SlideShareからドクセルへの移行方法

💡
このページでは、SlideShareからドクセルにスライドを移行する方法について解説します。たくさんのスライドを移行する場合はステップ2の後で運営にご連絡いただければ、登録作業を代行いたします💃

SlideShareとは?

Slideshare(スライドシェア)とは老舗のスライド共有サービスで、現在はScribed.comの傘下にあるサービスです。その前はマイクロソフト、その前はLinkedInの傘下にありました。日本語のスライドも多数登録されています。
以前はスライドがダウンロードできたり、Youtubeが再生できたりと豊富な機能がありましたが、現在ではリンクが無効になったり、ダウンロードする際に有料会員登録が求められる場合があるようです。

SlideShareに登録済みのスライドをドクセルに移行するには?

SlideShareに登録しているスライドを、ドクセルに移行する方法を解説します。ドクセルは新しいスライド共有サービスで、SlideShareより高画質で、ダウンロード機能やリンク機能もあるので、移行時に迷うことがありません。
スライドを移行するには、3つのステップでカンタンに移行できます。まずはSlideShareでファイル一覧をダウンロード、次にオリジナルのPDFファイルをダウンロード、最後にそれらをドクセルに登録するだけです。
追記:末尾にエンジニアの方向け情報を記載しました

STEP.1 スライド一覧をダウンロード

SlideShareで自分がアップしているスライドを表側からダウンロードしても良いのですが、ログインするとExport機能を利用することができます。
notion image
ログイン後、右上の丸いアイコンメニューより、Account Settingsを開きます。
notion image
右端のExportメニューを開きます。
notion image
ふたつのダウンロードボタンがありますので、Download .csv ボタンを押します。

STEP 2-1 オリジナルファイルをダウンロード(Excel編)

ここからは、Excelを使ってオリジナルファイルをダウンロードする方法です。Google Spreadsheetで実施する方法は2-2をご覧ください。
Windowsの場合、ダウンロードしたファイルをそのまま開いてしまうと文字化けするので、まずは新規ブックを作成します。
notion image
作成したら、そこにCSVファイルを読み込みします。
notion image
上のデータタブから、データの取得と変換セクションにある、「テキストまたはCSVから」を選びます。
notion image
ファイルを開くと、自動的にUTF-8の文字コードで文字化けせずにプレビューされます。内容を確認の上読み込みボタンを押します。
notion image
無事に読み込めたら、download_urlの欄からURLをコピーして、ログイン済みのブラウザに張り付けるとダウンロードが開始します。

STEP2-2: オリジナルファイルをダウンロード(Google Spreadsheet編)

次にGoogle Spreadsheetを使って同様にダウンロードする方法です。
https://spreadsheet.new/ にアクセスすると、新しいスライドが作成されます。
notion image
ファイルメニューからインポートを選びます。
notion image
右端のアップロードから「デバイスのファイルを選択」を押して、ダウンロードしたcsvファイルを選択します。
notion image
特に何も変更する必要はありません。データをインポートをしてください。
notion image
読み込めたら、download_url列にあるURLがオリジナルファイルのダウンロードURLになります。コピーペーストしても良いですが、Ctrl+クリック(Macの方はCommand+クリック)をすると新しいタブで自動的に開いてくれますので便利です。
💡
大量に移行する場合は運営側でサポートしております。ここまで済みましたら、CSVとダウンロードしたファイル一覧をクラウドストレージなどで送付いただきましたら登録作業を代行いたします。

STEP3: ドクセルに登録する(過去日付もOK)

ここまで出来たらあとはドクセルに登録するだけ!ドクセルの会員登録は済ませましたか?ファイルをアップロードしていきましょう。
notion image
ファイルをドラッグドロップするか、選択してください。
なお、現在ドクセルではPowerPointの場合は100ページ以下、50MB以下を推奨しておりますので、それ以上のサイズの場合はお手元のPowrPointでPDFにエクスポートすることをお勧めいたします。
notion image
アップロードが完了すると、スライド情報の編集画面になりますので、インポートしたCSVからタイトルやタグなどをコピーします。ドクセルでは好きなURLを付けることもできますので、ぜひ活用してくださいね。
最後に、公開日時を選択することで、過去資料であることを表示することができます。
notion image
 
お疲れさまでした!これでドクセルへのお引越しは完了しました。「リンクを知ってる人だけ公開」にして保存し、プロフィール欄もふくめて内容を確認してみましょう!
資料のお引越しが出来たら、せひSNSでシェアしてくださいね!ドクセルの公式アカウントからも紹介したいと思います。

エンジニアの方向け追記

Slideshareでは、APIキーを提供しているようです。Slideshareにログインした状態でこちらのページから申請できるようです。
APIのレスポンスには、機械的にダウンロード可能なURLが含まれるようです。例えばPHPだと以下のような方式です。
<?php $API = "https://www.slideshare.net/api/2/get_slideshows_by_user"; $ts = time(); $username = ""; $params = [ "username_for" =>$username, "detailed" => 1, "api_key" => "{YOUR_API_KEY}", "ts" => $ts, "hash" => sha1("{YOUR_API_SECRET}".$ts) ]; $response = file_get_contents($API."?".implode("&",$params)); // echo $response $data = (array)simplexml_load_string($response); // print_r($data)
※他社のAPIについてはサポートしておりませんが、移行に関するご不明点があれば何なりとお問い合わせください。