エンジニア向け採用デック

571 Views

September 22, 22

スライド概要

profile-image

株式会社ナレッジワーク

@KnowledgeWorkInc

スライド一覧

ナレッジワーク

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

Recruiting Deck for Software Engineer

2.

Agenda 目次 1. Profile 会社概要 2. Philosophy 企業理念 3. About Strategy 事業戦略 4. About Job 仕事環境 5. About Team 組織施策 6. About Member 社員紹介 © Knowledge Work Inc. 2

3.

Profile 会社概要

4.

Profile 会社概要 Profile 会社概要 創業日 2020年4月1日 代表者 麻野 耕司 事業内容 ナレッジワークの開発・提供 © Knowledge Work Inc. 4

5.

創業メンバー紹介 Business Technology Creative 麻野 耕司 川中 真耶 小川 大樹 CEO CTO Design Manager ex-Link and Motivation ex-Google ex-Goodpatch 2003年、 慶應義塾大学法学部卒業。 2003年、株式 2006年、東京大学大学院情報理工学系研究科コン 日本有数のデザインカンパニー Goodpatchの新卒1 会社リンクアンドモチベーション入社。 2016年、国内 ピュータ科学専攻修士課程修了。日本 IBM東京基礎 期生として入社。新規事業やリニューアルプロジェク 初の組織改善クラウド「モチベーションクラウド」立ち 研究所では研究者として入社。ウェブセキュリティ、 トなど様々な企業案件を担当。その後複数のスタート 上げ。2018年、同社取締役に着任。 2020年4月、株 ウェブアクセシビリティの研究に携わる。 2011年、 アップにて、 BtoBからBtoCまで幅広いプロダクトデザ 式会社ナレッジワークを創業。 著書:『NEW SALES- Googleにソフトウェアエンジニアとして入社。 Chrome インを手掛けた。 2020年4月に当社入社。 新時代の営業に必要な 7つの原則 -』(ダイヤモンド browserの開発に関わった。 2020年4月、株式会社ナ 社)『THE TEAM-5つの法則 - 』 (幻冬舎)※ 10万部突 レッジワークを共同創業、同社 CTOに就任。「王様達 破、『すべての組織は変えられる』( PHP研究所) のヴァイキング」(週刊ビッグコミックスピリッツ)技術 監修。 テクノロジーとデザインを活用し、 最高の「ワークエクスペリエンス」を実現します © Knowledge Work Inc. 5

6.

Investors 株主・投資家 シリーズAにて10億円を資金調達し、 累計で14.2億円を調達しております © Knowledge Work Inc. 6

7.

Philosophy 企業理念

8.

Mission できる喜びが巡る日々を届ける Deliver the joy of enablement © Knowledge Work Inc. 8

9.

イネーブルメントとは? What is Enablement? 成果・能力 イネーブルメント 時間 イネーブルメントは一人一人の生み出す成果や持っている能力を引き上げます © Knowledge Work Inc. 9

10.

イネーブルメントに必要な要素 成果・能力の 向上 MUST = (やるべきことの 明確化) CAN ✖ (できることの最 大化) イネーブルメントに向けて やるべきことの明確化とできることの最大化が必要です © Knowledge Work Inc. 10

11.

イネーブルメントの対象領域 ナレッジ領域 成果視点 業務に必要なナレッジを届ける ナレッジ 領域 ワーク領域 やるべきこと が分かる (MUSTの明確化) ピープル 領域 ラーニング 領域 ワーク領域 できるよう になる 業務プロセスとナレッジを繋げる (Canの最大化) ラーニング領域 ナレッジを活用した学習を進める ピープル領域 能力視点 人のデータを活用して業務を変える イネーブルメントには 「ナレッジ」「ワーク」「ラーニング」「ピープル」の4つの領域が必要です © Knowledge Work Inc. 11

12.

ジョブごとに最適化されたイネーブルメントプラットフォームへ 営業 制作 企画 経理 人事 ・・・ ナレッジ領域 ワーク領域 ラーニング領域 ピープル領域 ジョブ(職種)に最適化された イネーブルメントプラットフォームをつくっていきます © Knowledge Work Inc. 12

13.

About Strategy 事業戦略

14.

