. • NOに進むと,それぞれの変数は次のようになる. • Y=4,X[0]=3,X[1]=1,X[2]=4 • 次の処理でN=2になる. • 最初の条件分岐に戻りN<2を評価する.N=2なので, NOに進む. • これで処理は終了となる. • よってX[1]=1である.

56.

ファイル形式

57.

ファイル形式まとめ • 画像データ • • • • • BMP: 無圧縮,可逆圧縮 TIFF: 無圧縮,可逆圧縮,非可逆圧縮 PNG: 可逆圧縮 JPEG: 非可逆圧縮 GIF: 256色まで扱える.可逆圧縮.短いアニメーションも保存可能.256色ま でしか使えないので,フルカラー画像に用いると非可逆といえる. • 圧縮ファイル(絶対に可逆) • ZIP • 音声データ • Wave: 無圧縮 • MP3: 非可逆圧縮 • 動画データ • MPEG:非可逆圧縮 可逆圧縮:もとに戻せる圧縮. 非可逆圧縮:もとに戻せない圧縮.元のデータに比べ 劣化している.

58.

第40回ME2種 データ圧縮において可逆圧縮に限られるのはどれか. 1. GIF 2. JPEG 3. MP3 4. MEPG 5. ZIP

59.

第40回ME2種 データ圧縮において可逆圧縮に限られるのはどれか. 1. GIF 2. JPEG 3. MP3 4. MEPG 5. ZIP • • • • • GIF:265色までしか扱えないためフルカラー画像 は減色されもとに戻らない. JPEG:非可逆圧縮の画像ファイル形式 MP3:非可逆圧縮の音声ファイル形式 MPEG:非可逆圧縮の動画ファイル形式 ZIP:可逆圧縮

60.

コンピュータの構造

61.

コンピュータの5大装置 • CPU • コンピュータの中枢部品. • 制御と演算を行う. • 主記憶装置 • 動作するために必要なプログラムやデータを一時的に記憶する装置. • 補助記憶装置 • プログラムやデータを長期に渡り記憶する装置. • ハードディスク,SSD,CD-ROM,DVD-ROMなど • 入力装置 GPU • コンピュータに情報を入力するための装置. • キーボード,マウス,スキャナなど CPU • 出力装置 • コンピュータの情報を出力するための装置. • ディスプレイ,プリンタなど. SSD チップセット メモリ (iFixit)

62.

RAMとROM • RAM • Random Access Memoryの略 • データの読み込み,書き込み両方可能 • 主記憶装置に使用される • ROM • Read Only Memoryの略 • 読み込みのみ可能,書き込みはできない • フラッシュメモリは書き込めるがROMに分類される.そのため.フラッ シュROMとも呼ばれる.

63.

補助記憶装置 • ハードディスク: 磁気を利用した記憶装置 • 光ディスク • DVD:片面1層で4.7GB • Blu-ray Disc: 1層で25GB • 光ディスクは読み取り専用(ROM)の場合がほとんどだが,DVD-Rなど-Rが後ろにつく と1度だけ書き込める. • フラッシュメモリ (EEPROMの一種) • SSD • ハードディスクより高速である. • 物理的な可動部分がないため,省電力,静音,耐衝撃に優れる. • SDカード • USBフラッシュメモリ • RAID • 複数のハードディスクドライブを一つのドライブのように認識・表示させる技術 • ミラーリング:複数のドライブに同じ情報を書き込むため,ドライブが1つ破損しても他 のドライブに情報が残っているためドライブの故障による情報の喪失を防げる.

64.

表示装置 • CRT(ブラウン管)ディスプレイ • 電子銃から電子ビームを発射し,蛍光体を発行させることで画像を表示さ せる. • 液晶ディスプレイ (LCD) • 液晶は電圧をかけることで偏光特性が変わる.それを画素毎に制御するこ とで,各画素が異なった色を表示できる. • 液晶は,それ自体発光することはなく,外部の光かバックライトの透過 光を調整している. • 有機ELディスプレイ • 画素毎に有機EL素子が配置され,それが自ら発光することで色を発する. • LEDディスプレイ • 画素毎にLEDを配置し,それが自ら発光することで色を発する.

65.

第37回ME2種 • 表示の原理として光の透過量を制御するのはどれか. 1. LEDディスプレイ 2. 液晶ディスプレイ 3. ELディスプレイ 4. プラズマディスプレイ 5. CRTディスプレイ

66.

第37回ME2種 • 表示の原理として光の透過量を制御するのはどれか. 1. LEDディスプレイ 2. 液晶ディスプレイ 3. ELディスプレイ 4. プラズマディスプレイ 5. CRTディスプレイ • • • • • LEDディスプレイ:LEDが発光する. 液晶ディスプレイ:液晶により透過光の量を調節 する. ELディスプレイ:ELが発光する. プラズマディスプレイ:プラズマ放電により発し た紫外線が蛍光体にぶつかり光を発する.. CRTディスプレイ:蛍光体に電子がぶつかり光を 発する.

67.