Our Focus 最初に取り組む領域 宣伝 企画 開発 制作 営業 総務 人事 事務 法務 イネーブルメントの最初の対象職種を営業にフォーカスします © Knowledge Work Inc. 14

15.

About Sales 個人から見た営業 20代の仕事満足度ランキング DODA調べ 大学生の約9割が 「営業をやりたくない」と回答 職種 11.6% 1 企画/管理系 2 金融専門職 3 クリエイティブ系 4 やりたい 技術系(メディカル / 化学 / 食) 5 技術系(建築 / 土木) 6 技術系( IT / 通信) 7 事務 / アシスタント系 8 販売 / サービス系 9 技術系(電気 / 電子 / 機械) 10 営業 88.4% やりたくない マイナビ調べ 営業は業務満足度が低く、 ワークエクスペリエンス上の課題が大きい職種です © Knowledge Work Inc. 15

16.

About Sales 企業から見た営業 業種別営業ROIのグローバル比較 出典:マッキンゼーレポート「日本の営業生産性は何故低いのか?」 日本企業における営業生産性は非常に低い状況です © Knowledge Work Inc. 16

17.

セールスイネーブルメントツールの位置付け CRM/SFA MA SE (Marketing Automation) (Sales Enablement) 役割 顧客管理・ 営業プロセス管理 見込み顧客獲得 顧客提案 ターゲット 営業マネジャー マーケティング担当 営業担当 主な ITシステム Salesforce Microsoft Dynamics Pardot Marketo 国内市場で主だった 専門プレイヤーはまだいない 390億円(2018年) 米国市場で成長しており 国内市場も成長が見込まれる SaaS 国内市場 規模 2084億円(2018年) 5581億円(2023年予測) → 635億円(2022年予測) → 出典:矢野経済研究所・ミック経済研究所 営業担当の提案活動をサポートする 専門のITツールは国内にはほとんど存在していません © Knowledge Work Inc. 17

18.

About Product ナレッジワークのプロダクト ナレッジ領域 営業に必要なナレッジ(資料や動画)を届ける ラーニング領域 ナレッジを活用した営業の学習を進める ワーク領域 営業プロセスとナレッジを繋げる 開発 予定 ピープル領域 営業メンバーの情報を活かす ナレッジワークは営業力強化に必要な様々な要素を 一つのツールで体系的に実現することができます © Knowledge Work Inc. 18

19.

導入実績(一部の企業様のみご紹介しています) © Knowledge Work Inc. 19

20.

About Job 仕事環境

21.

開発フロー 計画 リリース 要件定義 QA デザイン 実装 顧客の反応をもとに計画・要件定義・デザイン・実装をしています © Knowledge Work Inc. 21

22.

スプリントサイクル 2週間 sprint 10 sprint 11 sprint 12 計画 2週間 要件定義・デザイン 計画 2週間 実装 リリース QA 要件定義・デザイン 計画 実装 要件定義・デザイン リリース QA 実装 2週間を単位としたリリースパイプラインを組み アジャイル開発を進めています © Knowledge Work Inc. 22

23.

スプリントイベント プロダクトデイリー (毎日) 責任者は必須参加。他メンバーは任意参 加。45分程度。要件定義やデザインに関 する議論、顧客フィードバックなど、ほぼ毎 日行われる。 計画 プロダクトマネジメント ミーティング (毎週) PO + PdM + Eng 責任者 + Des 責任者。 30 分。開 発機能の優先順位づけ や、長期展望などについて 話す。 デイリースクラム (毎日) プロダクトシェアデイ エンジニア+ PdM が必須参加。毎 朝 15 分程度。毎日のタスクの確 認、溢れや差し込みの調整などを 行う。 毎週。biz → product パートで は、biz が顧客の喜びの声や要 望をみんなに伝える。 product → biz パートでは、実装 されたもののデモや売り込みポイ ントの説明などを行う。 要件定義・デザイン タスク見積もり PdM が次に実装する予 定の物についての工数の 見積もり依頼をエンジニア に行い、必要工数を考え ながら今後のスプリントの 計画を立てる。 sprint 見積もり会 実装フェーズの前 に、タスクの割り振り を行い、各人が実装 フェーズでやること を決める。 実装 QA レビュー QA の前に、 QA チー ムによるテスト計画書 をレビュー。テストして ほしい観点が抜けて ないかを中心にレ ビュー。 QA バグ分析会 隔週程度。出たバグの根 本原因を深ぼることで未 然に防げるかを議論する リリース バグ出し会 エンジニアによる バグ出し会 振り返り会 スプリントの振り返り会。次 のスプリントの実装フェーズ も終わっているタイミングの ため、次の実装フェーズの 内容を中心に振り返りが行 われている。 biz, product, eng が密に協力しながらプロダクト開発を進めています © Knowledge Work Inc. 23

24.

計画・要件定義・デザイン 解くべき課題・解決方法 PdM を中心に minispec と呼ばれる形式で仕様書のたたき台を作ります Business視点 Technology視点 Design視点 ・マーケットニーズ ・テクノロジー ・ユーザーエクスペリエンス (顧客の課題や願望) (技術の活用) (顧客体験) ・バリュープロポジション ・アーキテクト ・ユーザーインターフェイス (顧客に提供する価値) (システムの構造) (レイアウトやビジュアル) Biz,Eng,Designの責任者が集まってほぼ毎日議論しており、 納得がいく仕様で実装・仮説検証を進めます © Knowledge Work Inc. 24

25.

minispec 実装時の仕様書となる minispecは、必 ず解決したい課題( Why)を明確にした 上でお客さまの声・社内の声も踏まえ What/Howを決定しています 以下の項目があります 解決すべき課題 ユーザーボイス ユーザーストーリー 代替案など 社内フィードバック 詳細仕様 © Knowledge Work Inc. 25

26.

開発における特徴 DesignDoc API定義(protobuf) frontend backend infra 大きな設計は DesignDoc と呼ばれる 設計文書を書き、メンバー全員で レビューしています API は protobuf 駆動で 開発しています frontend, backend が定義された protobuf から自動生成されたインタフェースを基準に コードを書いています 開発においてはドキュメント化・自動化に力を入れて取り組んでいます © Knowledge Work Inc. 26

27.

Design Doc minispec をもとに、実装のポイントとなる部分を DesignDoc に落とし、システムアーキテクチャやテーブル 設計を実装前に議論しています。バックエンド側で設計が 難しいものは、可能な限り DesignDoc を書くようにしてい ます。 以下のような項目があります。 Objectives(概要) Background(背景) System Overview(設計概要) Detailed Design(詳細設計) Caveats(設計の注意事項) Scalability(スケーラビリティ) …等 © Knowledge Work Inc. 27

28.

フロントエンド開発環境 言語・FW ライブラリ テスト 開発補助 ホスティング 2020年創業時に未来のスタンダードを予想して技術選定しました 現在の新しいスタンダードとなりつつある構成になっています © Knowledge Work Inc. 28

29.

バックエンド開発環境 言語 インフラ・監視 ミドルウェア 通信 プロダクトの特性に合わせて技術選定しています © Knowledge Work Inc. 29

30.

Technical Challenge 技術的な挑戦① ユーザビリティの追求 現場社員の日々の利用 分かりやすい インターフェイス 細やかな ホスピタリティ 速い レスポンス B2B のソフトウェアでありながら、 現場の社員が日々利用するため、 B2C のユーザビリティが求められます © Knowledge Work Inc. 30

31.

Technical Challenge 技術的な挑戦② 多様なナレッジ作成支援 多様なナレッジの作成 ファイル編集エディター 他サービス連携 多様な形式のファイル編集に向けて 高度なエディットツールの開発や、他サービスとの連携が必要になります © Knowledge Work Inc. 31

32.

Technical Challenge 技術的な挑戦③ 大規模データとセキュリティへの対応 大企業のあらゆる情報・データ データ分析基盤 セキュリティ 大手企業のあらゆる情報を扱うだけの 大規模データの分析基盤やセキュリティへの対応が必要です © Knowledge Work Inc. 32

33.

Technical Challenge 技術的な挑戦④ AIの活用 ナレッジ共有 ナレッジ発見 ナレッジ活用 ? ナレッジへの 自動カテゴリー付け ナレッジの 検索 ナレッジの レコメンド FAQ AI (機械学習・言語処理・動画認識 etc) ナレッジの共有・発見・活用に向けて、 AI を活用していきたいと考えています © Knowledge Work Inc. 33

34.