第36回ME2種 • コンピュータの補助記憶装置について誤っているのはどれか. 1. RAIDによるハードディスクのミラーリングは信頼性を低下させる. 2. アクセス時間を短縮するためにキャッシュメモリが用いられる. 3. BD (Blu-ray Disc) の容量は約25GB/層である. 4. USBフラッシュメモリはEEPROMの一種である. 5. SSDはハードディスクをフラッシュメモリで置き換えたものである.

68.

第36回ME2種 • コンピュータの補助記憶装置について誤っているのはどれか. 1. RAIDによるハードディスクのミラーリングは信頼性を低下させる. 2. アクセス時間を短縮するためにキャッシュメモリが用いられる. 3. BD (Blu-ray Disc) の容量は約25GB/層である. 4. USBフラッシュメモリはEEPROMの一種である. 5. SSDはハードディスクをフラッシュメモリで置き換えたものである. RAIDによるミラーリングは,接続された各ドライブに同 じデータを書き込むことにより,同じデータを複数のドラ イブに保存することが出来る.つまり,1台のドライブが 故障しても,他のドライブにデータが保存されている.ミ ラーリングを使うことで故障に強く信頼性が高くなる.

69.

インターフェイスまとめ • 周辺機器とつなぐ • • • • RS-232C: シリアル通信 GP-IB: パラレル通信 IEEE1394: シリアル通信 USB: シリアル通信 RS-232C(wikipediaより) SATA(wikipediaより) • ストレージとつなぐ • Serial ATA: シリアル通信 VGA端子(D-sub15) • ディスプレイとつなぐ • VGA (D-sub15): アナログ • HDMI • DVI DVI 無線でつなぐ • IrDA: 赤外線 • Bluetooth HDMI

70.

医療系略語 • HL7 • 1987年米国で規定された,施設間・システム間での臨床情報や管理情報 を交換するための標準規約 • DICOM • ACR(米国放射線学会)とNEMA(米国電気機器工業会)が制定した医療 情報交換のための規格 • 医用画像のフォーマット,医用画像機器間の通信プロトコル,保管媒体 フォーマットの規格

71.

第35回ME2種 • 入出力インターフェースでないのはどれか. 1. RS-232C 2. HDMI 3. IEEE1394 4. Serial ATA 5. HL7

72.

第35回ME2種 • 入出力インターフェースでないのはどれか. 1. RS-232C 2. HDMI 3. IEEE1394 4. Serial ATA 5. HL7 • • • • • RS-232C:入出力インターフェース.シリアル通信. HDMI:ディスプレイで使われる入出力インターフェース IEEE1394:汎用入出力インターフェース.シリアル通信. 今は殆ど使われていない. Serial ATA:主にPCの内部ドライブの接続に使われる.シ リアル通信. HL7:施設間・システム間での臨床情報や管理情報を交換す るための標準規約

73.

IT用語

74.

IT用語 • IoT • Internet of Things(モノのインターネット) • あらゆる物がインターネットに繋がる社会 • DX • Digital transformation • ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる情報技 術による社会変容

75.

第41回ME2種 • 情報用語の̀̀IoTʼʼはどれか. 1. Internet of Things 2. Information of Technology 3. Interface of The device 4. Introduction of Thesis 5. Instant of Time

76.

第41回ME2種 • 情報用語の̀̀IoTʼʼはどれか. 1. Internet of Things 2. Information of Technology 3. Interface of The device 4. Introduction of Thesis 5. Instant of Time

77.

セキュリティ

78.

マルウェア関連 • マルウェア(ウイルス) • 有害な動作をする悪意あるソフトウェアの総称. • トロイの木馬 • 一見無害なファイルのように偽装しているが,その中にマルウェアが仕込まれているファイル. • ランサムウェア • ファイルの暗号化をし読み取れなくしたり,パソコンなどを使用できなくし,それを解除するために金銭を要求するマル ウェア.また,機密データを盗み,それを公開をすると脅迫し金銭を要求する. • スパイウェア • ユーザの行動や個人情報を収集し,知らないうちに外部に送信するソフトウェア. • キーロガー • キーボードなどの操作を記録するソフト. • ボット • 作業を自動的に行うソフトのこと. • 不正な目的では,スパムを送るボット,コンピュータを攻撃するボットなどがある. • ウイルス対策ソフト(ワクチンソフト) • 上記の有害なソフトウェアを検出・除去するソフト • ファイヤーウォール • ネットワークの節点に設置し,通信をさせるかどうかを判断し通信を制御する仕組み.

79.

第40回ME2種 ファイルを勝手に暗号化したり,システムを起動できなくしたりして, 復元するための身代金を要求するマルウェアはどれか. 1. スパイウェア 2. ボット 3. ランサムウェア 4. スパイメール 5. キーロガー

80.

第40回ME2種 ファイルを勝手に暗号化したり,システムを起動できなくしたりして, 復元するための身代金を要求するマルウェアはどれか. 1. スパイウェア 2. ボット 3. ランサムウェア 4. スパイメール 5. キーロガー ランサム=身代金