現在の課題 Frontend 課題 解決案 ・スタイルを共通化しきれておらず、コピペのCSSや微妙にデ ザインの違う似たパーツがある ・繰り返しパターンを汎用UI化 ・資料やコメントの更新にすぐ気づくことができない ・ネットワークが不安定な状態では資料を閲覧することができ ない ・ServiceWorkerの活用 ・パフォーマンスの劣化に気づけない ・現状どのようなパフォーマンスでプロダクトを提供できてるか 正確に把握できていない ・Core Web Vitalsの計測、向上のサイクル作り ・重いケースに対するピンポイントなケア(500ページのPDFな どが存在しうる) ・デグレ検出がe2e頼りになっており、Componentレベルのバ グを検出するコストが高い/検出できていない ・ComponentのUnit Test追加/啓蒙、カバレッジの可視化 ・デザイナーとディスカッション 生まれ続ける課題を一緒に解決していける仲間を必要としています © Knowledge Work Inc. 34

35.

現在の課題 Backend 課題 解決案 ・お客様のビジネスの根幹を支えるサービスとしてのSecurity, Reliabilityを追求したい ・よりセキュアなコーディング、アーキテクチャ設計 ・バグが出にくく、変更に強い実装を実現したい ・ドメインモデリングのノウハウ ・大規模データのビジネスへの活用したい ・データ基盤の構築 ・API のパフォーマンス改善 ・バッチ処理基盤の構築 ・使えば使うほどユーザビリティが高くなるようなアプリケーショ ンにしたい ・ナレッジのレコメンドなどの実装 ・データに基づくアプリケーションの改善 生まれ続ける課題を一緒に解決していける仲間を必要としています © Knowledge Work Inc. 35

36.

現在の課題 SRE 課題 解決案 ・開発ボリュームが増えてきて、一度に多数のシステムがリ リースされてしまうが、問題がなさそうなところから少しずつやり たい ・Deployの細分化 / Releaseフローの改善 ・サービスの機能・要素の増加に従って管理対象も急増して いっている ・terraformの改善(CI/CD, module refactor) ・Observability向上 ・コスト最適化 ・お客様のビジネスの根幹を支えるサービスとしてのSecurity を追求し続ける必要がある ・IAM権限の最適化/Granterの構築 ・お客様の増加に伴うデータとアクセスの急増を支える信頼性 の確保 ・Scalability向上/Serverless化 ・Audit logの活用 ・SLO設計 生まれ続ける課題を一緒に解決していける仲間を必要としています © Knowledge Work Inc. 36

37.

Engineer's Pride 目指すエンジニア像 仕事に関わる莫大な情報を適切に扱うために、 高度なテクノロジーを習得し、活用できるエンジニアが必要です。 一方で、テクノロジーに対する知見や習得だけでは、 それを人の成長や学習に繋げることはできません。 テクノロジーへのこだわりだけでなく、 人間の心理や行動に対する興味や そこから生まれる洞察を エンジニアが持つことで初めてナレッジテクノロジーを 進化させることができると考えています。 © Knowledge Work Inc. 37

38.

About Team 組織施策

39.

Member Style 行動指針 Act for people 「人のために」 Be true 「誠実に」 Craftsmanship 「こだわりを持って」 ・社会や顧客、同僚のために働ける人 ・感謝と謝罪をしっかりできる人 ・正直に向き合える人 ・陰口と嘘を言わない人 ・技能を自ら磨ける人 ・細部を突き詰められる人 スタイルの実現を全メンバーで目指していきます © Knowledge Work Inc. 39

40.

Team Actions 組織施策 Kick Off Times Good & New (四半期ごと/2日間) (随時) (日次/15分) 方針や戦略を すり合わせる場 Thanks Card (週次) スタイルを体現した メンバーを 一人選んで 投稿する Slackチャンネル 自分の状況を自由に 投稿する各自の Slackチャンネル 24時間以内に 起こった 良いことと 新しいことを 共有する場 Motivation Line Monthly Session (月次) (月次/2時間) 1ヶ月の間に 起こった出来事や 自分の心情を 共有する場 1ヶ月間のチームと メンバーの成果を 共に振り返る場 共に学び合い、高め合うことを大切にしている組織です © Knowledge Work Inc. 40

41.

Privilege 待遇 平均年収 865万円 SOプール 20% ※信託型SO ※上場前退職時も一部条件付きで有効 メンバーの成果や能力に対して適切な報酬を提供していきます © Knowledge Work Inc. 41

42.

Member 社員紹介

43.

プロダクトメンバー紹介 ※掲載は入社日順 麻野 耕司 諸見里 圭太 岡崎 一洋 綿貫 朱里 飯野 正美 CEO、プロダクトオーナー プロダクトマネージャー QA QA QA ex-Link and Motivation ex-FOLIO ex-サイボウズ ex-エムスリーキャリア ex-ClipLine 2003年、慶應義塾大学法学部卒 業。株式会社リンクアンドモチベー ション入社。2016年、国内初の組織 改善クラウド「モチベーションクラウ ド」立ち上げ。2018年、同社取締役 に着任。2020年、当社創業。 著書:『NEW SALES 』 (ダイヤモン ド社)、『THE TEAM 』 (幻冬舎)、 『すべての組織は変えられる』(PHP 研究所) 2011年、沖縄高専メディア情報工学 科卒業。2011年、大手メーカー系企 業入社。エンジニア職に従事。2017 年、株式会社FOLIO入社。エンジニ ア職、データ分析職等に従事。2021 年、株式会社ナレッジワーク入社。プ ロダクトマネージャーに従事。 1998年、トッパン・フォームズ・オペ レーション株式会社入社。業務シス テムの運用オペレーターに従事。 2007年、サイボウズ株式会社入社。 QA部門のサブマネージャー、スクラ ムマスター、エンジニア採用など幅 広く携わる。2022年、株式会社ナ レッジワーク入社。QAマネージャー を務める。 2018年、SIer企業入社。プロダクト 開発に従事。2019年、エムスリー キャリア株式会社入社。QA職に従 事。サイトリニューアルプロジェクトの QAを担当。2021年、全社半期企画 賞を受賞。2022年、株式会社ナレッ ジワーク入社。QA職に従事。 2003年、東京工芸大学工学部卒 業。同年、SIer企業入社。請負開発/ 評価業務に従事。2018年、株式会 社Hacobu入社。2020年、ClipLine 株式会社入社。2022年、株式会社 ナレッジワーク入社。いずれもQA職 に従事。 © Knowledge Work Inc. 43

44.

デザイナーメンバー紹介 ※掲載は入社日順 小川 大樹 本郷 直弥 デザイナー デザイナー ex-Sen ex-Goodpatch 2014年、株式会社グッドパッチ入 社。UXデザイナー兼プロジェクトマ ネージャーとして様々なサービスの 新規立ち上げやリニューアル案件に 携わる。その後スタートアップ数社で デザイナーとしてiOS、Android、 webのアプリケーションデザインに従 事。2020年、株式会社ナレッジワー ク入社。デザインマネージャーを務め る。 © Knowledge Work Inc. 2020年、株式会社Sen入社。プロダ クトマネージャー職に従事。BtoC向 けSaaSにおけるUX/UI改善を推進 し、ユーザーインタビューの実施、施 策の企画から実務の遂行を担当。 2022年、株式会社ナレッジワーク入 社。デザイナー職に従事。 44

45.

エンジニアメンバー紹介 ※掲載は入社日順 川中 真耶 吉田 真麻 三宅 雄紀 亀本 大地 平野 智也 CTO ソフトウェアエンジニア ソフトウェアエンジニア ソフトウェアエンジニア ソフトウェアエンジニア ex-Google ex-FOLIO/Goodpatch ex-VISITS Technologies ex-メルカリ/ソウゾウ ex-Cookpad 2006年、東京大学大学院情報理工 学系研究科コンピュータ科学専攻修 士課程修了。日本IBM東京基礎研 究所入社。2011年、グーグル合同会 社入社。Chrome browserの開発に 関わった。2020年、当社を共同創業 し、CTOを務める。ACM国際大学対 抗プログラミングコンテスト世界大会 出場。「王様達のヴァイキング」(週 刊ビッグコミックスピリッツ)技術監 修。 2015年、株式会社グッドパッチ入 社。2017年、株式会社FOLIO入社。 2020年、株式会社ナレッジワーク共 同創業。いずれもフロントエンドエン ジニア職に従事。Google Developer Experts (GDE) 選出。 著書『HTML5/CSS3モダンコーディ ング』。 2019年、京都大学大学院理学研究 科地球惑星科学専攻修士課程修 了。2018年度修士論文賞受賞。 2020年、株式会社ナレッジワーク入 社。ラーニング領域立ち上げなど、プ ロダクト開発に従事。2022年、情報 処理安全確保支援士試験合格。 2006年よりエンジニアとしてWeb開 発に従事。2016年、株式会社メルカ リ入社。 子会社にて新規プロダクト開発を担 当した後、メルカリ本社にて Engineering Managerを務める。 2020年、株式会社ナレッジワーク入 社。主にインフラや情報セキュリティ などを担当。PHPカンファレンス 2010,2011実行委員長。 2006年、国際基督教大学教養学部 卒業。2010年、クックパッド株式会 社入社。広告事業、新規事業を経 て、2014年より海外事業展開に従 事し、主に検索システムの国際化・ 多言語化対応をリードした。2021 年、株式会社ナレッジワーク入社。 © Knowledge Work Inc. 45

46.

エンジニアメンバー紹介 ※掲載は入社日順 杉原 碧志 樋口 陽介 多久島 稔宏 神宮 直樹 ソフトウェアエンジニア ソフトウェアエンジニア ソフトウェアエンジニア ソフトウェアエンジニア ex-ビズリーチ/Goodpatch ex-日本化薬/データック ex-BookLive ex-河津桜ソフト 2009年、明治大学商学部卒業。 2015年、株式会社グッドパッチ入 社。エンジニア職に従事。 ProductDivマネージャーを務める。 2018年、株式会社ビズリーチ入社。 エンジニア職に従事。HRMOSのフ ロントエンド開発をリードした。2021 年、株式会社ナレッジワーク入社。エ ンジニア職に従事。フロントエンドグ ループマネージャーを務める。 2014年、徳島大学大学院薬科学教 育部創薬科学専攻修士課程修了。 2014年、製薬企業入社。研究職に 従事。2020年、医療ITベンチャー入 社。エンジニア職に従事。2022年、 株式会社ナレッジワーク入社。エン ジニア職に従事。 2018年、佐賀大学大学院工学系研 究科物理科学専攻修士課程修了。 2018年、株式会社BookLive入社。 電子書籍ストア ブックライブの開発 に従事。2022年、株式会社ナレッジ ワーク入社。ソフトウェアエンジニア に従事。 2015年、麻生情報ビジネス専門学 校情報システム専攻科卒業。2019 年、河津桜ソフト合同会社入社。1人 目社員として、プロダクト開発、採用 業務に従事。2022年、株式会社ナ レッジワーク入社。エンジニア職に従 事。フロントエンドエンジニアを務め る。 © Knowledge Work Inc. 46

47.

ビジネスメンバー紹介 ※掲載は入社日順 小坂 建太 矢部 勇二朗 南日 政俊 桐原 理有 高嶋 大生 インサイドセールス ex-VISITS Technologies/マイナビ ビジネスデベロップメント カスタマーサクセス フィールドセールス カスタマーサクセス ex-エスエムエス/リクルート ex-GLOBIS/Deloitte ex-ワークスアプリケーションズ ex-リンクアンドモチベーション 2014年、関西学院大学社会学部卒 業。株式会社マイナビに入社。セー ルス職に従事。ジュニア新人賞・新 人賞を受賞。2017年、VISITS Technologies株式会社に入社。 セールス職、カスタマーサクセス職に 従事。2021年、株式会社ナレッジ ワーク入社。インサイドセールスに従 事。 2004年、明治大学経営学部卒業。 2007年、株式会社リクルートキャリ ア入社。法人営業に従事。2012年、 株式会社エス・エム・エス入社。人事 職に従事後、ヘルスケア領域におい て事業責任者を務める。株式会社ナ レッジワーク入社。ビジネスディベ ロップメントに従事。 2011年、立教大学経営学部卒業。 2012年、デロイト トーマツ コンサル ティング合同会社入社。大手製造業 の事業戦略/実行戦略を支援。2018 年、株式会社グロービス入社。新規 事業開発責任者としてデジタル部門 の統括リーダーを務める。2021年、 株式会社ナレッジワーク入社。カスタ マーサクセスに従事。 2001年、法政大学経営学部卒業。 2004年、株式会社ワークスアプリ ケーションズ入社。大手法人営業に 14年間従事。売上合計金額・顧客単 価は、当時の同社史上最高を記録。 スタートアップ2社にて執行役員を務 めた後、2022年に株式会社ナレッジ ワーク入社。フィールドセールスに従 事。 2005年、早稲田大学政治経済学部 卒業。2005年、株式会社リンクアン ドモチベーション入社。グループ会社 取締役、大手企業向けコンサルティ ング部門責任者等を務める。2022 年、株式会社ナレッジワーク入社。カ スタマーサクセスに従事。 © Knowledge Work Inc. 47

48.

ビジネスメンバー紹介 ※掲載は入社日順 吉村 由宇 塩田 和磨 沖田 慧祐 フィールドセールス マーケティング マーケティング ex-東京海上日動/VISITS Technologies ex-LINE/オプト ex-リンクアンドモチベーション 2005年、京都大学経済学部卒業。 東京海上日動火災保険株式会社入 社。大手法人営業に9年、人事職に4 年間従事。2018年、VISITS Technologies株式会社入社。大手 法人営業に4年間従事。2022年、株 式会社ナレッジワーク入社。フィール ドセールスに従事。 2015年、立命館大学情報理工学部 卒業。株式会社オプト入社。WEB広 告の運用コンサルティングに従事。 2018年、LINE株式会社入社。マー ケティングプランナーに従事。2020 年、出前館へ出向・転籍。加盟店獲 得マーケティング施策の実行、販売 促進の企画実行や広報業務に従 事。2022年、株式会社ナレッジワー ク入社。マーケティング職に従事。 2013年、東京大学大学院情報理工 学系研究科卒業。2013年、株式会 社リンクアンドモチベーション入社。 セールス職、企画職、マーケティング 職などに従事。マーケティンググ ループリーダー、ブランディンググ ループリーダー等を務める。2022 年、株式会社ナレッジワーク入社。 マーケティング職に従事。 © Knowledge Work Inc. 48

49.

コーポレートメンバー紹介 ※掲載は入社日順 中山 絵理 渡邊 祐也 徳田 悠輔 岡 佑希 コーポレート コーポレート HR HR ex-リクルート ex-UNCOVER TRUTH/ みずほ証券 ex-DeNA ex-RECCOO/イトクロ 2012年、中央大学法学部卒業。 2016年、株式会社リクルートライフ スタイル入社。人事部にて、社員向 け研修の企画・運営、組織サーベイ・ 新規事業コンテスト等全社施策の運 営を担当。2020年、株式会社ナレッ ジワーク入社。コーポレートアドミニ ストレーターとして、バックオフィス全 般を担当。 1997年、法政大学法学部卒業。み ずほ証券株式会社入社。スタート アップ企業のIPO支援業務に従事。 2007年、アクセルマーク株式会社入 社、管理部門担当取締役を務める。 2016年、株式会社UNCOVER TRUTH入社、取締役CFOとして累 計11億円のエクイティファイナンスを 主導。2022年、株式会社ナレッジ ワーク入社。コーポレートマネー ジャーを務める。 2014年、東京大学文学部卒業。株 式会社ディー・エヌ・エー入社。セー ルス職、人事職に従事。子会社管理 部長、 HRBP等を務める。2022年、 株式会社ナレッジワーク入社。人事 職に従事。 HRマネージャーを務め る。 2018年、東京大学法学部卒業。 2017年、株式会社イトクロ入社。 セールス職、広告プランナー職に従 事。2019年、株式会社RECCOO入 社。コンサルティングセールス職、カ スタマーサクセス職に従事。カスタ マーサクセスとして既存顧客の納品 売上、継続率、アップセル率すべて の実績で2021年度トップを記録。 2022年、株式会社ナレッジワーク入 社。人事職に従事。 © Knowledge Work Inc. 49